斎藤茂吉のニュース

「また行きたい温泉」3位湯布院、2位草津…ぶっちぎり11年連続の1位は?

BizLady / 2017年02月17日18時00分

昔から湯治としても利用されていて、明治の文人、斎藤茂吉も高湯を愛したひとりとのことです。ゆっくりのんびりと行きたい温泉ですね。 2位は秋田県の「乳頭温泉」、3位は長野県の「白骨温泉」と続きますが、いずれも満足した人は95%と以上と高い確率で、温泉地としての質の高さがわかります。 以上、日本の温泉事情でしたが、いかがでしょうか? まだまだ寒い季節が続きます [全文を読む]

埋蔵金の鹿島清兵衛 15歳の名妓ぽん太と恋仲になり凋落

NEWSポストセブン / 2017年01月15日16時00分

歌人の斎藤茂吉は『三筋町界隈』で、写真で見たぽん太の印象を〈世には実に美しい女もいればいるものだと思い、それが折にふれて意識のうえに浮きあがって来るのであった〉と記している。 大阪の借家に暮らしはじめた清兵衛とぽん太だったが、食い詰めて東京に戻り、1907年に本郷で春木屋という写真館を開く。しかし再起はできなかった。 清兵衛とぽん太は12人の子どもに恵まれ [全文を読む]

太平洋戦争開戦時の日本人心理

クオリティ埼玉 / 2016年12月09日12時04分

「ああその恫喝 ああその示威 ああその経済封鎖 ああそのABCD(注・米英中蘭のこと)線 笑うべし 脂肪過多デモクラシー大統領が 飴よりもなお甘かりけん 昨夜の魂胆のことごとくは アメリカ太平洋艦隊は全滅せり!(以下略)」 三好達治がこんな激しい調子の詩を作ったことは意外だが、それはアララギ派の歌人、斎藤茂吉についても言える。「何なれや心おごれる老大の耄碌 [全文を読む]

「ダメなおじさん役似合いすぎ!」松田龍平が、貧乏で屁理屈ばかりこねて居候する残念なおじさんを演じる映画『ぼくのおじさん』

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月06日17時00分

歌人・斎藤茂吉の次男として生まれた北は、遠藤周作らと共に戦後の日本文壇を代表する作家の一人であり、芥川賞も受賞した作家だ。『ぼくのおじさん』では、そんな北の持ち前の上質なユーモアセンスが存分に発揮されている。 物語は、小学4年生の雪男が作文を書くところから始まる。題して「ぼくのおじさん」。雪男のおじさんは、家に居候している残念なインテリ。万年床でゴロゴロ [全文を読む]

『イチロー 会見全文』『小池一夫のキャラクター創造論』など話題作が50%OFFセール!! 9/14~25までKindleストアにて開催中!!

DreamNews / 2016年09月15日17時00分

◆こんな人におすすめ ・毎日、会社出勤、学校が憂鬱に感じる…・心配性だと感じている・いまいち人生がぱっとしない・目標を失いがちになっている・最近、なんとなくうつ病かなと感じる・日々のモチベーションをあげたい・自分に合う、良い習慣術を覚えたい 【目次】◆1章 あなたが、つい「クヨクヨ」してしまう理由心配性の原因がわかれば、前向きになれる動物は、もともと心配 [全文を読む]

『「いい人だけどグズ」を直したい人が読む本―仕事・人間関係のクヨクヨを晴らす考え方』(斎藤茂太=著)が、Kindleストアなど6電子書店で配信開始! 共感と元気をくれる“モタさん”のアドバイス集大成!

DreamNews / 2015年10月26日17時30分

歌人・斎藤茂吉の長男、作家・北杜夫は実弟。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) ―― 2013年9月18日(水)オープン!! ――ゴマブックスがプロデュースする電子書籍投稿サイト『BookSpace(ブックスペース)』http://www.ebksp.jp/ 【会社概要】会社名:ゴマブックス株式会社代表者:代表取締役 赤井 仁所 [全文を読む]

『青空文庫POD』8月刊行は116作品、348製品~坂口安吾、小酒井不木などの作品を中心に~

PR TIMES / 2015年08月06日10時03分

上記著者の他に、桑原隲蔵、小泉節子、小出楢重、甲賀三郎、高祖保、幸徳秋水、小金井喜美子、木暮理太郎、小島烏水、小寺菊子、小林一三、小林多喜二、斎藤茂吉、酒井嘉七、堺利彦の作品も含めました。『青空文庫POD』は、8月刊行分で累計1,084点、3,252製品となりました。1万2,000点以上の登録作品の中から、可能な限り全タイトルの発行を目指します。【2015 [全文を読む]

著名歌人の短歌を取り上げ解説しながら人生を語るエッセイ集

NEWSポストセブン / 2015年04月13日16時00分

【書籍紹介】『人生の節目で読んでほしい短歌』永田和宏/NHK出版新書/820円+税 若山牧水、斎藤茂吉から俵万智、そして著者自身による計100首以上の短歌を取り上げ解説しながら人生を語るエッセイ集。大きなテーマは若き頃、充実期、老いた後の3つ。それぞれ恋愛、労働、死別など、誰もが体験する場面を歌った秀歌が紹介される。 ※週刊ポスト2015年4月24日号 [全文を読む]

近代批評確立した小林秀雄 全身全霊で祖国の戦争に加わった

NEWSポストセブン / 2015年04月03日07時00分

詩人の三好達治は、真珠湾奇襲成功を祝した詩を発表し、歌人の斎藤茂吉は『何なれや心おごれる老犬の耄碌国を撃ちしてやまん』、会津八一も『ますらをやひとたびたてばイギリスのしこのくろふねみづきはてつも』と歌った。文芸評論家の富岡幸一郎氏が、文学者たちの言葉を読み解いた。 * * * それは詩人や歌人ばかりではなく、西洋文学を深く受容して、近代批評を確立した小林秀 [全文を読む]

老舗でいただく絶品の味!『和樂』厳選「うなぎ」の名店5軒

Woman Insight / 2014年06月27日11時30分

歌人・斎藤茂吉さんが息子さんのお見合いをしたのはこのお店。その際、後に息子さんの妻となった美智子さんがうなぎを残したのを見て、「食べないなら自分が食べる」と2人前食べたというエピソードが残っています。こちらのうなぎは、煙をつけすぎないよう気をつけている繊細な仕上がり。タレも甘すぎず辛すぎない品のよいお味。 (住所)東京都中央区銀座8-14-7/(電話)03 [全文を読む]

歴史に名を残す文学者が愛し、落語家たちが通う老舗そば店

ぐるなび / 2014年06月09日12時10分

歌人・斎藤茂吉が歌に詠んだほか、森鴎外、坪内逍遙、樋口一葉といった歴史に名を残す文学者たちにも愛された名店。 彦いちさんは、落語家は「せいろを食べなければいけない」決まりになっていると「正論?」を語り、「せいろ」を注文する。信州黒姫高原の霧下そばが使われている。運ばれてくると彦いちさんは、ワサビをつゆに入れずにそばにつけるという「粋な江戸っ子流儀」で食した [全文を読む]

芥川龍之介らが眠る霊園巡り “墓マイラー”が推奨ルート紹介

NEWSポストセブン / 2013年07月22日07時00分

近くには小説の神様志賀直哉、歌人斎藤茂吉と精神科医・茂太親子が眠っている。 周囲には上野英三郎の墓と忠犬ハチ公碑があり、紅葉が彫られた洒落た花受けがあるのは『金色夜叉』の尾崎紅葉。さらに犬養毅元首相、乃木希典、中江兆民などの有名人の墓が集まっている。 静謐でゆったりと時間が流れる霊園や墓地は都会のオアシスだ。マナーを守り、安らかな気持ちでお参り&お散歩をし [全文を読む]

フォーカス