菊池良のニュース

SNSを席巻した「世界一即戦力な男」菊池良の半生がまさかの書籍化!『世界一即戦力な男』(フォレスト出版)2014年8月発売!

PR TIMES / 2014年08月05日17時11分

引きこもり・非モテ青年が音速で優良企業から内定をゲットした話「即戦力」で検索すると、全世界で1番目にヒットする男、菊池良。彼の生き様から、「即戦力」になるためのマインドとアイデアを学べ!菊池良とは何者なのか?2013年2月2日、全世界のネットユーザーに衝撃が走った。変な顔、変なプロフィールの男が、本名をさらけ出し、不遜な態度で雇ってくれる企業を募集する逆就 [全文を読む]

「世界一即戦力な男」菊池良氏がまったく書籍のPRにならないインタビューを敢行!

PR TIMES / 2014年08月20日15時49分

狂っていると思うか? 狂っているのを演じていると思うか? 書籍『世界一即戦力な男』発売記念! 著者の菊池良さんの前編、中編、後編にわたるロングインタビュー! 2014年8月に発売され、話題になっているフォレスト出版の新刊『世界一即戦力な男』の著者・菊池良氏へのロングインタビューがフォレスト出版の公式ブログ内で3日間にわたって公開されました。 内容は脱線に継 [全文を読む]

「世界一即戦力な男」菊池良氏が新たなサイトを公開し、イケメンになっていると話題に

PR TIMES / 2014年08月15日13時20分

ネット上を熱狂の渦に巻き込んだ菊池氏の新たな挑戦に刮目せよ! 2013年2月、逆就活サイト「世界一即戦力な男・菊池良から新卒採用担当のキミへ」を公開し、Facebookの「いいね!」が2万、ツイートは2000、動画再生は100万回を超えるなど、ネット上を熱狂の渦に巻き込んだ菊池良氏。 どう見ても「即戦力」には見えない顔や経歴とのギャップ、随所に盛り込まれた [全文を読む]

【フジテレビ】「世界一即戦力な就活トークイベント」聴講者募集、菊池良氏ほか企業のキーパーソンが登壇。2014年1月18日(土)19時30分~

PR TIMES / 2013年12月24日14時25分

==================================================ドラマ『世界一即戦力な男』の原案 菊池良氏ほか企業のキーパーソンが登壇「世界一即戦力な就活トークイベント」聴講者募集のお知らせ聴講者募集: 12月24日(火)本日より番組公式サイト内にて応募開始トークイベント: 2014年1月18日(土)19時30分より実施 [全文を読む]

【フジテレビ】無料動画配信サービス「フジテレビ+(プラス)」 2014年1月24日(金)16時開局!

PR TIMES / 2014年01月16日12時48分

1つは、今春にインターネットを巧みに活用した奇抜な就職活動を行い、一躍有名となった大学生・菊池良氏の実際の就活の模様をオリジナルドラマとして映像化した『世界一即戦力な男』。そしてもう1つは、今、芸能界で一番の“イイ女”大久保佳代子がMCを務め、一流の美女たちと対談をするトークバラエティ『~極上美女対談~イイ女の条件』です。 ほか「フジテレビ+」では、今後ド [全文を読む]

『君の名は。』三葉は処女か オトナ童貞が激論

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月26日17時18分

チェリーで『映画は感想を言い合うと10倍面白い』を連載している、菊池良と柴田ボイに、チェリー映画ライターの小峰が集合。青春時代にモテることを許されなかったオトナ童貞の4人が、青春映画としての素晴らしさ、そしてリア充のためだけの映画ではないということを存分に語り合った。(※本記事はネタバレを含みます。映画『君の名は。』を未見の方は、ご了承の上、読み進めて頂け [全文を読む]

自称・世界一即戦力の男が語る 即戦力になるための本ベスト5

ダ・ヴィンチニュース / 2013年05月20日11時30分

そこで、「世界一即戦力な男・菊池良」という逆就活サイトを立ち上げ、自身のアピールポイントや写真、ポエム(?)などを公開した事で注目を集め、Facebookで「いいね!」を2万獲得し、晴れて内定を獲得した株式会社LIGの菊池良さんに“即戦力”になるための必読書を選んでもらった。【画像あり】元記事はこちら「ランキングからは漏れてしまいましたが、ぼくの好きな漫画 [全文を読む]

ご存知ですか? 5月13日はハプスブルク家の女帝、マリア・テレジアが生まれた日です

文春オンライン / 2017年05月13日07時00分

マリア・テレジアは、カロリーヌを「この娘が私に一番似ています」と評したという(菊池良生『ハプスブルク家の光芒』ちくま文庫)。 マリア・テレジアの娘のうちもっとも有名なのは、何といっても、マリー・アントワネットだろう。アントワネットは、マリア・テレジアの政略結婚の総仕上げとしてブルボン本家に嫁ぎ、のちのフランス国王ルイ16世の妃となった(1770年)。アント [全文を読む]

若者に突如蔓延した「承知しました」の不気味さ

NEWSポストセブン / 2016年08月01日16時00分

この件についてはライターの菊池良氏が今年3月に〈「了解しました」より「承知しました」が適切とされる理由と、その普及過程について〉という記事をネットで執筆し、「承知しました」が2011年あたりから使われるようになったことや、なぜ「了解しました」が不適切なのかを様々な文献から紐解いた。簡単に言うと「尊敬の念が含まれていない」からなのだとか。つまり、目下の人間 [全文を読む]

寝不足で太るのは食べ過ぎが原因?その対策は?

Fuminners / 2016年07月08日10時14分

あなたは今夜、何時に寝ますか? 【参考文献】ダン・アリエリー(2016)『アリエリー教授の人生相談室』早川書房池谷敏郎(2016)『ダイエットの新習慣』朝日出版社石川善樹(2015)『最後のダイエット』岡嵜順子(2013)『なぜあなたは食べ過ぎてしまうのか』講談社メアリー・パット・ケリー(1996)『スコセッシはこうして映画をつくってきた』文藝春秋主婦の [全文を読む]

フォーカス