三木秀夫のニュース

【エンタがビタミン♪】『森のくまさん』替え歌問題 鈴木奈々と三木秀夫弁護士に注目集まる

TechinsightJapan / 2017年01月19日10時56分

1月19日朝の報道・情報番組では各局でこの話題を取りあげていたが、視聴者はMVに“お嬢さん”役で出演したタレントの鈴木奈々と馬場氏の代理人・三木秀夫弁護士に注目したようだ。 馬場祥弘氏の代理人によると、昨年11月に日本音楽著作権協会(JASRAC)を介してユニバーサルミュージック側から「歌詞を加筆する許諾を得たい」と連絡を受け拒否したが、12月に「許可を頂 [全文を読む]

小保方さん弁護団がNHKに抗議文――代理人「本人はダメージを受けて動けない状態」

弁護士ドットコムニュース / 2015年04月06日17時20分

弁護団の三木秀夫弁護士が同日、内容証明郵便で発送したという。声明文は、今年3月のNHKの報道を問題にしており、「事実を正確に報道しないことによって誤った印象を流布したものであり、許容できるものではない」と非難している。また、理研にも同様の抗議文を送り、非公開のはずの調査委員会のヒアリング内容が報じられた点について「情報管理のあり方に対し強く抗議をする」と記 [全文を読む]

小保方さん「NHKの記者とカメラに追いかけられた」弁護士の抗議受け、NHKが謝罪

弁護士ドットコムニュース / 2014年07月24日13時52分

小保方リーダーの代理人の三木秀夫弁護士によると、NHKの報道部長らが7月24日、謝罪に訪れたという。 三木事務所が配布した文書によると、小保方リーダーは7月23日午後8時ごろ、神戸市内の理研CDB(発生・再生科学総合センター)での実験を終えて、車で帰宅する途中、バイクに追いかけられた。さらに、小保方リーダーが神戸市内のホテルに逃げ込んだところ、「NHK」と [全文を読む]

小保方氏 理研の梯子外しに備え弁護士と反撃準備していた

NEWSポストセブン / 2014年04月06日07時00分

ただ画像については、真正な画像はあり再提出もしているわけで、それを『捏造』などといわれれば、これは研究者としての死刑宣告ですよ!」(代理人を務める三木秀夫弁護士) 理化学研究所(理研)の調査報告に対して強く反論する言葉に、割烹着を着た「お姫様」のイメージはみじんも感じられなかった。 4月1日、理研はSTAP細胞論文に関する最終調査報告書で、STAP細胞が万 [全文を読む]

STAP細胞の特許出願、米ハーバード大学が世界各国で…今後20年間、権利独占も

Business Journal / 2016年05月21日06時00分

小保方晴子氏の代理人である三木秀夫弁護士は語る。 「ハーバード大は世界各国での特許申請にかかる費用や維持に、推測で1000万円程度の費用がかかっているようです」 ハーバード大が特許を申請する研究内容の範囲は広く、細胞にストレスを与えて多能性が生じる方法のメカニズムに対する特許請求である。 STAP細胞論文での小保方氏の実験担当部分「アーティクル」のプロトコ [全文を読む]

瀬戸内寂聴が小保方晴子氏に熱烈エール!「必ずあなたはよみがえります」

Business Journal / 2016年04月15日07時00分

小保方氏の代理人である三木秀夫弁護士によると、小保方氏は女性として大先輩でもある大僧正のエールにとても喜んでいるという。 波瀾万丈の人生を体現する寂庵氏の作家人生の支柱となった作品『花芯』は安藤尋監督により映画化が決定しており、女優の村川絵梨主演で8月6日から全国で公開される。 (文=上田眞実/ジャーナリスト) [全文を読む]

【STAP論文】若山教授、共同執筆者に無断で撤回が発覚…小保方氏捏造説へ誘導

Business Journal / 2016年04月08日06時00分

しかし、STAPサイトが公開されてわずか数時間で、サイトの閲覧ができない事象が起き、その原因が「サイバー攻撃」であったことが小保方氏の代理人・三木秀夫弁護士への取材でわかった。三木弁護士によると、これはDDoS攻撃(複数のネットワークに分散する大量のコンピュータが一斉に攻撃すること)によるものと推定され、まだ犯人は特定できていないが、特定後も攻撃が続くよ [全文を読む]

小保方晴子氏が公開したHP、サイバー攻撃受け一時ダウン…攻撃元特定へ

Business Journal / 2016年04月02日12時00分

その原因について、小保方氏の代理人である三木秀夫弁護士は「何者かによってサイバー攻撃された」ことを明らかにした。 同HPは公開されてから一日で、有名大学や研究機関等も含め67カ国からアクセスがあったというが、そのアクセス集中に加えてサイバー攻撃を受けていたことが、関係者らの調査により、わかった。その方法は「DoS攻撃(Denial of Service [全文を読む]

小保方晴子氏がHP開設、STAP細胞の作成方法を公開…「人類に大きく貢献」

Business Journal / 2016年03月31日18時00分

一連のSTAP細胞論文問題をめぐり2014年12月に理化学研究所を退職した小保方晴子氏の代理人である三木秀夫弁護士によると、4月1日に小保方氏がホームページ(HP)を開設することが明らかになった。 内容は小保方氏のレシピ(日本語でコツを意味)を含むSTAP細胞の詳細なプロトコル(作成手順)と、1月に出版された小保方氏の手記『あの日』(講談社)に書かれた検証 [全文を読む]

小保方さん「参考人聴取」 弁護士が一転して「私も立ち会った」と認める

弁護士ドットコムニュース / 2016年02月18日14時13分

元理研研究員の小保方晴子さん(32)が警察に任意で参考人聴取されたとの報道をめぐり、弁護士ドットコムニュースの取材に「事実ではない」と否定していた小保方さんの代理人・三木秀夫弁護士は2月18日、一転して「参考人の一人として事情を聞かれた」と認めた。 STAP細胞の研究をめぐっては、理研の元研究員が昨年1月、理化学研究所の別の研究室からES細胞が盗まれたとす [全文を読む]

「警察が小保方さんを参考人聴取」報道、代理人弁護士「事実ではない」と否定

弁護士ドットコムニュース / 2016年02月18日01時16分

小保方さんの代理人をつとめる三木秀夫弁護士は、弁護士ドットコムニュースの取材に対して、「この報道は事実ではない」と否定した。 JNN(TBS系)や毎日新聞が2月17日に報道したところによると、捜査関係者への取材の結果、兵庫県警は2月16日、小保方さんを参考人として任意で事情聴取していたことがわかったという。 しかし、小保方さんの代理人の三木弁護士は17日夜 [全文を読む]

小保方さん手記発売「弱さや未熟さもさらけだして真実を書いた」代理人がコメント

弁護士ドットコムニュース / 2016年01月27日11時00分

小保方さんの代理人をつとめる三木秀夫弁護士は、弁護士ドットコムニュースの取材に対して、「明日出版されることは真実です。本人が体調が悪い中で、あった事実を書いた本です。ぜひお読みください」とコメント。 執筆の動機について、「未熟であった点の反省はしているが、ここまで社会を大きく騒がせたこの出来事に対し、このまま口をつぐみ、世間が忘れていくのを待つことは、さ [全文を読む]

陰謀論に傾倒!? 博士号剥奪の小保方晴子氏が声明発表で反撃の狼煙か

日刊サイゾー / 2015年11月07日19時00分

代理人の三木秀夫弁護士を通じ「入院・加療中の修正作業で、診断書を提出したのに配慮などは一切なかった。不合格を前提とした手続きで、とても不公正なものだった」とコメント。 担当教官からは「合格する可能性はとても低い」「博士として認めることができないのは一連の業界の反応を見ても自明なのではないか」と言われたとして、“陰謀論”までチラつかせた。 早大の橋本周司副総 [全文を読む]

小保方氏の博士号取り消し「確定」 早大「なされるべき論文の訂正作業が終了せず」

弁護士ドットコムニュース / 2015年11月02日19時18分

●早大「小保方さん本人にダメージがいかないように配慮してきた」 早大の「博士号」取消しについて、小保方さんは「失望している」「当初から不合格を前提とした手続きであり、とても不公正なものであったと思う」「心身への状況配慮などは一切されなかった」というコメントを代理人の三木秀夫弁護士を通じて、報道陣向けに公表した。 会見に出席した橋本周司副総長は、小保方さん [全文を読む]

小保方さん「早稲田大学の決定はとても不公正」博士号「取り消し」にコメント(全文)

弁護士ドットコムニュース / 2015年11月02日18時30分

早稲田大学による元理化学研究所研究員の小保方晴子さんの「博士号」取消しについて、小保方さんは11月2日、代理人の三木秀夫弁護士を通じて、「今回の決定には失望している」というコメントを報道関係者向けに公表した。撤回された「STAP細胞」論文の筆頭著者だった小保方さんは、2011年に早大で博士号(工学)を取得。その後、小保方さんが提出した博士論文について、文章 [全文を読む]

早大、小保方氏の「博士号」に関する会見開催へ、代理人「現時点でコメントできない」

弁護士ドットコムニュース / 2015年10月30日15時35分

小保方さんの代理人をつとめる三木秀夫弁護士は、弁護士ドットコムのメール取材に対して、「(博士号の取り消しについて)大学から正式な発表がないので、現時点ではコメントすることはありません」と答えた。 2014年1月に英科学誌「ネイチャー」に掲載された「STAP細胞」の論文をめぐり、ねつ造や改ざんなどの不正問題が相次いで見つかり、最終的に論文は撤回された。小保 [全文を読む]

小保方氏の弁護士「NHKの人権感覚の鈍麻に驚く」 BPO審理入りのNスペを猛批判

弁護士ドットコムニュース / 2015年08月20日18時16分

BPO審理入りが決まったことについて、弁護士ドットコムニュースは小保方氏の代理人をつとめる三木秀夫弁護士にメールで質問を送り、約2700字に及ぶ回答を得た。以下にその質問と回答を掲載する。●「小保方氏の被害を回復するためにも、NHKは公式謝罪を」――今回のBPO審理入り決定についての感想と今後期待することは何でしょうか?「正式に審理入りすることとなりました [全文を読む]

小保方氏の代理人「理研は一番若い研究者に全責任を押し付け」 論文掲載費返還で不満

弁護士ドットコムニュース / 2015年07月07日14時20分

小保方氏の代理人をつとめる三木秀夫弁護士は「理研の調査結果に納得はしていませんが、係争にかかる負担の大きさを考えて、これ以上の係争を避ける判断をいたしました」というコメントを発表した。 さらに、返還がこのタイミングになった理由について、三木弁護士は弁護士ドットコムニュースに対して次のように説明し、理研への不満を明らかにした。 「納得していなかったことがあ [全文を読む]

理研「法的措置難しい」小保方さんを刑事告訴せず、論文投稿料の一部は返還請求へ

弁護士ドットコムニュース / 2015年03月20日17時20分

小保方さんの代理人をつとめる三木秀夫弁護士は、弁護士ドットコムニュースの取材に対して「理研からまだ何も正式な請求も連絡も来ていないので、現時点(20日16時30分ごろ)でのコメントは控えさせていただきます」と回答した。 (弁護士ドットコムニュース) [全文を読む]

理研「法的措置難しい」小保方さんを刑事告訴せず、論文投稿料の一部は返還請求へ

弁護士ドットコムニュース / 2015年03月20日17時20分

小保方さんの代理人をつとめる三木秀夫弁護士は、弁護士ドットコムニュースの取材に対して「理研からまだ何も正式な請求も連絡も来ていないので、現時点(20日16時30分ごろ)でのコメントは控えさせていただきます」と回答した。 (弁護士ドットコムニュース) [全文を読む]

フォーカス