堀川憲司のニュース

「森見登美彦先生の変化が一番見られる作品」!? 『有頂天家族2』プロデューサー&P.A.WORKS代表・堀川氏インタビュー

おたぽる / 2017年05月10日22時00分

キャスト・スタッフともに前作のメンバーが再集結し、さらに新キャストを迎え、強力な布陣でおくる新作アニメ『有頂天家族2』について、「おたぽる」では、アニメーション制作を手がけるP.A.WORKSの代表取締役であり、アニメのプロデューサーも務める堀川憲司氏に話を伺った。* * *―― 原作者・森見登美彦先生のファンは知っていますけど、改めてTVアニメ『有頂天 [全文を読む]

国内最大のMOOCプラットフォーム ドコモgaccoにてL3(エル・キューブ)プロジェクトを始動!第一弾は親子で学ぶ幼児教育パッケージを販売― こぐまなびプロジェクトと協同 ―

@Press / 2016年10月26日15時00分

株式会社ドコモgacco(本社:東京都港区、代表取締役社長:伊能美和子、以下「ドコモgacco」)と株式会社久野泰可教育研究所「こぐま会」(本社:東京都渋谷区、代表取締役:久野泰可、以下「こぐま会」)と株式会社ピーエーワークス(本社:富山県南砺市、代表取締役:堀川憲司、以下「ピーエーワークス」)と株式会社PALABO(本社:富山県南砺市、代表取締役:堀川憲 [全文を読む]

TVアニメ「有頂天家族」先行プレミアイベント公式レポ到着!

okmusic UP's / 2013年06月18日07時15分

森見登美彦の人気小説を原作に、2013年7月7日より放送がスタートするTVアニメ「有頂天家族」の先行プレミアイベントが、6月16日(日)京都南座にて開催されました!【その他の画像】TVアニメ「有頂天家族」先行プレミアイベントの模様そこで今回は、主演の櫻井孝宏をはじめとするメインキャラクター5人と、原作者、監督の吉原正行、アニメ制作会社“P.A.WORKS” [全文を読む]

TVアニメ 有頂天家族が「京都特別親善大使」に就任!

Walkerplus / 2017年01月12日21時22分

続いて門川大作京都市長が登場し、京都市が「京都ブランドの向上及び観光振興」を目的に新たに設けた「京都特別親善大使」に、アニメ作品として初めて「有頂天家族」が就任することが発表され、たぬきの形をした任命証を堀川憲司プロデューサーに手渡し、関係者一同で鏡開きが行われた。門川市長より「有頂天家族2の成功と森見先生、3部早くお願いします。」と一言があり笑いを誘っ [全文を読む]

櫻井孝宏参加!史上初 下鴨神社でアニメイベント開催

Walkerplus / 2016年11月29日14時51分

イベントには、主人公・下鴨矢三郎役の櫻井孝宏、弁天役の能登麻美子、原作者の森見登美彦、吉原正行監督、堀川憲司プロデューサーや、当日発表される二代目役の声優が参加予定。 11月28日より、このイベントで「糺の森のたぬき」に扮して、一緒に成功祈願を盛り上げるファンを募集している。参加者は、舞殿前の特設席でイベントを観覧できるほか、「モフモフたぬきポンチョ」など [全文を読む]

ファン待望! 新規特典も入った『SHIROBAKO』のBlu-rayプレミアムBOX発売決定!

ガジェット通信 / 2016年09月20日23時00分

もちろん、本編全話オーディオコメンタリーが収録されているほか、新たに水島努監督とP.A.WORKS堀川憲司氏による『えくそだすっ!』第1話オーディオコメンタリーも収録される。Vol.2もBlu-ray3枚、CD3枚の計6枚組となっており、豪華特典がついてくるのでチェックをお忘れなく。 Vol.1は11月23日発売、価格は28000円+税と、特典たっぷりでお [全文を読む]

新撰組アニメが2本も登場! そしてあの『SHIROBAKO』から早くもBD BOXが発売決定!!【ざっくりアニメニュース】

おたぽる / 2016年09月20日16時00分

そして『四畳半神話大系』などで知られる小説家・森見登美彦原作で、13年にTVアニメ化された『有頂天家族』の、TVアニメ第2期シリーズ制作が決定!「京都国際マンガ・アニメフェア2016」のステージイベント内で発表、イベントには原作者の森見登美彦、主人公・下鴨矢三郎役の櫻井孝宏、弁天役の能登麻美子、吉原正行監督、P.A.WORKS 代表の堀川憲司、音楽プロデ [全文を読む]

「P.A.WORKS」が掲げる「入社1年目で動画枚数月350枚がノルマ」が話題に!?

おたぽる / 2016年06月08日14時00分

「P.A.WORKS」の代表取締役の堀川憲司氏は「新人のクリエイターがどんなことで自信を持って、仕事に喜びとやりがいを感じるかというと、まず直属の演出や作監に評価されることなんです」「監督が先ず演出を教育して、その演出がちゃんとした基礎理論のもとで新人を教育できるような環境を作りたいんです」と新人クリエイターについて発言している。 そして「P.A.WORK [全文を読む]

GLAY、アニメ「クロムクロ」のオープニングテーマを担当

okmusic UP's / 2016年02月25日12時30分

■P.A.WORKSプロデューサー堀川憲司氏・コメント 『P.A.WORKSの創業時から、いつかロボットモノのアニメをいつかやりたいと思っていました。この15周年という節目に実現できるのは非常に嬉しいことです。 [全文を読む]

アニメーション神戸、第20回を機に次の段階へ 『SHIROBAKO』水島努監督の寄せたコメント「『ぷるんぷるん天国』に期待してください!」で爆笑の一幕も

おたぽる / 2015年12月09日23時00分

贈与されたのは、本作を企画したP.A.WORKSから代表取締役・堀川憲司である。まず堀川社長は水島努監督から託されたコメントを代読。「みなさんこんにちは。『SHIROBAKO』の監督をさせて頂いた水島です。努の方です」とのツカミで会場が暖まった。個人賞で水島精二監督が受賞していることを念頭にした挨拶だ。 水島努監督は受賞に関するコメントの後にも仕込んでいた [全文を読む]

フォーカス