梶尾真治のニュース

気鋭のCGアーティスト田島光二のカバー絵が大迫力!『怪獣文藝の逆襲』刊行

ダ・ヴィンチニュース / 2015年03月26日17時00分

映画化され話題を呼んだ『黄泉がえり』の梶尾真治による「ブリラが来た夜」では、突如現れた怪獣を見た主人公の母が、一族に隠された戦慄の事実を語りだす。怪獣がたたえる悲しみを感じることができる作品だ。 その他にも映画監督・園子温や、現KADOKAWA代表取締役専務・井上伸一郎による初小説など異色の執筆陣をそろえ、且つ人間と怪獣の戦いを真正面から描いた「王道」怪 [全文を読む]

『ショートショート大賞』第2回公募を11月1日から開始 アンバサダーにEXILE橘ケンチ氏が就任

@Press / 2016年11月02日10時30分

審査員長は、第1回に引き続き、芥川賞作家でお笑いコンビ「ピース」の又吉直樹氏から絶賛され、親交が深いショートショート界の旗手、田丸雅智氏、二次審査員は、太田忠司氏、梶尾真治氏、北野勇作氏の豪華作家陣。受賞作の発表は2017年6月を予定しております。 第1回は応募総数7,817篇という多数の応募作品が集まり、大変盛況となりました。なお、2016年12月には [全文を読む]

応募総数4,578篇!第2回「ショートショート大賞」受賞作決定 受賞作品集は書店店頭にて無料配布、大賞授賞者は受賞作を含む単行本を刊行予定

@Press / 2017年06月02日09時30分

』 滝沢 朱音(たきざわ・あかね) 【優秀賞】 『ヤンタマ』 長野 良映(ながの・りょうえい) 〔審査員〕 ・1次審査 協力書店員、キノブックス編集部 ・2次審査 太田忠司(作家)、梶尾真治(作家)、北野勇作(作家) ・最終審査 田丸雅智(審査員長・ショートショート作家)、キノブックス編集部 受賞作品集は協力書店店頭にて無料配布いたします。大賞受賞者は受賞 [全文を読む]

じつは身近にいる?「ホラッチョ」の見抜き方を徹底検証

しらべぇ / 2016年03月22日21時00分

梶尾真治「杏奈は春待岬に」発売中 (@kajioshinji3223) March 17, 2016詳細は不明だが、ショーン・マクアードル川上氏が高校時代「ホラッチョ」と呼ばれていたと証言した同級生もウソをついており、メディアがそれを見抜けなかったのかもしれない。■ウソをついたときに癖を指摘されたある?普通の人間は、ウソをつくときに動揺がでてしまい顔や [全文を読む]

【プレスリリース】「演劇集団キャラメルボックス」の作品が【観劇三昧】で配信決定!

PR TIMES / 2015年12月12日11時51分

近年は、北村薫氏、梶尾真治氏、恩田陸氏、東野圭吾氏など、現代を代表する人気作家の小説を次々と舞台化。「原作の世界をうまく表現しつつ、それでいてキャラメルボックスらしさもある」と非常に高い評価を得ている。(公式HPより抜粋) [全文を読む]

DMM.comで「演劇集団キャラメルボックス」の公演映像配信開始!

PR TIMES / 2015年11月19日11時43分

近年は北村薫氏、梶尾真治氏、恩田陸氏、東野圭吾氏など現代を代表する人気作家の小説も積極的に舞台化している。 ■初回配信公演(11月19日現在) ・TRUTH(1999年版) ・クローズ・ユア・アイズ ・エトランゼ ・ブリザード・ミュージック(2001年版) ・アンフォゲッタブル ・四月になれば彼女は(2002年版) ・賢治島探検記(2002年版) ・サンタ [全文を読む]

DMM.comで「演劇集団キャラメルボックス」の公演映像配信開始!

デイリーニュースオンライン / 2015年11月19日11時00分

近年は北村薫氏、梶尾真治氏、恩田陸氏、東野圭吾氏など現代を代表する人気作家の小説も積極的に舞台化している。■初回配信公演(11月19日現在)・TRUTH(1999年版)・クローズ・ユア・アイズ・エトランゼ・ブリザード・ミュージック(2001年版)・アンフォゲッタブル・四月になれば彼女は(2002年版)・賢治島探検記(2002年版)・サンタクロースが歌ってく [全文を読む]

フォーカス