荒木村重のニュース

歴史時代小説家の上田秀人さん、著作100冊 目の長篇作品を刊行

PR TIMES / 2016年03月09日17時14分

上田秀人 著作100冊記念特別書下ろし作品『傀儡に非ず』発売 誰よりもおのが命に固執した荒木村重。魔王信長に反旗をひるがえした真意とは。 一族郎党を見殺しにした武将の深淵に迫る、渾身の戦国合戦小説。 歴史時代小説界を牽引する作家、上田秀人さんが著作100冊を突破した。 100冊目となる最新書下ろし長篇小説の主人公は戦国武将の荒木村重。 謎多き武将の素顔に歴 [全文を読む]

第5回『現役秘書500人アンケート調査』

PR TIMES / 2014年02月26日18時46分

その結果、秘書はプライベートの時間を犠牲にしてでも、ボスの成功を第一に考え、フォローに徹するまさに“現代の黒田官兵衛”の姿が浮かび上がってきました【調査概要】■調査方法:インターネット調査■調査期間:2014年1月16日(木)~1月22日(水)■調査対象: 秘書業務に従事している男女■サンプル数:485人(男性83人、女性402人)ボスのためには・・・ボス [全文を読む]

絶頂の信長をつまずかせた「ビジョン」問題 光秀との確執の背景にもその問題が

東洋経済オンライン / 2016年12月03日10時00分

松永久秀や荒木村重が有名ですが、『使える人物』と見るや、裏切られても手を差しのべて許そうとまでしたぐらいです。また部下の使い方も実にうまかった。仕事上で失敗しても必ず挽回の機会を与え、競争させることで能力を延ばし、人材の力による『天下統一』を目指したのです」と本郷氏は語る。■信長が掲げた、天下統一のビジョン信長は永禄10年(1567年)、岐阜城を攻略した頃 [全文を読む]

『真田丸』哀川翔が演じる後藤基次の生き様、信繁も篤く慕った「豊臣方のアニキ」

AOLニュース / 2016年08月30日12時00分

後藤家は、播磨・別所氏および小寺氏(後に黒田官兵衛・長政親子を輩出した黒田家の祖)の家臣として知られるが、1578年、織田家内で起きた内紛の最中、荒木村重が黒田孝高を監禁する事件が起きると、主家である黒田家の家臣一同が記した署名を基次の親族が拒否したことで騒動となり、一族の面々と共に追放された。その後、基次が台頭するのは、秀吉による九州討伐の局面だ。この頃 [全文を読む]

明智光秀の子孫が新解明する「間違いだらけの織田信長」

アサ芸プラス / 2015年08月13日17時55分

簡単に言うと、覇王として勝ち残る方法が書かれてあるのです」 信長は家臣の荒木村重が謀反を起こした際、その一族郎党、妻や側室、幼子さえも全員処刑した。「『韓非子』によれば、とにかく厳罰を与えることが大事。他の家臣が恐れて同じこと(謀反)を起こさないようにすることが目的の『予防刑』という考えです。例えば比叡山に関しても、浅井長政・朝倉義景に加担したら焼き討ちす [全文を読む]

桐谷美玲 才媛ビーナスの隠しきれない色気とは?(3)清廉なイメージからCMに引っ張りだこ

アサ芸プラス / 2015年02月20日09時56分

昨年のNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』で、信長に反旗を翻した荒木村重の妻役を熱演し、全国区女優へとステップアップに成功。現在の推定CM契約料金の2500万円はお買い得感があり、売り込みもしやすく、今年は初のクイーンも射程圏。となると、大作映画であっても脱ぎシーンの披露は厳しそうです」 米国の映画専門サイトが発表している「世界で最も美しい顔100人」のランキン [全文を読む]

「軍師官兵衛」最終回までのカウントダウン! 豪華ゲストから続々応援メッセージ!!

Smartザテレビジョン / 2014年12月07日00時44分

【掲載予定スケジュール】 12月7日(日):桂文枝(落語家) 12月8日(月):永井大(母里武兵衛役)、南沢奈央(おたつ役) 12月9日(火):谷原章介(竹中半兵衛役)、春風亭小朝(明智光秀役) 12月10日(水):田中哲司(荒木村重/道薫役)、桐谷美玲(だし役) 12月11日(木):平成ノブシコブシ・吉村崇(芸人)、鈴木奈々(タレント) 12月12日( [全文を読む]

軍師官兵衛は組織内の人間関係に恵まれていない!秀吉からも信用されてなかった

AOLニュース / 2014年09月01日17時00分

また、後年、友人であったハズの荒木村重が引き起こしたクーデターに際し、官兵衛はその説得に赴くも、既にプッツンしてしまっている村重は聞く耳も持たず、なんと1年間も投獄されたままの監禁生活を送ることに。主君との距離感を埋めきれないばかりか、友人にまで、このような酷い仕打ちを受けた官兵衛の胸中は察するに余りある。 その後、秀吉が天下人となった後も、官兵衛は広大 [全文を読む]

2014年上半期「新CM女王」下克上ランキング!(2)地道に実績を積み上げてきた桐谷美玲

アサ芸プラス / 2014年08月06日09時58分

今年は大河ドラマ『軍師官兵衛』で、信長に反旗をひるがえした荒木村重の妻役を熱演し、女優としてもステップアップに成功。何より、12年に『NEWS ZERO』(日テレ系)に抜擢されたのが大きかった。本人の力量うんぬんより、ニュースキャスターというハクが彼女のCM価値を高めたのです。それでもまだ2000万~2500万円というお買い得感があり、売り込みやすい」 キ [全文を読む]

大河で絶世の美女役演じる桐谷美玲 美の秘訣は?

WEB女性自身 / 2014年02月03日07時00分

「絶世の美女役ですね」と声をかけると、「それを言われるとどうしていいかわからないんですが……」と照れくさそうに答えてくれたのは、大河ドラマ『軍師官兵衛』(NHK)で戦国武将の荒木村重の妻・だしを演じる桐谷美玲(24)。幽閉された黒田官兵衛の心の支えとなる“絶世の美女”という役だ。「大河ドラマは憧れの場所。出演できることに驚いています。家族もすごく喜んでいて [全文を読む]

フォーカス