福井照のニュース

TPP“騙し討ち強行採決“は安倍首相の強い意向だった! 民主主義を無視し嘘を撒き散らす安倍政権の増長

リテラ / 2016年11月04日21時30分

自民党は「強行採決というかたちで実現するよう頑張らせていただく」と発言した福井照議員をTPP特別委の理事から降ろしたが、結局、この言葉は嘘偽りない"本音"だったわけだ。 「党内には強行採決への慎重論や、TPP先送り論もあったようですが、官邸がどうしても成立させたいと強硬だったようです。背景にはもちろん安倍政権に今井尚哉首相秘書官をはじめ経済産業省人脈が入 [全文を読む]

TPP暴言山本農水相辞任問題報じない腐敗メディア[植草一秀]

メディアゴン / 2016年10月22日07時40分

安倍首相は10月17日の国会答弁で、 「我が党(自民党)は結党以来、強行採決をしようと考えたことはない」から、 「強行採決を形で実現するよう頑張らせていただく」という福井照衆院議員の発言が、 「この考え方とは相いれない発言であったから(福井氏)本人が辞職した」と述べている。したがって、佐藤勉議運委員長に対して強行採決を求める発言を示した山本農水相も「この考 [全文を読む]

相次ぐキャスター降板の背景にあるもの…問題視すべきはメディア側の自粛と安倍政権の自信のなさ

週プレNEWS / 2016年04月07日10時00分

*** ─高市総務相の「電波停止」発言に象徴されるように、安倍政権によるメディアへの圧力が強まっていると言われていますが、ファクラーさんはどう捉(とら)えていますか? ファクラー 高市総務相の発言より以前、2014年11月に自民党は福井照報道局長名義で「報道ステーション」に対し要望書を送りつけています。そこには、〈貴社の11月24日放送の「報道ステーショ [全文を読む]

ベトナム最大のジャパンフェスティバル「ジャパンフェスティバル イン ベトナム2015」関連イベント含めて22万人で賑わう」

PR TIMES / 2015年11月16日20時46分

11月13日の日の開会式には、ベトナム側中央政府からは、ディン・ラー・タン交通運輸大臣/越日友好協会会長はじめ、各省の副大臣、ホーチミン市からは、タット・タイン・カン人民副委員長、日本側 岸田外務大臣代理の濱地雅一外務大臣政務官、田中和徳自民党国際局長以下国際局幹部の山際大志郎、木村弥生両衆議院議員、日越友好議員連盟二階俊博会長代理の福井照衆議院議員、深 [全文を読む]

安倍首相 参院選後に「私の名前はアベノミクスで歴史に残る」

NEWSポストセブン / 2015年04月30日16時00分

その6日後の26日、次はテレビ朝日『報道ステーション』24日放送分について、福井照自民党報道局長名で文書を送付。放送法に照らしてアベノミクスの評価について偏った報道があったと“警告”した】 ※週刊ポスト2015年5月8・15日号 [全文を読む]

ウソをついてまで取材拒否の民放局……衆院選“自民党の恫喝”は、どれだけ効いていたか?

日刊サイゾー / 2014年12月15日22時00分

自民党は、解散前日の11月20日付で「選挙時期における報道の公平中立ならびに公正の確保についてのお願い」(同党筆頭副幹事長・萩生田光一氏および報道局長・福井照氏の連名)という要望書をNHKおよび在京民放テレビ局に渡していた。 その内容は「出演者の発言回数や時間」「ゲスト出演者の選定」「テーマ選び」「街頭インタビューや資料映像の使い方」などで、要は「自民党に [全文を読む]

自民党選挙報道要望書、自粛し騒ぎ立てるマスコミの異常さ 言論の自由侵害に該当せず

Business Journal / 2014年12月02日21時00分

自民党がNHK及び在京民放テレビ局に対し、衆議院解散前日の11月20日付で「選挙報道の公平中立」などを求める要望書「選挙時期における報道の公平中立ならびに公正の確保についてのお願い」(同党筆頭副幹事長・萩生田光一氏および報道局長・福井照氏名)を渡していたことが判明し、波紋を呼んでいる。その内容は「出演者の発言回数や時間」「ゲスト出演者の選定」「テーマ選び」 [全文を読む]

民放夜のニュース番組、出演者への発言自粛要求発覚 驚愕の自民党選挙報道要望の全文流出

Business Journal / 2014年12月02日09時00分

自民党がNHK及び在京民放テレビ局に対し、衆議院解散前日の11月20日付で「選挙報道の公平中立」などを求める要望書「選挙時期における報道の公平中立ならびに公正の確保についてのお願い」(同党筆頭副幹事長・萩生田光一氏および報道局長・福井照氏名)を渡していたことが判明し、波紋を呼んでいる。その内容は「出演者の発言回数や時間」「ゲスト出演者の選定」「テーマ選び」 [全文を読む]

安倍政権、危険な恫喝&言論弾圧体質が露呈 自民党の選挙報道“要望”に屈するテレビ局

Business Journal / 2014年11月30日15時00分

自民党がNHK及び在京民放テレビ局に対し、衆議院解散前日の11月20日付で要望書「選挙時期における報道の公平中立ならびに公正の確保についてのお願い」(同党筆頭副幹事長・萩生田光一氏および報道局長・福井照氏の連名)を渡していたことが判明し、波紋を呼んでいる。その内容は「出演者の発言回数や時間」「ゲスト出演者の選定」「テーマ選び」「街頭インタビューや資料映像の [全文を読む]

「政権与党の報道介入に強く抗議する」民放労連が「自民要請」に声明を発表(全文)

弁護士ドットコムニュース / 2014年11月29日00時43分

民放労連の抗議声明の全文は以下のとおり ●民放労連委員長談話・政権政党による報道介入に強く抗議する 2014年11月28日 日本民間放送労働組合連合会(民放労連) 中央執行委員会 中央執行委員長 赤塚 オホロ 衆院解散前日の11月20日付で、自民党総裁特別補佐の萩生田光一筆頭副幹事長と福井照自民党報道局長の連名で、「選挙時期に一層の公平中立な報道」を求め [全文を読む]

フォーカス