小林信彦のニュース

【書評】萩本欽一の希望で実現した萩本と小林信彦との対談集

NEWSポストセブン / 2014年02月13日07時00分

【書評】『小林信彦 萩本欽一 ふたりの笑タイム 名喜劇人たちの横顔・素顔・舞台裏』/小林信彦 萩本欽一著/集英社/1575円 【評者】坪内祐三(評論家) 年明けのある日、この本が著者献本されて来た時、驚いた。というのは小林信彦はきわめて計画的な作家で、小説であれ評論集であれコラム集であれ、すなわち本を作るということに関して、絶対に形をくずさない人だからだ。 [全文を読む]

最強の弟・渡瀬恒彦と「アサ芸」のゆくえ

文春オンライン / 2017年03月25日11時00分

今週の文春では小林信彦の連載「本音を申せば」と、ワイド特集(「4人のヤクザを5分でKO? 渡瀬恒彦芸能界最強伝説」)がその死を取りあげている。 渡瀬恒彦といえば今からちょうど40年前、映画「北陸代理戦争」の撮影中に足を失いかねないほどの大ケガを負う。アクションシーンでも代役を嫌い、スタントマンでなく自ら演じる渡瀬恒彦は、雪上でジープを運転するシーンで、転倒 [全文を読む]

清張の「闇」とバカリズムの「光」を掬い取った2本のコラム

文春オンライン / 2017年05月13日17時00分

安易に『天才』と言うのは憚られるが、これを『天才』と呼ばずなんと呼べばいいのだろうか」 文春には84歳の小林信彦や、今年で80歳になる東海林さだおもいれば、春日太一、戸部田誠のアラフォー世代もいて、様々な世代のコラムが並ぶ。これも雑誌の魅力、雑誌の「雑」である。 (urbansea) [全文を読む]

“書く人”水道橋博士の書棚に見える、手塚治虫とみうらじゅんの「点と線」

文春オンライン / 2017年04月22日17時00分

ところがファンはもとより小林信彦など文化人をも引き込んでいき、スタジオでバウバウと笑う高田文夫まで有名にしながら、3ヶ月どころか10年続いて、熱狂の時代を築く。 水道橋博士は高校時代、このラジオ番組に救われる。高校1年をダブり、どん詰まりの日々、唯一の楽しみが、たけしのオールナイトニッポンであったのだ。ただ聞いていたのではない。「番組を全部カセットテープに [全文を読む]

ご存知ですか? きょう3月27日は植木等没後10年の日です

文春オンライン / 2017年03月27日07時00分

たとえば、作家の小林信彦は、植木主演の「無責任シリーズ」について「天皇が(戦争)責任をとらなかったために始まった、だれにも責任がないフシギな国のあり方へのメスとなったかもしれない」と評している(『日本の喜劇人』新潮文庫)。いや、ひょっとすると、五輪キャンペーンにおける植木等の起用は、新国立競技場やエンブレムのデザイン選定で浮き彫りとなった大会関係者の無責任 [全文を読む]

第18回「王者日テレの歴史」(前編)

ソーシャルトレンドニュース / 2017年03月10日20時00分

この時の作家が、小林信彦サン、井上ひさしサン、河野洋サン等々。皆、一流の作家ばかりである。これに先だって、井原サンが井上ひさしサンを引き入れようと口説いた台詞が面白い。井原サンはブロードウェイで活躍する大作詞家の名前を出して、こう言った。 「あなたは日本のオスカー・ハマースタイン二世になるおつもりはありませんか?」 井上サンは二つ返事で引き受けたという。 [全文を読む]

【書評】様々な段組みで構成されたA5判の「ヴァラエティ」

NEWSポストセブン / 2017年01月27日16時00分

そのオリジナルは晶文社で一連の植草甚一や小林信彦のシリーズ(装丁及びレイアウトは平野甲賀)が有名だ。私も『古くさいぞ私は』というヴァラエティブックを晶文社から刊行したことがあるがレイアウトを自分でやったから平野本にまったく及びもつかなかった。 しかしこの『気がついたらいつも本ばかり読んでいた』、装丁もレイアウトも平野本に匹敵する。いや、越えているかも知れ [全文を読む]

アパホテル東京都心最大級 アパホテル&リゾート〈西新宿五丁目駅タワー〉本日起工式開催

PR TIMES / 2016年09月16日17時44分

全国でホテルネットワークを展開する総合都市開発のアパグループ(本社:東京都港区赤坂3-2-3 代表:元谷外志雄)は、本日アパホテル&リゾート〈西新宿五丁目駅タワー〉(東京都渋谷区本町三丁目15-1、新宿区西新宿五丁目448-1他(地名地番))の計画地において起工式を株式会社三菱東京UFJ銀行 赤坂支店支社長小林信彦氏、衆議院議員 馳浩氏、衆議院議員 小田原 [全文を読む]

「演歌は日本の伝統」を掲げる議員連盟に「?」演歌は1960年代に生まれたもの、みだりに「伝統」を使うな!

リテラ / 2016年03月17日12時04分

果たして本当に演歌は日本の伝統なのだろうか? ポピュラー音楽研究を専門とする輪島裕介氏は『創られた「日本の心」神話 「演歌」をめぐる戦後大衆音楽史』(光文社)のなかで、作家・小林信彦氏の文章を引き、その認識に対し疑問を呈している。〈〈演歌は日本人の叫び〉 といった文章を見るたびに、ぼくは心の中でわらっていた。わらうと同時に、いったい、いつからこういう言葉が [全文を読む]

アナーキーな芸風だった萩本欽一がテレビでウケるようになったワケとは? 【ぼくたちの好きな土8戦争(4)】

AOLニュース / 2016年01月02日18時00分

(参考文献)『なんでそーなるの!』萩本欽一:著/『ふたりの笑タイム』小林信彦・萩本欽一:著/『浅草芸人』中山涙;著/『ひょうきんディレクター、三宅デタガリ恵介です』三宅恵介:著■リンク萩本欽一 プロフィールwww.asaikikaku.co.jp■1月のAOL特集共演がご縁でくっついたセレブカップルたち【フォト集】 [全文を読む]

フォーカス