船井幸雄のニュース

キンドルストア『船井幸雄のズバリ本音~3・11が教えてくれた日本と日本人の進むべき道』(著者:船井幸雄)電子書籍で、1月9日にリリース

DreamNews / 2016年01月18日18時00分

株式会社クリエイターズギルド(本社:東京都千代田区、代表取締役:熊切康知 http://www.cguild.com)が運営する電子書籍レーベル「キニナルブックス」にて、キンドルストアで配信中の『船井幸雄のズバリ本音~3・11が教えてくれた日本と日本人の進むべき道』(著者:船井幸雄)電子書籍で、1月9日にリリースされました。株式会社クリエイターズギルド(本 [全文を読む]

キンドルストア電子書籍『にんげん―――人間研究40年、いま原点に戻る!』著者船井幸雄をリリース。「世の中には、ムダは全くなく、世の中で起きることは必然、必要であり、しかもベストになる」

DreamNews / 2016年01月21日18時00分

株式会社クリエイターズギルド(本社:東京都千代田区、代表取締役:熊切康知 http://www.cguild.com)が、キンドルストア電子書籍『にんげん―――人間研究40年、いま原点に戻る!』著者船井幸雄を1月12日にリリースいたしました。株式会社クリエイターズギルド(本社:東京都千代田区、代表取締役:熊切康知 http://www.cguild.com [全文を読む]

キンドルストア電子書籍『本音で生きよう―――いままで77年余り生きて来た私の反省』著者船井幸雄をリリース。誰しもが本音で生きていきたい「77年」生きてわかったこと

DreamNews / 2016年01月20日18時00分

株式会社クリエイターズギルド(本社:東京都千代田区、代表取締役:熊切康知 http://www.cguild.com)が、キンドルストア電子書籍『本音で生きよう―――いままで77年余り生きて来た私の反省』著者船井幸雄を1月14日にリリースいたしました。株式会社クリエイターズギルド(本社:東京都千代田区、代表取締役:熊切康知 http://www.cguil [全文を読む]

「波動」というオカルトを信じる昭恵夫人

プレジデントオンライン / 2017年04月19日09時15分

そこで思い出されるのが、経営コンサルタントとして一時名を馳せた船井幸雄氏のことである。船井氏も、江本氏と同様に2014年に亡くなっている。 船井氏は、京都大学農学部を卒業後、船井総合研究所というコンサルタント会社を立ち上げた。経営コンサルタントとしての船井氏が主張したのが、「地域一番店戦略」というものだった。これは、それぞれの地域において一番規模の大きな [全文を読む]

Android向け占いアプリ『【的中ランク1位】霊能女将占い◆宝喜美子』を配信開始!

DreamNews / 2015年04月27日12時00分

船井総研の創業者、船井幸雄氏がその的中力を見込んで通い詰めた“秘蔵の”スピリチュアルカウンセラーをあなたはご存知でしょうか。その名は「宝喜美子」。遺伝的に霊感が強い沖縄のユタ家系に生まれ、呉服屋の女将としての傍ら、全国各地から訪れる相談者の悩みにのっている彼女の特別な力が今、あなたの手元にやってきます。あなたの人生を180度変える……奇跡の女将の力をアプリ [全文を読む]

iPhone向け占いアプリ『【的中ランク1位】霊能女将占い◆宝喜美子』を配信開始!

DreamNews / 2015年04月27日12時00分

船井総研の創業者、船井幸雄氏がその的中力を見込んで通い詰めた“秘蔵の”スピリチュアルカウンセラーをあなたはご存知でしょうか。その名は「宝喜美子」。遺伝的に霊感が強い沖縄のユタ家系に生まれ、呉服屋の女将としての傍ら、全国各地から訪れる相談者の悩みにのっている彼女の特別な力が今、あなたの手元にやってきます。あなたの人生を180度変える……奇跡の女将の力をアプリ [全文を読む]

【書評】ヒーラーは五度死ぬ? 理解不能な「あの世」から蘇った話

まぐまぐニュース! / 2016年12月27日16時00分

著者の脳に「アクセス」してくる世界的な著名物故者とは? 彼は幽体離脱して天国に行き、甲田光雄や船井幸雄に会う。著者の素粒子が、おふたりの波長に合うから、究極のコミュニケーションがとれるのだという。ロシア人の父と祖父は、宇宙に遍満する「量子」の波動をあやつり感じとれる能力があった。って、なんのこっちゃ。母は十日町で350年以上続く「春日木草閣」という治療院の [全文を読む]

40歳からでも遅くない! あなたの「欲望」が今すぐかなう7つのコツ

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月22日06時30分

当時会長だった船井幸雄さんに「お前、今、いくらの家賃のところに住んでいるんだ」と聞かれたそうだ。20万円だったか、30万円だったか、相当高いところに住んでいたので、胸を張って答えたところ「それじゃダメだ」と一蹴されたという。 [全文を読む]

人付き合いで変わる♡「毎日を充実させるためのヒント」って?

AppWoman / 2016年05月26日11時30分

船井幸雄著『13歳からのシンプルな生き方哲学』)>それこそ自分から声をかけてあげたり、好意的なリアクションを取ってあげたり、などですね。そうした些細な工夫ひとつで、案外相手との距離が縮まることってたくさんあるものです。(2)相手の気持ちに感謝するもうひとつ欠かせないポイントが、相手への感謝の気持ちをきちんと言葉にすることです。何かしてもらったら「ありがと [全文を読む]

やらなきゃ!と思ってやってなかった…。仕事がデキる人の共通ポイント3つ

恋学 / 2016年03月26日02時00分

【参考文献】 『13歳からのシンプルな生き方哲学』船井幸雄著(マガジンハウス・刊) Photo by Vive La Palestina [全文を読む]

相手ではなく自分を変えるのが大事!? 人付き合いを楽にする3つのヒント

恋学 / 2016年03月06日09時30分

【参考】 『13歳からのシンプルな生き方哲学』船井幸雄著(株式会社マガジンハウス・刊) Photo by you mee [全文を読む]

成功者の分析…大経営者になるために必要だった3つの「T」

まぐまぐニュース! / 2015年10月12日23時00分

船井総研の創業者船井幸雄氏は、成功者の3条件を「素直」「勉強好き」「プラス思考」だとしています。 「素直さ」が条件であることを意外に思われる方がいるかもしれませんが、経営の神様と称される松下さんがこの「素直」を経営者としての大目標にして、どんな人の批判も素直に耳を傾けたそうです。 「電力王」「電力の鬼」と言われた松永安左エ門さんは、大経営者になるためには [全文を読む]

「やば、当たってる…」沖縄“ユタ”愛占いがアプリに⇒中毒者激増!

AppWoman / 2015年04月28日20時45分

今回は、先生が監修したアプリ『【的中ランク1位】霊能女将占い◆宝喜美子』をご紹介します!宝喜美子先生は、鑑定歴なんと25年の超ベテラン! 船井総研の創業者である船井幸雄氏がその的中力を見込んで通い詰めたほどの実力を持つ、まさしく“秘蔵の”スピリチュアルカウンセラーなんです。もともと沖縄のユタ家系にうまれたため霊感が強く、植物や動物の声が聞こえる子どもだった [全文を読む]

出版業界のヒットメーカー・川北義則が語る、「一流の働き方」と「非一流の働き方」

Business Journal / 2014年01月17日16時00分

作家の野坂昭如さん、山口洋子さん、田中小実昌さん、漫画家のつげ義春さん、俳優の赤木圭一郎さん他、数々の著名人と親交があり、これまでに船井幸雄さん、村上和雄さん、中谷彰宏さんらの著作をプロデュースしてベストセラーを多数生みだしてきた川北さんは、彼らの仕事を間近で見ることで、その共通点に気がついたという。それを一冊の本にまとめたのが『一流の働き方』(アスコム [全文を読む]

『お客さまを知る→喜ばせる』⇒繁盛する 成功企業に見る「お客さま視点でのお店運営法」

PR TIMES / 2013年11月13日17時54分

そこで船井幸雄氏と出会い、1970年日本マーケティングセンター(現・船井総研)の創業に参加。調査部長、経営指導本部長、代表取締役副社長などを歴任。その後、三和総合研究所顧問、船井総合研究所特別顧問。コンサルティングで関わった経営者は、ソニーの盛田昭夫氏、イトーヨーカ堂の伊藤雅俊氏、ダイエーの中内功氏、丸井の青井忠雄氏、日本を除くアジア最大規模の小売業マタハ [全文を読む]

ミャンマー進出・ASEAN進出を検討されている方へミャンマーの最新情報を提供する新サイト『ミャンマーエクスプレス』にて、国際会計事務所ミャンマー代表の公認会計士が語る対談動画「ミャンマーの会計と魅力」を無料公開

@Press / 2013年07月17日09時30分

日産の工場ロジックと船井幸雄流・経営マインドを併せ持つ、和的経営コンサルタントとして講演や研修講師、視察セミナー(海外・国内)も高い評価を受けている。今までに8,000人以上の経営者、490社以上に携わる。 『ミャンマーエクスプレス』では、ミャンマーでの進出の検討、進出を目指す方々が本当に必要としている情報やサービスの提供を目指して参ります。 ■『ミャンマ [全文を読む]

元SB小久保裕紀 苦しい時期でも『エヴァへの道』が支えに

NEWSポストセブン / 2012年12月04日16時01分

まず自宅の本棚から選んだ本は、『エヴァへの道』(船井幸雄・著)。彼が読書好きになるきっかけとなった1冊だ。 入団1年目の1994年からレギュラーに定着した小久保は、2年目には本塁打王のタイトルを獲得。プロ野球選手として順風満帆のスタートを切った。 しかし、本人曰く「天狗になっていた」というその年のオフに、慢心から、ゴルフや飲み会三昧の怠惰な生活を送ってし [全文を読む]

フォーカス