川野太郎のニュース

川野太郎 妻の子宮頸がんステージ4b乗り越えた“奇跡の祈り”

WEB女性自身 / 2016年06月23日06時00分

それくらい私にとって、カミさんのがん宣告は衝撃的でした」 俳優・川野太郎(56)の妻・珠美さん(54)が子宮頸がんと宣告されたのは 09年8月のこと。しかも、その病状は、もっとも重いとされるステージ4bだった。だが珠美さんは治療の結果、奇跡の生還を果たす。川野夫婦はどのように末期がんと向き合い、そして、克服したのだろうか。 「僕のカミさんは専業主婦で、長男 [全文を読む]

11月7日・8日 三軒茶屋ふれあい広場にて開催!三茶しゃれなあどお客様感謝DAY『三茶でやまぐち食べちゃろ祭り「おいでませ!山口観光物産展」』

DreamNews / 2015年10月16日14時30分

■多彩なステージイベントさらに今回は、山口市出身の俳優・川野太郎さん、下関市出身のタレント・三宅あみさん、と歌手のKIMIYOさん、岩国市出身のシンガーソングライター・金徳大輔さん、宇部市出身の二胡奏者・真真さんが登場。また、「海峡上臈絵巻」「巌流島の決闘」「維新奇兵隊」の上演など、県ゆかりの楽しいステージが盛りだくさんです。 【「おいでませ!山口観光物 [全文を読む]

丹沢山系を見渡せる絶景の韓国料理店 川野太郎も「参鶏湯」に大満足

ぐるなび / 2014年02月14日18時10分

俳優の川野太郎さんが神奈川県の相模湖周辺を歩き、相模原市緑区の韓国料理店「直子の台所」を訪れた。 川野さんは、「自遊市場」、「直子の台所」と書かれたのぼりが立つ店を見つけ、入ってみることにした。里山に建つ店は、総ガラス張りの店内から丹沢の山々を見渡すことができる。キッチンを預かる佐々木直子さんは、韓国食文化の研究所スタッフとしてキャリアを積んだ後、一流の韓 [全文を読む]

芸人作のネタを役者が……『笑×演』台本をまったく信用していない布施博による漫才が“物騒”すぎた!?

日刊サイゾー / 2017年04月19日21時00分

「馬鹿よ貴方は」の書いた漫才台本を演じる俳優は、布施博と川野太郎によるコンビである。 ここで詳細は記さないが、布施にまつわるキナ臭いウワサ(真偽不明)は何度か耳にしたことがある。しかも、「馬鹿よ貴方は」が姿を見せる前、布施はスタッフに向かって腕を組みながら「俺、今のお笑いの人たちに面白いと思うところないんだよ」と言い放つのだ。なぜ、場をこんなにヒリヒリさせ [全文を読む]

【笑×演】バカリズム「俳優さんがどんなに豪華でも、ネタを書くのは絶対にイヤです!」

Smartザテレビジョン / 2017年04月05日07時30分

第1回では、タイムマシーン3号は小沢仁志と小沢和義、馬鹿よ貴方はが川野太郎と布施博と共にタッグを組む。また、流れ星は松澤一之と岩佐真悠子、うしろシティは高杉亘と神保悟志とネタを作り上げ、4組がネタを披露するまでを2回に分けて放送する。 芸人は、ネタ作りはもちろん、演出までを担当。“俳優さんをスベらせるわけにはいかない”というプレッシャーの中、ネタ台本を書き [全文を読む]

超大物プロデューサー、下半身の「過去」

NewsCafe / 2016年07月20日11時30分

過去に、テレビのワイドショーの中で、デヴィ夫人が酒井さんを目の前にして、俳優の川野太郎(56)との仲を指摘したこともあったし、さらにその以前には俳優、京本政樹(57)とも深い関係だって言われてたよ」 記者「へぇ~」 デスク「伝説の歌手、山口百恵(57)や松田聖子(54)、郷ひろみ(60)ら、1970-80年代の人気アイドル歌手を、当時のCBS・ソニー(現ソ [全文を読む]

2015年11月7日・8日「三茶しゃれなあどお客様感謝DAY 三茶でやまぐち食べちゃろ祭り『おいでませ!山口観光物産展』」のべ1万9000人が三軒茶屋ふれあい広場に来場!

DreamNews / 2015年11月10日15時00分

〇多彩なステージイベントステージには、山口市出身の俳優・川野太郎さん、下関市出身のタレント・三宅あみさん、歌手のKIMIYOさん、宇部市出身の二胡奏者・真真さん、岩国市出身のシンガーソングライター・金徳大輔さんが登場。また、「海峡上臈絵巻」「巌流島の決闘」「維新奇兵隊」の上演など多彩なステージを披露。山口県の歴史や文化をPRする良い機会となりました。 〇 [全文を読む]

モー娘。や押切もえさん、哀川翔さんまで登場! 著名人集結!

ParOn.(パーオン) / 2014年04月09日19時51分

大会の模様はテレビ東京系列で5月6日に放送予定となっているので、気になる方はチェックしてみては?出場選手■俳優チーム大沢樹生、川野太郎、黒沢年雄、田中健、寺泉憲、西岡徳馬、渡辺裕之、布施博■アーティストチーム生田衣梨奈、角川博、高道、鶴久政治、細川たかし、松崎しげる、マリーン■スポーツチーム哀川翔、石井一久、大林素子、城彰二、鈴木亜久里、中野浩一、花田虎上 [全文を読む]

名作ドラマ&漫画「最終回のヒミツ」(1)平均視聴率40%「独眼竜政宗」が変えた大河の歴史

アサ芸プラス / 2013年03月12日09時54分

最後に沢口靖子と相手役の川野太郎が再び結ばれるかどうか、視聴者からも賛否両論の意見が寄せられ、最終的には『2人が一緒になるであろう』というニュアンスで終わるラストシーンになった。高視聴率ゆえの悩みでしたね」 2人を襲う悲劇の数々。天国と地獄を味わう主人公に一喜一憂した読者も大勢いたに違いない。 「ドラマとは、人間の対立、葛藤、トラブル、モメ事を描くこと。人 [全文を読む]

フォーカス