大西英男のニュース

大西英男議員がグッチ裕三の推薦文を捏造!?

文春オンライン / 2017年05月31日16時00分

「がん患者は働かなければいい」との失言で都連副会長を辞任した自民党の大西英男衆院議員(70)。 元格闘家の須藤元気氏が、大西氏のホームページに掲載された推薦文の捏造について、自身のSNSで抗議しているが、新たにタレントのグッチ裕三氏の推薦文にも同様の疑惑が浮上した。 須藤氏が語る。 「議員とは10年ほど前に一度会合でお会いしただけ。推薦人になったことも全く [全文を読む]

加計学園問題の新展開「前川前次官発言」はここに注目!

文春オンライン / 2017年05月27日07時00分

伝わってないっての! ◆ 大西英男 自民党衆院議員 「(がん患者は)働かなくていい」 NHK NEWS WEB 5月22日 加計学園問題があり、森友学園問題も終わっておらず、「共謀罪」法案では国連特別報告者も巻き込んで紛糾しているというのに、この期に及んで呑気に失言を放つ与党議員がいた。それが大西英男衆院議員だ。 大西氏は今月15日に開かれた自民党の厚生労 [全文を読む]

大西英男、赤枝恒雄らの失言、安倍自民の古い女性観を反映か

NEWSポストセブン / 2016年12月22日07時00分

なかでも、当選2回ながら“失言王”の風格がでてきた大西英男・代議士の「巫女さん」発言は印象深い。 衆院北海道5区補選の応援に現地入りした際、神社の巫女から「自民党は好きじゃない」といわれたことにブチ切れ、 「巫女のくせに何だと思った」 「私の世話を焼いた巫女さんが20歳くらいだった。口説いてやろうと思って、『補選を知っているか』と聞いたら知らないというから [全文を読む]

自民党の若手勉強会騒動で安倍政権の潮目に変化が!?|プチ鹿島の『余計な下世話!』

東京ブレイキングニュース / 2015年06月30日19時21分

経団連などに働きかけしてほしい」(大西英男・衆院議員)とか、「沖縄の二つの新聞社は絶対つぶさなあかん。」(百田尚樹・殉愛)という一連の発言に対し世の中が騒然となっていますが、私はこの騒動を「9月におこなわれる自民党総裁選がもしかしたら盛り上がるのではないか?」という視点で注目したい。 なんでもそうだが、「一強」だけより「対抗」もあったほうが見ていて面白いか [全文を読む]

「親しみから不用意な発言」 セクハラヤジ大西英男衆院議員が「謝罪メッセージ」掲載

弁護士ドットコムニュース / 2014年07月04日17時52分

今年4月の衆院総務委員会で、日本維新の会の上西小百合議員(31)に対して、セクハラともとれるヤジを飛ばした自民党・大西英男衆院議員(67)が7月4日午後、自身のブログで謝罪メッセージを発表した。 大西議員は、上西議員が質問している最中に、「まず自分が産まないとダメだぞ」とヤジを飛ばした。東京都議会での「セクハラヤジ」が問題になった後、国会でも同様のヤジがあ [全文を読む]

「産まないとダメ」 国会でセクハラヤジ飛ばした「大西英男議員」ってどんな人?

弁護士ドットコムニュース / 2014年07月04日15時17分

日本維新の会の上西小百合議員に対して、こんなヤジを飛ばしたことが判明した自民党・大西英男衆院議員とは、いったいどんな人物なのだろうか。 公式サイトによると、大西英男議員は1946年、東京・江戸川区生まれで、現在67歳。国学院大学法学部卒で、自民党の議員秘書などを経て、28歳の時に江戸川区議会議員になり、4期務めた。 1993年に東京都議会議員に選出され、2 [全文を読む]

都議会のドン・内田茂氏 妻の葬儀委員長を首相が務める実力

NEWSポストセブン / 2016年08月03日16時00分

東京選出の大西英男・自民党代議士はフェイスブックに驚きをこう書き込んだ。 「私は長いつきあいである内田茂先生の涙を初めて見た。(中略)安倍晋三総理が葬儀委員長を務められ、麻生財務大臣、二階総務会長、舛添東京都知事をはじめ、政界の重要人物たちが次々に弔問に訪れた。弔問客は引きも切らなかった」 総理大臣が都議夫人の葬儀委員長を務めたのは異例中の異例といっていい [全文を読む]

「女を進学させてもキャバクラにいく」女性差別発言の自民党議員・赤枝恒雄が上西小百合とショーパブをハシゴ

リテラ / 2016年04月13日22時30分

それにしても、先月末にも同じ自民党の大西英男衆院議員の「巫女のくせに何だと思った」「巫女さんを誘って札幌の夜に説得をしようと思った」発言が問題となったばかりだが、今回の赤枝議員といい、「女性の活躍」を謳う自民党から出てくるのは、このような発言ばかり。いかに自民党が女を舐めきっているかがよくわかるというものだが、この赤枝議員は以前から「女は無知」「自己責任 [全文を読む]

宮崎、武藤氏ら2012年組が誤算 自民党候補者公募の問題点は

NEWSポストセブン / 2016年03月08日07時00分

参院選“異変”の原因となった「ゲス不倫」の宮崎謙介氏をはじめ、金銭トラブルなどで自民党を離党した武藤貴也氏、「マスコミを懲らしめる」との圧力発言をした大西英男氏など、失言や不祥事を起こした議員には2012年の候補者公募で選ばれた議員が多い。政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏は、候補者公募の問題点を指摘する。 「小選挙区制の衆院選は候補者の努力ではなく、党の力 [全文を読む]

自民党2012年問題「イケメンならOK」の大量当選の代償

NEWSポストセブン / 2016年03月03日07時00分

セクハラ野次や報道規制発言で問題になった大西英男衆議院議員(69才)も、共産党に「テロ党」と野次を飛ばした山田賢司衆議院議員(49才)も、もれなく2012年組。政治評論家の有馬晴海さんは、大きな原因は2012年の「大量当選」にあると指摘する。 「2009年の衆院選で300超議席を獲得し政権を担った民主党ですが、2012年の選挙では政権担当能力を問われ、今度 [全文を読む]

宮崎謙介・中川郁子・武藤貴也… 自民党の2012年問題

NEWSポストセブン / 2016年02月23日07時00分

大西英男・代議士(東京16区)は、昨年の安保国会さなかに自民党内の勉強会で「マスコミを懲らしめるには、広告料収入がなくなるのが一番」と発言し、同調した井上貴博・代議士(福岡1区)らとともに執行部から厳重注意処分を受けた。 この勉強会の出席者には、昨年2月に代表質問をしていた共産党の志位和夫・委員長に「さすがテロ政党!」と野次を飛ばした山田賢司・代議士(兵庫 [全文を読む]

【宮崎議員辞職】で露呈した杜撰な公認候補選びの実態と、影に隠れた大臣らの失言

Business Journal / 2016年02月17日06時00分

・同6月、党内の勉強会で大西英男氏が「マスコミを懲らしめる」などと発言。・同8月、武藤貴也氏が「値上がり確実な新規公開株を国会議員枠で買える」などと持ちかけて金銭トラブルを起こしていたことが、「週刊文春」に報じられて離党した。 そして、今回の宮崎氏――という具合である。 自民党だけではない。石原慎太郎元東京都知事と橋下徹大阪市長(当時)の2トップ体制で大躍 [全文を読む]

国会前デモ 議員ら「今週は金曜日組か、うるさくなるな」発言

NEWSポストセブン / 2015年12月18日16時00分

安倍支持派の若手議員たちが勉強会で「マスコミを懲らしめるには、広告料収入がなくなるのが一番」(大西英男・代議士)などと経団連に働きかける発言をしていたことが発覚、流行語になる。「国対でうちの幹部が、『よし、この材料で自民党を懲らしめてやる』と使っていましたね」(民主党秘書) 「『なんか自民党、感じが悪いよね』と国民の意識がだんだん高まっていったときに危機を [全文を読む]

「アベチャンネル」化するNHK!受信料使って安倍首相と自民党の見解を垂れ流し&礼賛!

Business Journal / 2015年11月19日06時00分

また、6月25日の自民党勉強会で、大西英男衆院議員が「マスコミを懲らしめる」との発言をして批判を浴びている。 このような経緯もあるので、政府や自民党が報道機関に対して圧力をかけていることを批判する貴重な意見書といえるだろう。 さらに意見書は「干渉や圧力に対する毅然とした姿勢と矜持を堅持できなければ、放送の自由も自律も浸食され、やがては失われる」とエールを送 [全文を読む]

「放送弾圧」に警鐘を鳴らしたBPOに、脅しをかけた自民党議員の正体

まぐまぐニュース! / 2015年11月12日20時00分

要するに、自民党政調会の調査会ではあっても、その実態は「マスコミを懲らしめるには広告料収入をなくせばいい」(大西英男議員)などといって憚らない「文化芸術懇話会」のレベルと変わらない。そのうえ、彼らの大半は神道政治連盟国会議員懇談会の面々である。この団体がめざすものがホームページに載っている。 世界に誇る皇室と日本の文化伝統を大切にする社会づくり。 日本の [全文を読む]

安保法案 島村宜伸氏、久間章生氏ら賛成派政界重鎮の見解

NEWSポストセブン / 2015年09月20日16時00分

島村氏の選挙区(東京16区)から当選した大西英男氏が党内の勉強会で「マスコミを懲らしめるには、広告料収入がなくなるのが一番」などと発言したことについて、「国会議員になって間もないとはいえ、政治家の基礎がないんだ」と苦言を呈す。 安保法案に賛成なのは、「原爆投下はしょうがない」発言で物議を醸した久間章生・元防衛相(74)も同様。久間氏は2014年7月に国際平 [全文を読む]

「マスコミを懲らしめろ」の自民党・大西議員が原発問題でも! エネ庁幹部に「やつらに知らしめろ!」と報道圧力要求

リテラ / 2015年08月11日18時00分

そう「マスコミを懲らしめる」との言論弾圧発言で世間を騒がせた大西英男衆議院議員だ。 大西議員は7月30日、党本部で開かれた原子力政策に関する会合で、原発に批判的なテレビコメンテーター、解説者に対し「エネルギー庁が個別にどんどん正確な知識を知らせていくべきだ」「個別撃破でいいから、是非皆さんの知識を知らしめてください」などと発言。出席していた資源エネルギー庁 [全文を読む]

言論弾圧発言したあの安倍チルドレン議員は“DV男“だった! 元愛人が暴行を告発

リテラ / 2015年07月19日21時00分

井上議員は同会で大西英男議員の「マスコミを懲らしめる」「経団連に働きかけをしてほしい」発言を受けて、意気揚々とこう語っている。「福岡の青年会議所理事長のとき、マスコミをたたいたことがある。日本全体でやらなきゃいけないことだが、スポンサーにならないことがマスコミはいちばんこたえる」 さすが、こんな発言を平気でするだけあって、ここにきてその井上議員に次々とスキ [全文を読む]

自民党勉強会発言 ネトウヨのスポンサー電凸と全く同じ発想

NEWSポストセブン / 2015年07月14日11時00分

われわれ政治家、ましてや安倍首相にはいえないが、文化人、民間人が経団連に働きかけて欲しい」という大西英男・代議士の“懲らしめ”発言は、ネトウヨの「電凸」と全く同じ発想で、自ら手を汚さないだけ一層卑怯である。 「子供たちに悪い影響を与えている番組ワースト10を発表し、広告を出している企業を列挙すればいい」という井上貴博・代議士の発言も、政権与党が“有害”と認 [全文を読む]

しゃべりすぎ「憂国」作家・百田尚樹を斬る!「不穏当な発言でしかない」

アサ芸プラス / 2015年07月13日09時55分

さらに、『沖縄のどこかの島でも中国に取られれば目を覚ますはず』とも持論を展開していました」 さらに、この勉強会に出席した大西英男衆院議員は、「マスコミを懲らしめるには、広告料収入がなくなるのが一番だ。文化人や民間人が不買運動をし、日本を危うくするマスコミはとんでもないと経団連に働きかけてほしい」 と、百田氏の発言を受けて怪気炎を上げたのである。 これに対し [全文を読む]

フォーカス