山城博治のニュース

「この国の戦争の息の根を止めたい!」辺野古新基地建設阻止運動を描く『戦場ぬ止み』女性監督の使命感

週プレNEWS / 2015年07月25日11時00分

同じく主人公のひとり、ゲート前の抗議活動のリーダー・山城博治(やましろ・ひろじ)さんは映画の前半で、静かに噛みしめるような口調でこう語る。 「知事選までは頑張る。もしも知事選で負けたら、その先はわからない」 新基地建設阻止のために知事選がどれほど重要かを示す表現である。三上さんは言う。 「このふたりに共通しているのは、沖縄だけでなく日本を変えたい、日本を [全文を読む]

宮古島、石垣島が米中戦争の捨て石にされる!『標的の島 風かたか』監督が語る南西諸島自衛隊配備の本質

リテラ / 2017年03月24日17時11分

昨年7月の参院選でのオール沖縄の勝利の翌日から露骨にはじめられた高江でのヘリパッド建設工事、辺野古の埋め立て承認取り消し処分を求めた訴訟での最高裁による不当判決、そして山城博治さんの約5カ月もの非道な拘留。4月にはひとりの女性の命がまたも米軍属の男によって奪われ、12月にはオスプレイが300メートルほど先には住宅があるという場所で「墜落」した。 その一方 [全文を読む]

辛淑玉氏の「若者は死ね 年寄りは捕まれ」の沖縄基地反対運動について 百田尚樹氏や松井一郎・大阪府知事が語る

ガジェット通信 / 2017年02月07日20時15分

山城博治には『病気で死ぬな。米兵に殺されるな。日本の警察に殺されるな。私が殺してやるから』」 などと、沖縄の高江での行動を具体的に説明。 この講演には、社民党の福島みずほ議員も出席されていたということです。 と概要を説明。 百田氏はそれに続き、 「ニュース女子」1月2日の放送について「沖縄の反対派の人たちは日当を貰っている可能性がある」「県外からもたくさ [全文を読む]

ヘイトデマ垂れ流しで大問題のMX『ニュース女子』も...化粧品会社のDHCはなぜ極右ヘイト番組をつくるのか

リテラ / 2017年01月09日12時00分

取材時には名護署に高江での反対運動中に不当逮捕された山城博治氏らが拘留されており、その早期釈放を求める人々が集まっていたと思われるが、そうしたことを番組は一切伝えないのである。 このように出だしから到底報道とは思えない状態なのだが、驚くのはこの後。井上は二見杉田トンネルの前で「このトンネルをくぐると高江」「このトンネルの手前で足止めをくってる」と言い出し、 [全文を読む]

日本の新安保法施行、韓国人はどう見たのか?―中国メディア

Record China / 2016年03月30日19時40分

聯合ニュースは、沖縄平和運動センターの山城博治議長の言葉を引用して、「安保法は憲法を根底から覆す悪法」とし、日本の著名な映画監督43人が反対集会を開くなど、日本国内でも反対の声が広がっていることを伝えた。(翻訳・編集/北田) [全文を読む]

強気が一変、安倍政権が「辺野古和解」に急転したウラ事情

まぐまぐニュース! / 2016年03月07日19時00分

しかし、まずは、2004年から4,300日を超えて辺野古の浜で座り込みを続けつつ状況に応じてカヌー隊を送り出してきたテント村の人々や、14年から600日を超えてキャンプ・シュワブの資材搬入ゲート前で泊まり込んだり朝5時に集まったりして抵抗してきた山城博治=沖縄平和運動センター代表はじめデモ隊の人々にとっては、半年か1年は工事が中止されることになったのだか [全文を読む]

安倍首相の訪米間近。沖縄の基地問題を解決できる“フィクサー”は今いるのか?

週プレNEWS / 2015年04月27日11時00分

ゲート前で抗議行動をしていたのは100人ほどで、その5日前に米軍に一時拘束されたばかりの社会運動家・山城博治(やましろひろじ)氏の姿もありました。彼は大きな声を張り上げていましたが、ぼくの耳元では「今日、日本政府がテントを強制撤去するかもしれないので、みんな不安に思っています」とつぶやき、心細そうでした。 現場で強く感じたのは、若者が極端に少ないというこ [全文を読む]

辺野古 小型船に海上保安官乗り込み怪我する反対派後を絶たず

NEWSポストセブン / 2015年04月07日16時00分

反対派が集会を開き、県警や米軍基地の日本人警備員らと向かい合っていると、突然、警備員が「沖縄平和運動センター」の山城博治議長を羽交い締めにし、反対派と警備側が入り乱れた。 山城氏は3人の警備員に引き倒されたまま基地の敷地内に引きずり込まれて手錠をかけられ、日米地位協定の刑事特別法違反容疑(米軍基地への侵入)で逮捕。その後、県警に身柄が引き渡された。 事件直 [全文を読む]

基地をめぐる沖縄“激動の1日”。主権を無視された日本はアメリカの一部でしかない?

週プレNEWS / 2015年03月08日06時00分

いつものように市民たちと抗議行動をしていた沖縄平和運動センター議長・山城博治(ひろじ)さんらが米軍によって不当逮捕されたのだ。 この日の朝、米海兵隊キャンプ・シュワブゲート前で、市民たちは県警機動隊、米軍の警察、米軍に雇用された警備員と対峙(たいじ)していた。機動隊の暴力的な振る舞いに抗議の声を一段と強めた市民らを落ち着かせようと、山城さんはゲートを背にす [全文を読む]

米軍が基地建設反対派住民を不当逮捕! 日本人警備員は「したくないけど、やれと言われて…」

週プレNEWS / 2015年03月04日15時40分

しかし、なんとその朝、ゲート前で新基地建設阻止・抗議行動(いわゆる座り込み運動)のリーダーである沖縄平和運動センター議長・山城博治(ひろじ)さんらが、米軍によって不当逮捕される異常事態が起こってしまったのだ。 いつものように、海上保安庁の職員や沖縄防衛局の職員らがメインゲートから基地内へ入ることに対して、山城さんを先頭に市民・県民・全国からの支援者が抗議 [全文を読む]

民意を圧殺する「闇討ち」の暴挙! 新基地建設作業がついに強行された 続・辺野古レポート【PART1】

週プレNEWS / 2015年02月07日06時00分

そこではちょうど、沖縄平和運動センターの山城博治議長が、市民と機動隊の深夜の睨(にら)み合いを振り返る集会を開いていた。 複数の地元議員も夜を徹して、あるいは早朝から座り込みに参加し、玉城義和(たまき・よしかず)県議(名護市区選出)からは、26日に翁長雄志知事が埋め立て承認の法的瑕疵(かし)を検証する第三者委員会を正式に立ち上げることを発表したこと、沖縄 [全文を読む]

福島瑞穂×テリー伊藤(3)山本太郎と社民党は連携という形でやれる

アサ芸プラス / 2013年08月27日09時58分

あとは、沖縄基地の撤廃に向けて活動している山城博治さん(沖縄平和運動センター事務局長)も、熱血漢で力強い。それぞれの自治体には、個人的にも魅力的で、信念を持ってやっている人がいる。ただ、彼女たちを国政に送り込むだけの力が社民党になくなってきている。 テリー 党としての力が不足しているということだよね。共産党も政策的には社民党と近いじゃない。でも、共産党は今 [全文を読む]

フォーカス