太田幸司のニュース

元祖甲子園のアイドル・太田幸司氏 当時の人気を振り返る

NEWSポストセブン / 2015年08月05日07時00分

今夏の甲子園は早稲田実業の怪物1年生・清宮幸太郎フィーバーが必至だが、「元祖・甲子園のアイドル」といえば三沢高(青森)の太田幸司氏である。1968年夏、1969年春と甲子園に出場したが、人気に火をつけたのは1969年夏の決勝、松山商業(愛媛)の熱戦だろう。延長18回と、翌日の再試合を1人で投げ抜き準優勝。美少年エースの熱投に日本中の女性ファンが熱狂した。太 [全文を読む]

【プロ野球】米政権交代。そのとき日本の野球に何が起こった!? 今季も大記録や名勝負が生まれる予感!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月12日17時05分

試合は松山商の井上明、三沢の太田幸司の投げ合いとなり、18回が終わって0対0。大会規定により引き分け再試合となった。翌日の再試合も太田はひとりで9回を投げ抜いたが4対2で敗れ、松山商が優勝を飾る。この大会で太田幸司は熱狂的な「コーちゃんブーム」を巻き起こし、元祖甲子園アイドルとなった。 トランプ大統領が就任した2017年は、はたしてどんなことが起こるのであ [全文を読む]

ヤクルト・寺島が挑むエースへの道…高卒で「18」を背負った投手

ベースボールキング / 2016年11月30日12時45分

上でも挙げた松坂大輔(西武)や、太田幸司(近鉄)など、甲子園を沸かせた投手が入っているのもひとつの特徴である。 一方で、日本ハムとソフトバンク、そして広島。この3球団は、逆に高卒新人に「18」を与えることはしていない。現在ドジャースで活躍する前田健太も、実は広島での1年目は「34」を背負っており、「18」を背負ったのは佐々岡真司が引退した翌年の2008年か [全文を読む]

【オリックス】「KANSAI CLASSIC 2017」のOBゲストに福本豊氏、山田久志氏ら

ベースボールキング / 2017年04月19日17時28分

▼4月28日(金) 太田幸司氏(近鉄バファローズOB) ▼4月29日(土・祝) 藤原満氏(南海ホークスOB) ▼4月30日(日) 有田修三氏(近鉄バファローズOB) ▼5月5日(金・祝) 山田久志氏(阪急ブレーブスOB) ▼5月6日(土) 福本豊氏(阪急ブレーブスOB) ▼5月7日(日) 長池徳士氏(阪急ブレーブスOB) [全文を読む]

角谷賞(MVP)は兵庫ディオーネ里綾実選手が初受賞!

PR TIMES / 2016年12月04日13時14分

★優勝チーム:兵庫ディオーネ・優勝監督賞:碇美穂子・優勝コーチ賞:川口知哉・優勝選手賞:兵庫ディオーネ選手全員・優勝スタッフ賞:武井風果[画像2: http://prtimes.jp/i/12652/52/resize/d12652-52-912634-0.jpg ]《リーグ部門》角谷賞:里綾実(兵庫ディオーネ)最優秀新人賞:中田友実(兵庫ディオーネ)新人 [全文を読む]

みちのくの玄関にふさわしい風格漂う洋館駅舎!白河駅(東北本線)【訪ねて行きたい鉄道駅舎 第2回】

サライ.jp / 2016年09月14日17時00分

[/caption] 余談だが、東北の高校で甲子園優勝旗に最も近かったのが1969年(昭和44)の青森県立三沢高校で、決勝戦はあの太田幸司の力投で延長18回引き分け再試合の結果、松山商業に敗れて準優勝となった。その時の準優勝旗も、奥羽本線経由の特急『日本海』で青森県に行った。 だから、今でも優勝旗はこの白河駅を越えていないのである。 【JR東北本線 白河駅 [全文を読む]

角谷賞(MVP)は京都フローラ植村美奈子選手、兵庫ディオーネ大山唯選手が初受賞!

PR TIMES / 2015年12月06日10時06分

★優勝チーム:京都フローラ・優勝監督賞:新原千恵・優勝コーチ賞・・・朝井秀樹・優勝選手賞・・・京都フローラ全員・優勝球団代表者賞・・・萩原麻子《リーグ部門》[画像3: http://prtimes.jp/i/12652/35/resize/d12652-35-523978-3.jpg ]角谷賞(MVP)投手部門:植村美奈子(京都フローラ)角谷賞(MVP)打 [全文を読む]

阪神80年で前祝い、球団史上唯一の“85年日本一”トリビア

週プレNEWS / 2015年09月16日06時00分

85年の優勝メンバーでいえば“和製トラボルタ”こと中田良弘、“球界のマッチ”こと池田(当時は痩せていた)、真弓明信というスリートップがいたし、それ以前にも田淵(太る前)、古沢憲司、エモやん、小林繁、太田幸司などそうそうたるメンツがいた。むしろ顔で獲っていたんじゃないかと疑いたくなるほどだ。 じゃあ、なぜ“阪神顔”のイメージはイケメンとはかけ離れているのか。 [全文を読む]

『高校野球100周年100戦!』8月4日(火) ぴあ株式会社より緊急発売!

PR TIMES / 2015年08月02日17時04分

[画像2: http://prtimes.jp/i/11710/93/resize/d11710-93-728335-1.jpg ]【スペシャルインタビュー:私が選ぶ甲子園名勝負】●中村順司(元PL学園野球部監督)●太田幸司(野球解説者)●衛藤美彩(乃木坂48)●松村邦洋(お笑いタレント)●植草貞夫(元朝日放送アナウンサー)[画像3: http://prt [全文を読む]

汗と涙のあの夏の物語 日販限定流通商品『甲子園100年物語』を販売

DreamNews / 2015年07月28日10時30分

不運のエース太田幸司、「怪物」と呼ばれた江川卓、バンビこと坂本佳一、荒木大輔、桑田真澄・清原和博のKKコンビ、5打席連続敬遠の松井秀喜、平成の怪物・松坂大輔など、甲子園から生まれたスター選手は数知れません。本商品は、名監督として名高い常総学院の木内幸男元監督と、その教え子である元プロ野球選手の仁志敏久による師弟対談や、阪神の若きエース藤浪晋太郎の独占インタ [全文を読む]

フォーカス