安岡正篤のニュース

六代目山口組組長「司忍」は獄中で「LEON」を読んでいた

WEB女性自身 / 2016年09月17日06時00分

「歴史小説以外に、思想家の安岡正篤、中村天風の本が何度も差し入れされています。これらは、本人が面会や手紙で頼んで差し入れてもらったものでしょう。哲学書を読み漁ることもあるといわれる司組長らしいセレクトです」 本の内容によっては、購入や差入れが許可されないものもある。唯一「不許可」となったのは『山口組概論――最強組織はなぜ成立したのか』だった。 「暴力団や [全文を読む]

消えた細木数子、新たな狙いとは…

NewsCafe / 2016年04月26日16時00分

「細木は自分が師事した思想家の安岡正篤氏(享年85)の菩提寺を京都・嵯峨野の一等地に建設中です。費用は70億円で、実はすでに宗教法人として認可されているお寺も買収しています」(夕刊紙記者) その目的は? 「ひとつは税金対策でしょう。宗教法人を買い取ることで、法人名義で土地や建物などの財産を取得できます。宗教法人が所有する土地建物には税金が課せられないメリ [全文を読む]

細木数子が引退告白!宗教法人を5千万円で買収、その狙いは

WEB女性自身 / 2016年03月01日00時00分

「いま安岡正篤先生(※細木が師事した思想家)の菩提寺を京都・嵯峨野の一等地に建設中です。あと1年数カ月で完成。それが終わったら私は引退しようと思っています」 費用はなんと70億円だという。工事現場の掲示板には、細木がオーナーを務めている会社のほかに、京都市にある宗教法人・K寺の名前が 。実は、彼女は巨大寺院建築の前に、この宗教法人・K寺も買収していたとい [全文を読む]

Yahoo!占い「2015年下半期特集」が遂にリリース!~平成27年6月1日(月)より Yahoo!占いにて配信スタート~

DreamNews / 2015年06月02日12時00分

その後、陽明学の大家、故・安岡正篤氏と出会い、六星占術は単なる占いの域を超えた“人間学”にまで高められた。細木数子は、自然界の法則・リズムにのっとった人間の生き方を絶えず追求し、身分や立場、性別を超えて“人間”として本当に必要なメッセージを発信し続ける。これまで著作した書籍の発行部数が9,300万部を超え“占い本世界一”としてギネスブックに連続掲載される [全文を読む]

年に一度の占いの祭典!Yahoo!占い「2015年の運勢特集~伝説の有名占い師があなたの運勢を教えます~」が遂にリリース! ~平成26年12月1日(月)よりYahoo!占いにて配信スタート~

DreamNews / 2014年12月04日09時00分

その後、陽明学の大家、故・安岡正篤氏と出会い、六星占術は単なる占いの域を超えた“人間学”にまで高められた。細木数子は、自然界の法則・リズムにのっとった人間の生き方を絶えず追求し、身分や立場、性別を超えて“人間”として本当に必要なメッセージを発信し続ける。これまで著作した書籍の発行部数が9,300万部を超え“占い本世界一”としてギネスブックに連続掲載されるな [全文を読む]

大殺界でお馴染!「細木数子」が監修するPC向け占いサイトが遂にリリース! ~平成 26 年 12 月 1 日(月)より Yahoo!占いにて配信スタート~

DreamNews / 2014年12月02日10時00分

その後、陽明学の大家、故・安岡正篤氏と出会い、六星占術は単なる占いの域を超えた“人間学”にまで高められた。細木数子は、自然界の法則・リズムにのっとった人間の生き方を絶えず追求し、身分や立場、性別を超えて“人間”として本当に必要なメッセージを発信し続ける。これまで著作した書籍の発行部数が9,300万部を超え“占い本世界一”としてギネスブックに連続掲載されるな [全文を読む]

“中東のノストラダムス“が予言「今年、オバマは銃撃される」 2014年2月22日に地球滅亡説も!? 2014年、世界の予言とは?

tocana / 2014年01月09日08時00分

陽明学の泰斗にして、政財界にも大きな影響力を持っていた安岡正篤(やすおかまさひろ)によれば、甲は「よろい」を意味し、これはつまり、鱗をつけた草木の木の芽が殻を破って頭を出した状態を意味するという。要は、旧体制が崩れて革新の動きが始まることを意味するそうだ。そして午は、「そむく」。したがって、新年は、新しい革新の動きが明らかになるが、これに反対勢力が激しく抵 [全文を読む]

オセロ中島"洗脳騒動"に参戦した細木数子に「おまえが言うな!」の声

メンズサイゾー / 2012年02月24日17時00分

ある相談者は、『墓を新しくして先祖を供養しなければ不幸になる』と細木に勧められるまま1,000万円の墓を購入し、借金に苦しむことになりました」(週刊誌記者) また、細木は「平成」の元号の発案者といわれる陽明学者・安岡正篤氏と1983年に結婚したが、当時85歳の高齢であった安岡氏は認知症で寝たきりだったといわれ、意思確認のないまま強引に婚姻届を提出した疑惑が [全文を読む]

フォーカス