中野良子のニュース

蘇る!山口百恵「赤いシリーズ」の“衝撃”(2)中野良子が感じた新しい形のアイドル

アサ芸プラス / 2014年05月07日09時58分

新進の女優として注目されていた中野良子は、宇津井健演じる犯罪心理学者の助手として「赤い迷路」に出演した。役名は園田京子である。 以降のシリーズと違い、これまで本作だけソフト化されておらず、今回のDVDマガジンで“再会”を果たしたのだという。 「当時もビデオデッキが普及していない頃だったから、自分のドラマを観るということはほとんどなかったの。今こうして観ると [全文を読む]

50代以上中国人 好きな日本人女優は1位山口百恵2位田中裕子

NEWSポストセブン / 2015年05月21日07時00分

「おしんを見て、日本民族の勤勉さを理解した」(70代・元教師) 「振り返れば、おしんの放送当時が中日友好回復40年のピークだった」(70代・元公務員) 映画「君よ憤怒の河を渉れ」で高倉健と共演した中野良子(64)は4位にランクイン。 「文化大革命が終わって初めて見た映画に彼女が出演していた」(70代・元公務員) 「恋愛とはこんな形(高倉健と中野良子のカッ [全文を読む]

関ジャニ∞横山裕、ファン公認の彼女が漏水で謎の事故

サイゾーウーマン / 2013年09月18日09時00分

同誌によれば横山は10年近く交際しているモデル・中野良子と同棲しており、事件は横山が不在の時間に発生。横山らは被害を受けた下の階の住人に謝罪することもなく、逃げるようにマンションを退去したそうだが、事故原因については謎が残ったままだという。 記事は、横山と同じタワーマンションの住人・黒川遼さん(仮名)の証言から始まる。3月31日の早朝4時、激しい雨のような [全文を読む]

ジョン・ウー監督、『追捕』福山雅治起用の理由明かす「とても笑顔が素敵」

クランクイン! 映画・セレブゴシップ / 2017年04月26日16時27分

映画『追捕 MANHUNT(原題)』は、西村寿行の小説を高倉健、中野良子、原田芳雄らで映画化した『君よ憤怒の河を渉れ』を、ジョン・ウー監督がリメイク。福山雅治と中国のスター、チャン・ハンユーのダブル主演で贈る、制作費4000万ドルをかけたアクション超大作だ。 ウー監督は「日本映画が大好きで、三船敏郎さんや高倉健さんは僕にとってのアイドルでした。高倉さんに [全文を読む]

福山雅治とチャン・ハンユーがダブル主演!高倉健さんの人気映画、大阪でクランクイン―中国メディア

Record China / 2016年06月21日19時20分

また、前作で中野良子を中国のトップアイドルにしたヒロイン・真由美役を中国の女優チー・ウェイ(戚薇)が演じ、原作にはない役で韓国の女優ハ・ジウォンが出演する。 映画ではとにかく「走る」シーンが多いチャン・ハンユーだが、すでにスタートしている撮影について、「毎日、終わったら何もしたくないほどグッタリしている」と語る。2人の格闘シーンでの「本気度」について、福山 [全文を読む]

福山雅治の映画ヒロイン、女優チー・ウェイが「整形疑惑」から「元通り」に―中国

Record China / 2016年03月20日12時30分

中国で79年に公開され、社会現象化するヒット作となった「君よ憤怒の河を渉れ」だが、ヒロイン・真由美役を演じた中野良子は当時、中国人男性の憧れの的となった。このヒロインについて、リメーク作では中国の女優チー・ウェイが起用されている。 今月16日、第20回インターナショナル・フィルム&テレビマーケットで製作発表が行われた際、チー・ウェイも出席。しかしこの時の [全文を読む]

福山雅治とダブル主演のチャン・ハンユー、「人生を左右した映画」のリメーク作に感激―中国

Record China / 2016年03月17日21時20分

「君よ憤怒の河を渉れ」では女優の中野良子が演じ、当時の中国男性の憧れの的となった。それだけに責任重大であることを語っている。(翻訳・編集/Mathilda) [全文を読む]

高倉健 中国人にとって改革開放の到来を告げる記憶そのもの

NEWSポストセブン / 2015年06月02日07時00分

新宿の繁華街で、突如、見知らぬ女性から、「この男に強姦され、強盗された」といった冤罪の汚名を着せられた現役検事(高倉健)が、冤罪を晴らすべく逃避行を繰り広げる中でヒロイン(中野良子)と出逢い、さらに自らを嵌めた政治家の「巨悪」の真相に近づいていく】 それまでのまじめくさった社会主義的プロパガンダ映画に飽き飽きとしていた中国人は、娯楽性のあるスピーディーな日 [全文を読む]

中国人 高倉健風は褒め言葉で横路敬二(田中邦衛)は蔑称

NEWSポストセブン / 2015年05月15日07時00分

山口百恵、栗原小巻、三浦友和、田中邦衛、田中絹代、中野良子、松坂慶子、吉永小百合、田中裕子などは、特に50歳以上の中国人で名前を知らない人はいない。中国人は当時、同じ映画をむさぼるように5回、10回と映画館に通って見続けたからだ。 ただ、そのなかでも高倉健の知名度や影響力は格別だった。高倉健に続くのは「赤い疑惑」が中国で大受けした山口百恵だろうが、社会現 [全文を読む]

緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(6)結婚祝いに贈った200本のバラ

アサ芸プラス / 2014年12月15日09時57分

中野良子は「野性の証明」においても、高倉との“秘めた愛情”を演じている。役柄は姉(二役)を殺戮事件で失い、さらに地方都市の不正を暴くために奔走する新聞記者の役。 「健さんが演じた味沢という男に惹かれてはいるけど、今は2人で過ごす幸せよりも、不正を暴くための時間がほしい‥‥。そんな感情を長セリフではなく表現するために、背筋をピッと伸ばしてみたんです」 中野に [全文を読む]

フォーカス