神永学のニュース

シリーズ累計650万部突破の超人気ミステリー「心霊探偵八雲」舞台化&主演俳優のコメント動画公開!

PR TIMES / 2017年04月28日09時27分

神永学氏原作の驚異のハイスピード・スピリチュアル・ミステリー「心霊探偵八雲」。人気作の舞台化第3弾を記念して、主演の久保田秀敏さん、ヒロイン役・美山加恋さんによる原作紹介動画が到着した! 舞台では一夜限りのファン感謝イベントの開催が決定している。死者の魂が見える赤い左眼を持つ大学生、斉藤八雲が次々と起こる怪事件に挑む、驚異のハイスピード・スピリチュアル・ミ [全文を読む]

「土曜日の夜にピッタリ!」「カップ麺食べたくなる」神永学原作のTVドラマ「怪盗山猫」が好調!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年01月30日15時00分

ドラマ「怪盗山猫」は、神永学による小説『怪盗探偵山猫』シリーズが原作。神永は、自費出版した『赤い隻眼』が出版社の目に留まり、2004年、同作を大幅改稿した『心霊探偵八雲 赤い瞳は知っている』でデビューを果たした。こちらは後にTVドラマ、TVアニメ、マンガなどに展開され、累計450万部を突破。ハイスピード・スピリチュアル・ミステリー『心霊探偵八雲』シリーズ [全文を読む]

あの大泥棒「山猫」の大復活記念! 『怪盗探偵山猫 虚像 のウロボロス』『怪盗探偵山猫 鼠たちの宴』2冊購入し ていただいた方全員に、ここでしか手に入らないポスト カードセットをプレゼント!(角川書店)

PR TIMES / 2013年04月15日17時45分

『怪盗探偵山猫 虚像のウロボロス』『怪盗探偵山猫 鼠たちの宴』 2冊購入していただいた方全員に、ポストカードセットをプレゼント!! あの大泥棒が帰ってきた! 悪党から金を盗み、その悪事を暴く窃盗犯がいる ――山猫呼ばれる神出鬼没の謎の男!『怪盗探偵山猫』シリーズ 最新刊『怪盗探偵山猫 虚像のウロボロス』『怪盗探偵山猫 鼠たちの宴』 神永学著が2冊同時刊行。 [全文を読む]

「文豪ストレイドッグス」と山梨県立文学館がコラボ 描き下ろしの樋口一葉と芥川龍之介が登場

アニメ!アニメ! / 2017年06月02日11時00分

そのほか、山梨県出身で現在活躍中の林真理子、保坂和志、神永学、辻村深月の直筆も展示される。 特設展「作家のデビュー展」は7月15日から8月27日まで開催。休館日は7月18日、24日、31日、8月21日を予定している。常設展チケットで観覧可能で、入場料は一般320円、大学生210円だ。 『文豪ストレイドッグス』は実在の文豪をモデルとしたキャラクターが異能力を [全文を読む]

アニメ、ドラマ、舞台化もされた大人気シリーズ『心霊探偵八雲』のコミカライズがついに完結!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月20日17時30分

神永学の大人気小説シリーズ『心霊探偵八雲』コミックス最終14巻が配信中。電子書籍も紙書籍も好調だ。 死者の魂を見る事ができる不思議な能力を持つ大学生の斉藤八雲が、ある日大学で起こった幽霊騒動を調査することになり、そこから次々と起こる怪事件の謎に迫っていく―。同シリーズは、2006年のドラマ化をはじめ、テレビや舞台版としても脚光を浴び、驚異のハイスピード・ス [全文を読む]

ジャニーズドラマがトップ3制覇、綾瀬はるか&堀北真希は爆死! 1月期ドラマ視聴率

サイゾーウーマン / 2016年03月24日12時45分

作家・神永学氏の「怪盗探偵 山猫」(KADOKAWA)シリーズが原作で、初回は14.3%の好発進。しかし、5話は裏番組の『ENGEIグランドスラム』(フジテレビ系)が12.5%、『土曜ワイド劇場 おみやさんスペシャル』(テレビ朝日系)も12.7%を叩き出したため、『山猫』は7.9%に急降下。8~10話も8~9%台に低下し、平均は10.7%で幕を閉じた。 続 [全文を読む]

亀梨和也主演ドラマも好調! 活字ならではの『山猫』の楽しみ方とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年03月05日09時00分

新たなファンが増埴しているなか、執筆にあたって著者の神永学さんが意識したのは、「スタンダードな『山猫』であること」だったという。「冒頭にはこれこそ『山猫』だ、という作品を置くべきだと思いました。主人公が早い段階で登場して、ストーリーがどんどん展開してゆく、まさに王道というような作品です。今回はやや変化球的な短編も収録しているんですが、まずはスタンダードがあ [全文を読む]

役者として新境地を見せた亀梨和也の演技が話題に ドラマ『怪盗山猫』

AOLニュース / 2016年02月20日18時00分

放送前には神永学の原作小説の生意気でつかみどころのない山猫と、最近では好青年イメージが強い亀梨とのギャップを危惧する声が多かったが、むしろやり過ぎなぐらいの暴れっぷりで驚かせた。ネットでの感想には、主婦層から「主人のほうがハマって観ている」との声も見受けられる。視聴率は初回14.3%から下降しているが、動画配信サービスHuluの週間視聴数ランキングでは、9 [全文を読む]

綾瀬はるか“香里奈”超えの大爆死、広末ドラマはフジ最下位! 1月期ドラマ初回ランク

サイゾーウーマン / 2016年01月21日13時00分

作家・神永学氏の『怪盗探偵山猫』(角川文庫)シリーズが原作で、亀梨は窃盗を繰り返しながらも悪事を暴く天才怪盗「山猫」役。広瀬すずが天才ハッカーの女子高生、山猫と行動を共にする雑誌ライターを成宮寛貴が演じている。 第3位は有村架純と高良健吾がW主演を務める月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系)で、初回は11.6%を獲得。3位 [全文を読む]

KAT-TUN亀梨和也の演技はなぜ変化に富むのか 主演作『怪盗 山猫』に見る“身体性の高さ”

リアルサウンド / 2016年01月20日07時00分

原作(神永学『怪盗探偵 山猫』)の表紙に描かれたイラストと同じようにニット帽を愛用し、タバコやウィスキーを片手に鋭い視線を送る表情には、ミステリアスな魅力が漂っている。それに加えドラマでは、カップラーメンを愛し、青いサングラスやピアス、リングなどを身につけることによって、その個性をさらに強調している。また、怪盗を行う際には後頭部に猫のお面を付けており、正面 [全文を読む]

KAT-TUNは永久に不滅!? 好評『怪盗 山猫』で亀梨和也が見せた意地と、アノ女優の好演

日刊サイゾー / 2016年01月19日00時00分

作家の神永学さん原作の人気小説ということで、なかなかに注目を集める作品ではありましたが……。 物語は、悪事を働く企業や巨大な敵を相手に、軽やかな手口で大金を盗み、最終的には巨悪を討つ「怪盗探偵山猫(亀梨)」を軸にしたミステリー。第1話では、山猫の正体を追ったものの、弱みを握られて彼らに協力することとなってしまう勝村(成宮寛貴)、大会社の社長(勝村政信)の娘 [全文を読む]

新ドラマ『怪盗山猫』広瀬すずの怪演が「スゴすぎる」と話題に 「驚いた」「いつものすずちゃんじゃない!」

AOLニュース / 2016年01月18日21時00分

神永学のミステリー小説「怪盗探偵山猫」シリーズを原作に、"痛快・ピカレスク・怪盗エンターテインメント"と銘打った本作。主人公の怪盗"山猫"を演じる亀梨和也や、共演の成宮寛貴、広瀬すず、菜々緒といっった、豪華なキャスト陣も魅力だ。広瀬すずが演じるのは、女子高生天才ハッカー・高杉真央。初回放送では、実の父親の犯罪の片棒を担ぎ山猫の邪魔をしていた彼女が山猫の仲 [全文を読む]

ロックオン!「ジャニーズ好き」広瀬すずが亀梨和也に猛アプローチ?

アサ芸プラス / 2015年12月27日17時59分

同ドラマは、作家・神永学氏の小説「怪盗探偵山猫」シリーズが原作で、「山猫」と呼ばれる大胆不敵な世紀の天才怪盗(亀梨)が鮮やかな手口で大金を盗み出し、盗みの対象の悪事も暴き出す姿を描く。「亀梨さんといえば、スポーツ情報番組『Going!』でキャスターを務め、ドラマ『妖怪人間ベム』で主演を務めるなど同局とは関係性が深い。そのうえ、所属グループのKAT‐TUN [全文を読む]

「小説」が愛おしくなる『本をめぐる物語 小説よ、永遠に』 副題に込められた意味とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2015年12月11日06時30分

「真夜中の図書館」神永学●このところ、うちの中学は図書館に幽霊が出るという噂で持ちきりだ。そして、真夜中の図書館で、ぼくは彼女に出会った。ぼくに微笑みかけたその顔は、とても愛らしかった。クラスの中に誰一人として話し相手のいなかった僕にとって、その少女からさまざまな本の話を聞くことだけが楽しみだった。「……空想の中でしか、私は生きられないから……」。その深い [全文を読む]

亀梨和也、新ドラマ『怪盗 山猫』が“ゴリ押し継続”の試金石に? 本格ソロ歌手活動はKAT-TUN解散の布石か

おたぽる / 2015年12月10日09時00分

来年1月スタートのドラマ『怪盗 山猫』(日本テレビ系)で主演することが発表された亀梨和也だが、原作『怪盗探偵山猫』(角川書店)は、シリーズ累計50万部を超える人気シリーズ、さらにドラマ化にあたっては原作者である神永学から「原作より面白くすること」という条件を出されていることもあり、「ここでポシャったら、亀梨の俳優活動も終わりだな」「低視聴率王の汚名返上なる [全文を読む]

亀梨和也主演「怪盗 山猫」に成宮寛貴、広瀬すずら

Smartザテレビジョン / 2015年12月07日06時00分

本作は、神永学のミステリー「怪盗探偵山猫」シリーズを原作に、天才怪盗・山猫(亀梨)が大金を盗むと同時に、相手の悪事を暴いていく姿を描く“怪盗エンターテインメント”。 山猫に目をつけられ行動を共にすることになる雑誌ライター・勝村英男役には成宮寛貴が決定。成宮は「台本を読んで、とても面白かったです。ドラマを作る中でさまざまな規制がある今、こういうふうに面白く [全文を読む]

KAT-TUN・亀梨和也は「低視聴率ジャニーズ」!? 1月期主演『怪盗 山猫』に危険信号

サイゾーウーマン / 2015年12月05日09時00分

原作は神永学氏の人気ミステリー小説『怪盗探偵山猫』(KADOKAWA)シリーズ。神永氏の小説が映像化されるのは『心霊探偵八雲』(テレビ東京)以来で、同氏はドラマ化にあたって、「原作よりもおもしろくすること」との条件をつけたという。脚本は『家族ゲーム』『若者たち2014』(いずれもフジテレビ系)などを手掛けた武藤将吾氏。亀梨が演じる「山猫」という名の天才怪盗 [全文を読む]

イメージが違いすぎ! “好青年売り”亀梨和也の「山猫」に原作ファンが憤慨

アサ芸プラス / 2015年11月25日17時59分

人気小説家・神永学の著書「怪盗探偵山猫」(角川文庫)が、来年1月より日本テレビ系の土曜ドラマ「怪盗 山猫」として放送されることが決まった。 同作は鮮やかな手口で大金を盗み出す天才怪盗犯の山猫が、窃盗と同時に悪人たちの悪事を暴いていくという怪盗エンターテイメント作品。もちろん、ドラマ化は原作ファンにとっても朗報となったようだが、主演のキャスティングを聞いてそ [全文を読む]

亀梨和也が天才怪盗犯“山猫”に!

Smartザテレビジョン / 2015年11月16日15時12分

累計発行部数50万部の神永学のミステリー「怪盗探偵山猫」シリーズ(KADOKAWA)の初の実写化で、「盗みはするが、奪いはしない」を信条に、主に企業から大量の資金を鮮やかに盗み、それと同時に悪事を暴いていく、天才怪盗犯・山猫(亀梨)の活躍を描く“怪盗エンターテインメント”だ。 山猫は、地域や場所、難易度も関係なくさっそうと現れ、犯罪を行いながらも悪を裁い [全文を読む]

ヒューマンアカデミーで、人気イラストレーター 加藤アカツキ氏 監修の『マンガ・イラスト通信講座』がスタート!

PR TIMES / 2014年11月20日11時32分

代表作に「心霊探偵八雲シリーズ」(著:神永学/文芸社)、「ぼくらシリーズ」(著:宗田理/ポプラ社)などがある。 またゲームやアニメーションのキャラクターデザインも多数手がけるなど、幅広く活躍している。 [全文を読む]

フォーカス