緑川静香のニュース

映画「シュールな男」2015年9月29日19時~ TOHOシネマズ日本橋にて特別上映舞台挨拶を実施します!

DreamNews / 2015年09月28日17時00分

企画・主演を務めた渋江譲二が制作秘話について語ります!またゲストには川野直輝、林剛史、緑川静香も登壇!超豪華舞台挨拶にぜひお越しください!企画・主演を務めた、渋江譲二が本作人の制作秘話を大公開!またゲストには川野直輝、林剛史、緑川静香も登壇!超豪華舞台挨拶にぜひお越しください! ■マスコミ受付時間■日時:2015年9月29日18:00~18:50場所:TO [全文を読む]

人気モデル・緑川静香の語る極貧生活がスゴすぎる 「幸せになってほしい」「まさにシンデレラ」

AOLニュース / 2015年09月10日17時00分

9月8日夜に放送された日本テレビ系の人気トークバラエティ『解決!ナイナイアンサー』に、モデルの緑川静香(27)が登場。番組中で語った幼少期の極貧生活に、視聴者からの注目が集まっている。 「実家にお金がない!芸能人ホンネ座談会」と銘打たれたこの日、「5歳の時に父が蒸発しまして、そこから、もっともっとどんどん貧乏になり、食べるものも家もなくなり...っていうこ [全文を読む]

~dポイント、はじまる。~ポイントカードを有効活用!経済アナリスト・森永卓郎さんとポイント芸人・ユウキロックさん直伝、とっておきの節約術スペシャル!

PR TIMES / 2015年12月03日10時01分

12月3日(木)は、経済アナリスト・森永卓郎さんとポイント制度に詳しい芸人・ユウキロックさんをお呼びし、貧乏話で話題の緑川静香さんと共に、ここでしか聞けないとっておきの節約術をお聞きします。さらに関西を代表する10代ギターロックバンドの「Shout it Out」が登場。「未確認フェスティバル2015」で3,254組の中からグランプリを獲得し華々しくデビュ [全文を読む]

アンガ田中「だから女は嫌!」貯金額をバラされ落胆

日刊大衆 / 2017年02月20日21時00分

自身の貯金額を女優の緑川静香(28)、千鳥の大悟(36)とノブ(37)に明かし、驚かせる場面が見られた。 この日は“酉年! 千鳥! 焼き鳥100本旅”と題され、田中ら4人が焼き鳥とお酒を楽しみながら、ぶっちゃけトークを展開した。1軒目の焼き鳥店で“9頭身貧乏女優”と自己紹介した緑川は、幼い頃に貧しかったため雑草やコオロギを食べたエピソードを披露し、現在も一 [全文を読む]

AKBに仮面女子「貧乏アイドル座談会」ボンビーガール伝説を激白!

日刊大衆 / 2016年10月24日20時00分

緑川静香(以下、緑川) ボリボリボリ。あ~、それ可哀相。その点、うちは学校からは遠かったからバレずに済んでました。――開始早々、お菓子をすごい勢いで頬張っている緑川さんは、どんな家に住んでいたんですか?緑川 すいません、つい! 私は、赤の他人の家の3畳の物置に住んでいました。5歳のときに父が蒸発して社宅を出ることになって、母が「ここなら住めそう」という場所 [全文を読む]

ヘリで旅行、競走馬10頭所有の「誰も勝てない」ハイレベル・セレブアイドル

messy / 2015年10月15日17時00分

10日放送『セレブとビンボー』(フジテレビ系)に登場した“貧乏アイドル”緑川静香が激安グルメの店を巡り、“食レポ”に初挑戦。幼い頃、肉はゴムの味がすると母親に言いくるめられていたことを回想しながら焼肉を食べ、その美味さに涙を浮かべるなど、純粋なリアクションに共演者たちからは絶賛の声が上がり、ネット上でも「この子のリアクションは本物だ!」「キャラじゃなくて、 [全文を読む]

「ひとりエッチしないと落ち着かない」現役グラドル、朝晩2回の自慰行為を告白!

メンズサイゾー / 2015年10月09日17時00分

ネクストブレイク候補として、グラドルの西村麻依(25)、タレントの安藤あいか(31)、女優の緑川静香(27)らが登場した。その中でもインパクト抜群だったのが夏目花実(なつめ・はなみ/21)だ。 過去に「6人の男性との愛人関係がありました」と話した西村や、元カレに「3時間クンニされた」ことがあるという安藤、5歳のときに父親が蒸発したために壮絶な貧乏生活を送っ [全文を読む]

芸能界の貧乏女王、その背後には…

NewsCafe / 2015年10月07日16時00分

その一方で、「壮絶体験をしてきただけに、あまり物事に動じない風間を驚かせたのが、貧乏女優の緑川静香(27)です」とは女性誌ライター。 緑川は理想の9頭身スタイルで人気の女優だが、「有吉ジャポン」(TBS系)や「解決!ナイナイアンサー」(日本テレビ系)などのバラエティーで披露する幼少期の貧乏話が注目を浴びている。 「決定打だったのが『明石家さんまのコンプレ [全文を読む]

フォーカス