太田忠司のニュース

イベント「小説家による 美食文学講座」のご案内

DreamNews / 2015年04月21日09時00分

◆企画主旨『たんときれいに召し上がれ─美食文学精選』(芸術新聞社)の刊行を記念して、監修者である津原泰水氏、収録作家である太田忠司氏を講師に迎えて、「美食文学講座」を開催します。当日はお二人に、「美食文学」の描き方、描かれ方をざっくばらんに話していただきます。◆企画概要日時:5月11日(月) 午後7時(開場6時半)~9時半終了予定場所:東京 荻窪・6次元 [全文を読む]

『ショートショート大賞』第2回公募を11月1日から開始 アンバサダーにEXILE橘ケンチ氏が就任

@Press / 2016年11月02日10時30分

審査員長は、第1回に引き続き、芥川賞作家でお笑いコンビ「ピース」の又吉直樹氏から絶賛され、親交が深いショートショート界の旗手、田丸雅智氏、二次審査員は、太田忠司氏、梶尾真治氏、北野勇作氏の豪華作家陣。受賞作の発表は2017年6月を予定しております。 第1回は応募総数7,817篇という多数の応募作品が集まり、大変盛況となりました。なお、2016年12月には [全文を読む]

気鋭のCGアーティスト田島光二のカバー絵が大迫力!『怪獣文藝の逆襲』刊行

ダ・ヴィンチニュース / 2015年03月26日17時00分

太田忠司「黒い虹」…謎の転校生と奇妙なTVドラマ「世紀の大怪獣ドノポリカ」との意外な関係とは? 有栖川有栖「怪獣の夢」…幼い頃から夢を見る。血にまみれ、おぞましく、神々しい怪獣の姿を……。 園子温「孤独な怪獣」…園監督初の怪獣小説! 映画監督を夢見る貧乏青年が語る、知られざる怪獣映画とは。 小中千昭「トウキョウ・デスワーム」…東京の地下に巣食う巨大な生物 [全文を読む]

又吉直樹氏ゲスト登壇!秋山真太郎氏(劇団EXILE)による受賞作朗読も 第1回『ショートショート大賞』贈呈式を開催

@Press / 2016年06月23日10時30分

僕は星新一さんだけでなく、江坂遊さん、井上雅彦さん、太田忠司さん、北野勇作さん、高井信さんたちの作品を読ませていただき、ショートショートのおもしろさ、すばらしさを知りました。それからずっと、ショートショート集を出して、ショートショートをみんなに知ってほしいという思いがあり、こうして作家になりました。本を出して、なおのこと強く感じるようになりましたが、自分一 [全文を読む]

応募総数7,817篇!第1回「ショートショート大賞」受賞作決定 受賞作品集は書店店頭にて無料配布、大賞授賞者は受賞作を含む単行本を刊行予定

@Press / 2016年06月07日10時30分

〔審査員〕 ・1次審査 :協力書店員、キノブックス編集部 ・2次審査 :井上雅彦(作家)、太田忠司(作家)、北野勇作(作家) ・最終審査:田丸雅智(審査員長・ショートショート作家)、 キノブックス編集部 2016年6月16日(木)には都内にて賞の贈呈式を行います。特別ゲストとして芥川賞作家・又吉直樹氏が登壇予定。また、「ショートショート大賞」応援団の俳優 [全文を読む]

原稿用紙一枚から応募可能! “ショートショート作家”の育成を目的とした新しい文学賞設立

ダ・ヴィンチニュース / 2015年11月25日11時00分

」―田丸雅智 また、2次審査はショートショートのスペシャリストとして、小説家の井上雅彦・太田忠司・北野勇作が務め、応援団は劇団EXILEの秋山真太郎が務めることに。自身も賞に応募するという秋山からもコメントが届いている。「田丸さんの作品をラジオで朗読させていただいたのが縁で、ショートショート大賞に関わらせていただくことになりました。田丸さんの物語は次から次 [全文を読む]

新作が続々登場! 小説界に吹き荒れる怪獣旋風はホンモノか?

ダ・ヴィンチニュース / 2015年05月02日09時00分

注目は大倉崇裕、太田忠司、有栖川有栖らミステリ作家3人による怪獣小説だ。大倉の「怪獣チェイサー」は怪獣対策のために設置された架空の省庁「怪獣省」で激務をこなす女性を描いたお話である。もちろん怪獣は暴れるのだが、怪獣よりも怪獣災害の監視に奔走する主人公の日常に目が行く小説で、怪獣が出るのに読み心地は何故かお仕事小説やチックリットに近い、というのがユニークだ [全文を読む]

松島花、ドラマ初主演でエッチな女刑事に

モデルプレス / 2015年03月12日06時00分

月曜深夜の「メ~テレドラマ」枠第一弾となる今作は、太田忠司氏の「ミステリなふたり」「もっとミステリなふたり」が原作の新感覚ラブコメミステリーとなっている。 雑誌「Oggi」(小学館)などでモデルとして活躍すると同時に、女優としても活躍の幅を広げている松島が演じる主人公・京堂景子は、スタイル抜群で美貌も兼ね備えた愛知県警の敏腕刑事。彼女の発する鋭い言葉と凍て [全文を読む]

『たんときれいに召し上がれ 美食文学精選』(芸術新聞社)刊行記念「食の思ひ出 コンテスト」開催のお知らせ

DreamNews / 2015年02月06日10時00分

◆書籍紹介 『たんときれいに召し上がれ 美食文学精選』2900円+税 (津原泰水編/芸術新聞社)1月25日発売 夏目漱石、森鴎外、谷崎潤一郎、三島由紀夫、谷崎潤一郎、澁澤龍彦などの文豪から〝食〟を描く名手だった開高健や古川緑波、今なお第一線で活躍する金子國義画伯や筒井康隆、芦原すなお、太田忠司、早世した天才・伊藤計劃まで、36人の優れた表現者たちの〝食〟 [全文を読む]

SFやホラーなどバラエティー豊かな短編作品33編を収録した書

NEWSポストセブン / 2014年04月20日16時00分

【書籍紹介】『星空博物館』太田忠司/PHP文芸文庫/720円 盗まれた“電気羊”の捜索に探偵が挑むSFミステリー『羊盗難事件』、家の浴槽に宇宙が出現する『浴室の宇宙』、子供の頃から夢に出てきた殺人鬼が実在していたことがわかるホラー『嗤う男』など、バラエティー豊かなショートショート33編を収録。一話完結の物語を意外な方法で繋げてみせたり、ページの隅にパラパラ [全文を読む]

フォーカス