桐山秀樹のニュース

【闇過ぎる】糖質ダイエット「桐山秀樹」氏死去にネット騒然!「ヤバいのでは?」

秒刊SUNDAY / 2016年02月15日15時48分

―糖質ダイエット「桐山秀樹」氏死去桐山秀樹著書 読者の皆様へおやじダイエット部 関係の皆様へ吉村祐美訃報生前のご厚誼を深謝し、謹んでご通知申し上げます。桐山秀樹は、2月6日土曜日、滞在先の東京都区内のホテルにて... https://t.co/thrfyfeSNG— 桐山秀樹 (@kiriyamahideki) 2016, 2月 14 ネット界に衝撃を与え [全文を読む]

今、健康な体を手に入れないと、手遅れになります。間違った流行にだまされるな!

PR TIMES / 2015年12月18日11時08分

間違った糖質制限やストイックすぎる食事療法に危機感を抱いた著者が、再び立ち上がった!後半生を明るく楽しく生きるために、絶対長続きする「ルーティーン糖質制限」その実践法をドキュメント形式で、わかりやすく紹介!『おやじダイエット部の逆襲 糖質制限難民を救え!』 / 桐山秀樹 著2015年12月18日(金)ぴあ株式会社より発売!報道関係者各位 御中「糖質制限」が [全文を読む]

糖質ダイエットの桐山秀樹氏(62才)急死

クオリティ埼玉 / 2016年02月15日15時53分

「炭水化物さえとらなければあとは何を食べても良い」の主唱者、桐山秀樹氏が62才という若さで急死した。桐山氏は自身の体験、例えば167㎏?の体重を98㎏にしたり、215もあった血糖値を1週間で93にしたり、200もあった血圧も正常にもどし自信をつけたという。京都市の江部さんという医学博士の糖質制限指導の実践の結果からだ。まだ、氏の急死と糖質制限との因果関係は [全文を読む]

「十二指腸潰瘍と糖質制限に因果関係ない」と医師断言

NEWSポストセブン / 2016年07月01日07時00分

糖質制限ダイエットでも知られたノンフィクション作家の桐山秀樹さん(享年62)が今年2月に急死したこともあり、「糖質制限が十二指腸潰瘍を悪化させたのではないか」と話題になったが、おおたけ消化器内科クリニック院長の大竹真一郎さんは「関係ない」と言い切る。 「糖質制限のせいで多少栄養状態が悪かったとしても、命に影響しません。2か月間食事をとれずにやせていたひどい [全文を読む]

故・鳩山邦夫氏、急死の原因は「炭水化物抜きダイエット」だった? 激ヤセの裏に……

日刊サイゾー / 2016年06月23日18時00分

ただ、炭水化物を抜く糖質制限ダイエットは、これを自ら実践して提唱していた第一人者の桐山秀樹氏が、62歳という若さで急死。専門家からはその危険性が指摘されていた。 桐山氏はホテル業界などの内幕を書いていたノンフィクション作家だが、糖尿病になったことをきっかけに5年ほど前からダイエット本を多数出版。『糖質制限ダイエットで何の苦も無く糖尿病に勝った!』(扶桑社 [全文を読む]

【ウラ芸能】激ヤセ…その後が心配のあの人

NewsCafe / 2016年03月04日15時00分

デスク「業界でモリタクの愛称もある経済評論家、森永卓郎(58)が激ヤセして、あのCMに登場だってな」記者「身長167センチで90キロほどあった体重を69.5キロにまで落とし、4日からライザップのCMでそのボディーを披露していますね」デスク「ライザップに挑戦中とは聞いてたけど、見事にやせたもんだな」記者「ウエストも、わずか4カ月で114センチから91センチに [全文を読む]

ガマンはNG! 糖質制限ダイエットで死なないための6カ条

WEB女性自身 / 2016年02月29日06時00分

そんなダイエットの伝道師、ノンフィクション作家の桐山秀樹さん(享年61)が2月6日急死した。原因は心不全だという。 桐山さんといえば、「糖質制限ダイエット」に関する著書や、「おやじダイエット部」の活動で知られる。直前まで仕事を続け、元気な姿が報じられていたことから、〈糖質制限との因果関係はないのか?〉〈急激なダイエットが原因なのでは?〉などと、衝撃が走った [全文を読む]

”糖質制限ダイエット”第一人者の訃報に歓喜する「過激ヴィーガン」の大暴走

デイリーニュースオンライン / 2016年02月24日09時00分

「糖質制限ダイエット」の第一人者として知られたノンフィクション作家の桐山秀樹氏が2月6日に心不全によって61歳で急死したことが波紋を呼んでいる。死因との因果関係は否定されたが、極端な糖質制限の「危険性」をめぐる議論が巻き起こっているのだ。さらに、肉食を否定する一部のヴィーガン(完全菜食主義者)が過激な言動を繰り広げるなど場外乱闘にまで発展している。 ■糖質 [全文を読む]

糖質制限ダイエット 血中ケトン体増加や心筋梗塞の危険性も

NEWSポストセブン / 2016年02月19日11時00分

そのブームの先駆けになったのが、自身も糖質制限の食事で減量に成功したノンフィクションライターの桐山秀樹さんだった。桐山さんが糖質制限を始めたのは6年前、56才の時。糖尿病を患い、医師に「このままでは生死にかかわる」と告げられたのがきっかけだった。 身長167.5cmの桐山さんは当時、体重が87kgあったが、3週間で20kg減。肥満で糖尿病を患うメタボ男性 [全文を読む]

糖質制限ダイエットの第一人者が急逝…不安の声に冷静な指摘も

しらべぇ / 2016年02月16日07時00分

©iStock.com/kwanchaichaiudom15日、糖質制限ダイエットの第一人者として知られるノンフィクション作家の桐山秀樹氏が、心不全で急死していたことが判明した。61歳という若さであった。桐山氏に近しい人は「桐山氏は亡くなる直前まで元気で、心不全・急性心筋梗塞で亡くなったことは明らか」という趣旨の声明を発表し、「糖質制限ダイエットが原因では [全文を読む]

フォーカス