田中聡のニュース

続発する異常気象、地震は人工的に引き起こされた陰謀なのか?

週プレNEWS / 2014年11月20日06時00分

【陰謀論研究の第一人者・田中聡氏による分析と解説】 天候を誰かのせいにするのはどうかと思いますが、理不尽と思えば説明が欲しくなるのも人の性(さが)です。それに、ある程度は気象操作の技術があるのも事実ですから、まったくナンセンスと決めつけることもできません。 ■東日本大震災は人工巨大地震だった? 近年の“陰謀論ブーム”のきっかけにもなった“3・11人工地震 [全文を読む]

新型インフルエンザもデング熱流行も、すべて医薬業界による金儲けの陰謀だった?

週プレNEWS / 2014年11月19日06時00分

【陰謀論研究の第一人者・田中聡氏による分析と解説】 医薬系の陰謀論が多いのは、人を助けるはずの仕組みが巨大な利潤追求システムであること自体が理不尽で、陰謀を構造化したようなものだからでしょう。 ■デング熱で株価を操作して大儲け? インパクトのある病名の割には、症状が軽かった日本のデング熱。大騒ぎしたのはなぜだったのか? デング熱は、マスコミの反応が過剰だ [全文を読む]

代表取締役・取締役の異動等に関するお知らせ

PR TIMES / 2016年06月08日11時14分

氏名:山内 宏隆(やまうち ひろたか) 新役職名:(退任) 旧役職名:代表取締役 氏名:山村 鉄平(やまむら てっぺい) 新役職名:代表取締役 社長執行役員 旧役職名:取締役 【新代表取締役 略歴】 山村 鉄平(やまむら てっぺい) 1975年(昭和50年)3月27日生 1997年(平成9年)4月 安田生命保険相互会社(現:明治安田生命保険相互会社) 入 [全文を読む]

安倍首相の政策は宇宙人の人類支配のためだった!というトンデモ陰謀論を信じられるか?

週プレNEWS / 2014年11月21日06時00分

【陰謀論研究の第一人者・田中聡氏による分析と解説】 いかにも荒唐無稽(こうとうむけい)ではありますが、レプティリアンという「お話」を抜きにすると、ここにあるのは安倍首相の政策や言動への疑問や疑惑です。 これをすべて“トカゲ宇宙人”の巻き添えにして無視すべきではありません。こんな「お話」でさえ、私たちが政治家の言動に目を向けるきっかけになるかもしれないから [全文を読む]

イスラム国とCIAが実は裏でつながっている!という陰謀論を信じられるか?

週プレNEWS / 2014年11月18日06時00分

【陰謀論研究の第一人者・田中聡氏による分析と解説】 CIAが育てた反政府組織が後に反米に転ずるのは、もともと両者の目的が違うからでしょう。でも、その対立が偽装で、実は裏ではつながっているという陰謀論は数多くあります。 確かにあり得るでしょうが、イスラム国には通用しなさそうです。イスラム国は、第1次世界大戦中に英仏露に勝手に分割された国境などは無意味と考え [全文を読む]

エボラ出血熱の大流行は貧困層の人口減が狙いだった?

週プレNEWS / 2014年11月17日06時00分

【陰謀論研究の第一人者・田中聡氏による分析と解説】 日本では昔から、伝染病は疫病神や怨霊(おんりょう)が広めると考えられていました。幕末にコレラが流行したときには、ペリー艦隊が放した「アメリカ狐(きつね)」が原因だという噂が流れています。見えない伝染病の恐怖は、誰かが犯人だと考えさせやすく流言飛語がつきものなのです。 ただし、だからといって、このエボラに [全文を読む]

ネット社会でますます拡散する“陰謀論”とどう向き合うべきか?

週プレNEWS / 2014年11月11日21時00分

私たちはバカバカしい作り話と笑っているだけでいいのか? 何が真実なのか見えにくい世の中で、怪しげだけどちょっと気になる陰謀論との向き合い方を、陰謀論研究の第一人者である田中聡氏に聞いてみた。 ―このところ、陰謀論が流行しているようですね? 田中 東日本大震災の直後に人工地震説が広まってからというもの、事あるごとに陰謀論が登場するようになっています。 最近で [全文を読む]

マレーシア航空機撃墜の狙いはエイズ研究者の暗殺だった? 世界にはびこる陰謀論の謎

週プレNEWS / 2014年11月10日06時00分

【陰謀論研究の第一人者・田中聡氏による分析と解説】 ウクライナ政府は、親ロシア派側が撃墜した証拠があると発表し、オバマ米大統領もロシア側に事件の責任があるとしてEU諸国にロシアへの経済制裁を呼びかけました。 しかし一方で、証拠は捏造(ねつぞう)だったという説もあり、むしろウクライナ新政府軍がアメリカと共謀して親ロシア派に罪をかぶせるために民間機を撃墜した [全文を読む]

陰謀論の研究、日本を牛耳る田布施システムとは

NEWSポストセブン / 2017年01月06日07時00分

『陰謀論の正体!』の著者・田中聡氏が解説する。 「明治維新後、田布施近隣出身の伊藤博文、木戸孝允、松岡洋右らが政府の要人となり、日本を牛耳っているという説で、『田布施システム』と総称されます。 この説の基盤になっているのが『明治天皇替え玉説』で、明治天皇の即位の裏には、幕末に伊藤博文らによって孝明天皇が暗殺され、当時の周防国熊毛郡田布施村に住んでいた大室寅 [全文を読む]

チーム紹介:米子北高(鳥取)

ゲキサカ / 2017年01月04日16時56分

■過去の全国大会成績 【15年度 第94回(2回戦敗退)】 2回戦 0-3 市立船橋高(千葉) 【14年度 第93回(3回戦敗退)】 1回戦 1-0 昌平高(埼玉) 2回戦 2-1 中京大中京高(愛知) 3回戦 1-2 星稜高(石川) 【13年度 第92回(2回戦敗退)】 2回戦 1-1(PK4-5)青森山田高(青森) 【12年度 第91回(2回戦敗退) [全文を読む]

フォーカス