岩崎弥太郎のニュース

福山龍馬が甦る! 大河ドラマ『龍馬伝』10月放送開始

PR TIMES / 2013年09月26日13時33分

近代日本幕開けの立役者となった坂本龍馬33年の生涯を、龍馬と同時代に生きた経済人、岩崎弥太郎の視点を通して描いた大ヒットドラマ。福山雅治が作り上げた新たなヒーロー像が再び甦ります。 ドラマ・エンターテインメントチャンネル「チャンネル銀河」(チャンネル銀河株式会社:東京都千代田区,代表取締役社長:関本好好)は、10月14日(月・祝)より、福山雅治主演の大河ド [全文を読む]

スズキ、ヤマト、ユニクロ 2代目3代目が伸ばした企業

NEWSポストセブン / 2017年04月29日16時00分

たとえば、三菱は岩崎弥太郎が有名だが、財閥の歴史に詳しい畠山秀樹・追手門学院大学名誉教授によれば、一大財閥に築き上げたのは子孫たちだという。 「岩崎弥太郎は海運業で富を築きましたが、2代目・岩崎弥之助の時代に海運業が国によって三菱から分離されてしまったことからその譲渡資金で多くの炭鉱や金属鉱山を買収し、さらに3代目の久弥の時代に事業部制を取り入れた。そして [全文を読む]

三菱財閥を創業した岩崎家が断絶の危機に

NEWSポストセブン / 2016年05月02日11時00分

三菱は1870年、三井は1673年、最も古い住友は1590年に、それぞれ岩崎弥太郎、三井高利、住友政友という創業者によって産声を上げた。いまや3大グループともに、各社の経営トップに創業家の名前はなく、表向きは創業家の存在感は見えてこない。だが、いまなお厳然と、その威光はある。 それが垣間見えるのが、「三菱開東閣(かいとうかく)」だ。三菱開東閣は伊藤博文の邸 [全文を読む]

【書評】なぜ日本は世界でも群を抜く「老舗企業大国」なのか?

まぐまぐニュース! / 2017年05月04日16時30分

日本電産 田中貴金属工業 福田金属箔粉工業 有心酒造 セラリカNODA イトーヨーカ堂 日本理化学工業 ソニー 本田技研工業 キッコーマン 日本陶器 豊田紡織 住友金属鉱山 松下電器産業 永守重信 徳山孝 野田泰三 大山泰弘 井深大 盛田昭夫 本田宗一郎 藤澤武夫 森村市左衛門 豊田佐吉 伊庭貞剛 安田善次郎 渋沢栄一 岩崎弥太郎 松下幸之助 二宮金次郎 [全文を読む]

【ボクらの維新通信社 連載】東京都写真美術館で幕末から明治の貴重な写真展を開催中!

Walkerplus / 2017年04月26日19時52分

新選組の副局長・土方歳三の有名な洋装写真をはじめ、近藤勇や岩崎弥太郎、徳川慶喜といったメジャー級から、ジョン万次郎撮影と推定される土佐藩参政・吉田東洋、越前の進歩的藩主だった松平春嶽の妻・勇姫、見廻組から音楽の世界に進んだ岩田織部正など、マニアックでレアな人物の写真も多数見ることができる。 当時の日本の風景や歴史的事件の現場写真にも注目したい。文久3年( [全文を読む]

ビールのふるさと札幌で日本のビールの魂に触れる/現地特派員レポート

TABIZINE / 2017年03月10日20時00分

サッポロビールの歴史は意外と古い かのトーマス・グラバーと岩崎弥太郎が発起人となって麒麟麦酒の礎を作るよりも早く、明治9年には札幌の開拓使が日本人による初のビール造りに着手しています。そういうわけで知る人ぞ知るあのサッポロビールの★印は、開拓使のシンボルマークでもあるのです。札幌におけるビールの歴史は意外に深い。 札幌には「サッポロファクトリー」(中央区 [全文を読む]

台湾人が提示する、中国が台湾を「日本の一部」と見なしていた証拠

まぐまぐニュース! / 2016年06月15日19時30分

また、後の三菱財閥を築いた岩崎弥太郎は御用船の手配にあたっている。 続きはご登録のうえお楽しみください(初月無料です) image by: Flickr 『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』より一部抜粋 著者/黄文雄台湾出身の評論家・黄文雄が、歪められた日本の歴史を正し、中国・韓国・台湾などアジアの最新情報を解説。歴史を見る目が変わ [全文を読む]

三菱自動車燃費不正問題 5月13日開催の三菱金曜会に注目

NEWSポストセブン / 2016年05月09日16時00分

1870年に岩崎弥太郎が創業して以来、150年もの歴史を誇る“世界最大の企業グループ”三菱財閥に危機が訪れている。燃費不正が発覚した三菱自動車の処遇をめぐり、グループとしての「重大な決断」を迫られているのだ。 三菱自による燃費不正に対する賠償、補償の費用について、野村證券では最大で約1040億円を要すると試算しているが、この試算は軽4車種だけが対象だ。それ [全文を読む]

三菱系社員の愛社精神を支えるエリート意識、高給、学閥

NEWSポストセブン / 2016年02月24日16時00分

考えてみれば高知は(創業者である)岩崎弥太郎の出身地。三菱の聖地巡りをしたような感覚になったのを覚えています」 中でも愛社精神が強いといわれるのは三菱商事の社員だ。 興味深いデータがある。2010年、企業の年収や口コミ情報などに詳しい情報サイト「キャリコネ」を運営するグローバルウェイが、「企業への愛社度」ランキングを発表した。同社が保有する3700件以上の [全文を読む]

三菱グループ 総売上58兆円で世界一のグループ企業

NEWSポストセブン / 2016年02月22日07時00分

土佐藩が1870年に開いた九十九商会の監督に岩崎弥太郎を任命。三菱財閥創業者である彼は近年、NHK大河ドラマ『龍馬伝』で香川照之が演じて話題となった。 翌1871年、廃藩置県を受けて九十九商会は弥太郎の個人事業となり、1873年に三菱商会と改称した。 その後、弥太郎の16歳下の弟で二代目総帥の弥之助が、買収した高島炭鉱と三菱重工業の礎となる官営長崎造船所を [全文を読む]

日本人自身が気づかずにいる日本の強みとは?佐藤智恵著『ハーバードでいちばん人気の国・日本』(PHP新書)

@Press / 2016年01月15日18時00分

≪本書の内容について……目次より抜粋≫ 参加者に強烈な印象を残す広島での経験/数よりも質で勝負する日本の事例/いまや世界標準は日本の「現場型」リーダーシップだ/オペレーションの教科書として君臨するトヨタ/アメリカより120年前に先物市場をつくった日本/18世紀、日本人の知的水準は圧倒的に高かった/岩崎弥太郎は起業家のロールモデル/日本の官僚の高い倫理観が [全文を読む]

NHK朝ドラで妾論争 商人は妾の存在が店の信用につながった

NEWSポストセブン / 2015年12月01日07時00分

特に商人は妾の存在が店の信用につながり、妾を手放すと“妾を養えないほど店の経営が傾いた”と思われたのです」 岩崎弥太郎や渋沢栄一といった明治の大実業家は妾を持っていた。時代背景を考えれば、作中で妾を持たない新次郎(玉木宏)に“加野屋は大丈夫なのか?”という声が周りからあがってもおかしくないのだ。 現代の感覚で、“女性に囲まれて暮らすなんて羨ましい”と思った [全文を読む]

【地元民に愛される絶品グルメ】高知市で行列ができる明神丸の「カツオの塩たたき」が美味すぎる件

GOTRIP! / 2015年08月30日03時12分

高知と言えば、浜口雄幸や吉田茂などの総理大臣や三菱財閥の礎を築いた岩崎弥太郎などを初め、多くの偉人を輩出している名士の多い場所。そんな有名人がおおい高知において忘れてならない郷土料理の1つがあります。それが「鰹(カツオ)」。 実はカツオの美味しい旬の季節は春と秋の年二回あり、春は黒潮にのって太平洋側を北上する時に獲れたものを「初鰹(ハツガツオ)」といい、秋 [全文を読む]

ご当地アイドル「土佐おもてなし勤王党」の2代目“武市半平太”を公募 ~ 党首“武市半平太”求む! ~

@Press / 2015年03月20日12時30分

土佐おもてなし勤王党かわら版: http://ameblo.jp/kinnoto/ 募集CM: http://www.atpress.ne.jp/releases/58936/att_58936_1.wmv 【土佐おもてなし勤王党の概要】 2011年4月、当時開催されていた「志国高知 龍馬ふるさと博」をPRするため、“坂本龍馬”“武市半平太”“岡田以蔵” [全文を読む]

【半額】学研リレーSALE 『花燃ゆ』を楽しむ幕末関連タイトル半額セール開始!

PR TIMES / 2015年02月20日18時44分

掲載人物:坂本龍馬、武市瑞山、中岡慎太郎、後藤象二郎、岩崎弥太郎、谷干城、長岡謙吉、陸奥宗光、岡田以蔵、那須信吾、久坂玄瑞、三吉慎蔵、小松帯刀販売価格(税抜):通常価格300円→SALE価格150円『幕末志士伝2新選組』幕末志士の評伝シリーズの第2弾。激動の幕末で活躍した人物が手軽にわかるシリーズ。掲載史跡写真はすべて位置情報付き。ワンタップで地図にリンク [全文を読む]

<2月5日>高知県が“東海地方の製造業向け”に名古屋でセミナーを開催 高知県の立地環境や補助制度の情報を提供

@Press / 2015年01月07日14時30分

今年で生誕180年を迎える坂本龍馬や、三菱の創始者・岩崎弥太郎など、企業家から最も尊敬を集める偉人を輩出してきた高知県が東海地方の企業を対象に、全国トップクラスの補助制度や企業立地の取り組みを紹介する『高知県企業立地セミナー in 名古屋』を2月5日にヒルトン名古屋にて開催します。 詳細URL: http://www.kochi-ken.com ■概要 1 [全文を読む]

高知県が関西の企業向けに高知県でのビジネス展開を支援『高知県企業立地セミナー in 大阪』10月28日開催

@Press / 2014年09月25日10時00分

来年で生誕180年を迎える坂本龍馬や、三菱の創始者・岩崎弥太郎など、企業家から最も尊敬を集める偉人を輩出してきた高知県が、関西圏の企業を対象に、全国トップクラスの補助制度や企業立地の取り組みを紹介する『高知県企業立地セミナー in 大阪』を10月28日に大阪新阪急ホテルにて開催します。 詳細URL: http://www.kochi-ken.com ■概要 [全文を読む]

柴咲コウとマイコ「同時のキャスティングはない」と広告関係者

NEWSポストセブン / 2014年09月23日07時00分

マイコは4年前のNHK大河ドラマ『龍馬伝』で、岩崎弥太郎(香川照之)の妻を演じブレイク。その後は「さらりとした梅酒」(チョーヤ)のCMなどに出演する新進気鋭の女優だ。公開中のホラー映画『喰女―クイメ―』で柴咲と共演したばかりで「撮影中の2人は終始和やかなムードだった」(映画関係者)という。 しかし撮影終了後、2人の仲を引き裂く因縁が発覚した。8月11日、 [全文を読む]

ドラマ「半沢直樹」を越える瞬間視聴率を記録した、香川照之の“顔芸”の秘密とは!?

アサ芸プラス / 2014年06月30日09時59分

「香川照之といえば、大河ドラマ『龍馬伝』の岩崎弥太郎から、映画『明日のジョー』の丹下段平役まで個性的な役を一人占めしてきました。今回も『半沢直樹』の大和田常務と被って二番煎じになるんじゃないかと思っていましたが、期待以上でした。歌舞伎役者・九代目市川中車を襲名してますます顔芸に磨きがかかりましたね」(スポーツ誌カメラマン) 歌舞伎役者になり、映画やドラマ [全文を読む]

現代の「坂本龍馬」求む!「土佐おもてなし勤王党」の2代目坂本龍馬を公募~3月15日(土)に高知市内で公開オーディションを実施~

@Press / 2014年02月18日09時30分

土佐おもてなし勤王党かわら版 http://ameblo.jp/kinnoto/ 【土佐おもてなし勤王党の概要】 2011年4月、当時開催されていた「志国高知龍馬ふるさと博」をPRするため、坂本龍馬、武市半平太、岡田以蔵、中岡慎太郎、岩崎弥太郎、瓦版屋りょうの6名で結成。同年7月、こうち旅広場に「『龍馬伝』幕末志士社中」が開館するのにあわせ、ステージショ [全文を読む]

フォーカス