大西英男のニュース

「親しみから不用意な発言」 セクハラヤジ大西英男衆院議員が「謝罪メッセージ」掲載

弁護士ドットコムニュース / 2014年07月04日17時52分

今年4月の衆院総務委員会で、日本維新の会の上西小百合議員(31)に対して、セクハラともとれるヤジを飛ばした自民党・大西英男衆院議員(67)が7月4日午後、自身のブログで謝罪メッセージを発表した。 大西議員は、上西議員が質問している最中に、「まず自分が産まないとダメだぞ」とヤジを飛ばした。東京都議会での「セクハラヤジ」が問題になった後、国会でも同様のヤジがあ [全文を読む]

「産まないとダメ」 国会でセクハラヤジ飛ばした「大西英男議員」ってどんな人?

弁護士ドットコムニュース / 2014年07月04日15時17分

日本維新の会の上西小百合議員に対して、こんなヤジを飛ばしたことが判明した自民党・大西英男衆院議員とは、いったいどんな人物なのだろうか。 公式サイトによると、大西英男議員は1946年、東京・江戸川区生まれで、現在67歳。国学院大学法学部卒で、自民党の議員秘書などを経て、28歳の時に江戸川区議会議員になり、4期務めた。 1993年に東京都議会議員に選出され、2 [全文を読む]

大西英男、赤枝恒雄らの失言、安倍自民の古い女性観を反映か

NEWSポストセブン / 2016年12月22日07時00分

なかでも、当選2回ながら“失言王”の風格がでてきた大西英男・代議士の「巫女さん」発言は印象深い。 衆院北海道5区補選の応援に現地入りした際、神社の巫女から「自民党は好きじゃない」といわれたことにブチ切れ、 「巫女のくせに何だと思った」 「私の世話を焼いた巫女さんが20歳くらいだった。口説いてやろうと思って、『補選を知っているか』と聞いたら知らないというから [全文を読む]

「マスコミ懲らしめる」発言の自民・大西英男議員、フェイスブックで「心より反省」

弁護士ドットコムニュース / 2015年06月29日12時17分

複数の新聞報道によると、「マスコミを懲らしめる」発言をしたのは大西英男衆院議員(東京16区)とされている。その大西議員は6月28日夜、フェイスブックで「心より反省」していると述べ、次のようにコメントした。 「昨日、先日の文化芸術懇話会での私の発言について、谷垣禎一幹事長より厳重注意処分を受けた。平和安全法制の国会審議が山場を迎える中で、私の発言で混乱を呼ん [全文を読む]

国会「セクハラヤジ」の発言者、自民・大西英男衆院議員と判明

弁護士ドットコムニュース / 2014年07月04日14時42分

このヤジを飛ばした議員が、自民党の大西英男衆院議員=東京16区=だったことが7月4日、わかった。「大西議員から謝罪の電話があった」と、ヤジを受けた上西小百合議員(日本維新の会)が明らかにした。 ヤジがあったのは、上西議員が衆院総務委員会で質問に立ち、地方の過疎化について言及したとき。「まず自分が産まないとダメだぞ」というヤジを受けたあと、上西議員は苦笑して [全文を読む]

加計学園問題の新展開「前川前次官発言」はここに注目!

文春オンライン / 2017年05月27日07時00分

伝わってないっての! ◆ 大西英男 自民党衆院議員 「(がん患者は)働かなくていい」 NHK NEWS WEB 5月22日 加計学園問題があり、森友学園問題も終わっておらず、「共謀罪」法案では国連特別報告者も巻き込んで紛糾しているというのに、この期に及んで呑気に失言を放つ与党議員がいた。それが大西英男衆院議員だ。 大西氏は今月15日に開かれた自民党の厚生労 [全文を読む]

自民党の若手勉強会騒動で安倍政権の潮目に変化が!?|プチ鹿島の『余計な下世話!』

東京ブレイキングニュース / 2015年06月30日19時21分

経団連などに働きかけしてほしい」(大西英男・衆院議員)とか、「沖縄の二つの新聞社は絶対つぶさなあかん。」(百田尚樹・殉愛)という一連の発言に対し世の中が騒然となっていますが、私はこの騒動を「9月におこなわれる自民党総裁選がもしかしたら盛り上がるのではないか?」という視点で注目したい。 なんでもそうだが、「一強」だけより「対抗」もあったほうが見ていて面白いか [全文を読む]

悪性リンパ腫からリング復帰決意の垣原賢人氏、大西議員の失言を「吹き飛ばす」

スポーツ報知 / 2017年05月26日13時02分

ブログでは「がん患者は働かなくていい、ある議員のこんな言葉を吹き飛ばす意味でもリングで闘いますよ!」と自民党の大西英男衆議院議員(70)の失言を引き合いに出し意気込みを露わにした。 復帰戦で垣原氏は「UWF道場スパーリングマッチ」として藤原喜明(68)と対戦する。25日に大日本プロレスの後楽園大会に姿を見せた垣原氏は「昨日は大日本プロレスさんで、復帰大会『 [全文を読む]

がん患者の就労 治療と両立できる環境作りを

読売新聞 / 2017年05月26日06時09分

職場での受動喫煙に苦しむがん患者に関して、自民党の部会で大西英男衆院議員が放った言葉だ。 後に謝罪し、「喫煙可能の店で無理して働かなくていいとの趣旨だった」と釈明したが、撤回はしなかった。患者団体が「怒りを感じるとともに悲しい」と厳しく非難するのは、当然だろう。 がんと診断される人は、年間100万人に上る。3分の1が20~64歳の働く世代だ。 医療の進歩で [全文を読む]

須藤元気、「がん患者ヤジ」大西議員に抗議 サイトで勝手に「推薦人」掲載

J-CASTニュース / 2017年05月25日19時06分

須藤氏の語る「こういう方」とは、「(がん患者は)働かなくていい」発言で物議を醸した自民党の大西英男衆院議員のことだ。須藤氏は24日、大西氏の公式サイト上で「須藤元気」の名前と推薦文が「無断」で掲載されているとして、大西氏側に抗議していた。 「ほとんど話もしたことがない」 確かに、大西氏の公式サイト上の「推薦人」紹介ページには5月24日時点で、「須藤元気」の [全文を読む]

フォーカス