斉藤仁のニュース

「斉藤仁」が命を削り家族に遺した柔道家の魂 妻は亡き夫への誓いを胸に生きていく

東洋経済オンライン / 2017年04月24日10時00分

彼の名は斉藤仁さん、享年54。ロサンゼルス、ソウルと2大会連続、オリンピックで金メダルを獲得する偉業を達成した斉藤さんの葬儀には、歴代のメダリストを始め、多くの柔道関係者が訪れ、その早すぎる死を悼んだ。■恋に落ちた2人だが、結婚したら人生劇変!今夜24日のオンエアに登場するのはその妻、三恵子さん(52)だ。三恵子さんは現在、大阪で暮らす。亡くなって2年が過 [全文を読む]

急逝の斉藤仁氏 相手に配慮し顔を潰すまいと昼から酒席参加

NEWSポストセブン / 2015年01月28日16時00分

ロサンゼルス、ソウルと2大会連続五輪金メダリストの柔道・斉藤仁氏が1月20日、がん性胸膜炎のため急逝した。享年54。全日本柔道連盟の北田典子理事は早すぎた死を悼む。 「オンとオフのメリハリがしっかりしていた人でした。稽古では厳しいが、みんながその人柄を慕っていました。座右の銘は『剛毅木訥(ごうきぼくとつ)仁に近し』。まさにそのものの柔道家でした」 国士舘大 [全文を読む]

日本柔道、無能・篠原前監督の「精神論押し付け」で崩壊から奇跡の復活!井上康生の神指導

Business Journal / 2016年08月19日07時00分

さらに、15年1月には柔道界の精神的支柱だった斉藤仁が死去、引退して参議院議員となっていた谷亮子氏は12年と15年に二度も不倫疑惑を報じられるなど、日本柔道の威信が崩されるような出来事が続いた。そんな中での日本柔道の再浮上は、「井上監督の理知的な指導によるところが大きい」(フリージャーナリスト)という。●天才肌の篠原信一は監督としては無能?「井上監督は就 [全文を読む]

リオ直前!あの「五輪ヒロイン」が語る灼熱の激闘秘話!(3)「柔道・山口香<ソウル>」

アサ芸プラス / 2016年07月31日17時56分

最後に斉藤仁さんが95キロ超級でようやく金メダルだったけど、それでもムードは“お通夜”みたいだったわね。──女子が健闘しても?山口 まだ公開競技だし、男子は背負ってきたものが違うから。これがオリンピックなんだなって思った。──ところで「女三四郎伝説」として、計量でリミットを超えると、全部脱いで臨んだという話がありますが。山口 うん、1回だけね。まあ、脱いで [全文を読む]

「がん」による若死、なぜ激増?肉・卵・牛乳等の高脂肪=食の欧米化が原因か

Business Journal / 2015年11月26日06時00分

・1月20日:斉藤仁さん(54歳)胆管がん…ロサンゼルス五輪、ソウル五輪の95キロ超級の柔道金メダリスト・5月2日:柳生真吾さん(47歳)咽頭がん…テレビ番組『趣味の園芸』(NHK)のキャスター、父は俳優の柳生博さん・5月22日:丸山夏鈴さん(21歳)転移性肺がん…タレント・5月22日:大内義昭さん(55歳)食道がん…音楽プロデューサー、『愛が生まれた日』 [全文を読む]

世紀の誤審で敗れた篠原信一 「弱いから負けた」発言の真意

NEWSポストセブン / 2015年06月08日11時00分

山下泰裕監督や斉藤仁コーチの猛抗議にもかかわらず判定は覆らない。表彰台で銀メダルをかけ、うなだれる篠原の姿を見て、日本中が言い知れぬ虚脱感に覆われた。あれから15年。男子柔道日本代表監督も経験した篠原は、あの時のことをどう語るのか。 ──試合終了後、「弱いから負けた」といいました。 篠原「投げた瞬間、僕はガッツポーズして、『よし、一本や』って審判にいったと [全文を読む]

谷亮子、2度目の不倫疑惑 不透明な議員活動、父親の再逮捕…イメージダウンに柔道界落胆

Business Journal / 2015年03月27日06時00分

追い打ちをかけるように、今年1月には日本を代表する柔道家の斉藤仁さんが亡くなってしまい、求心力が弱まっています。女子柔道界の一番の功労者が亮子なのは疑いようがありませんが、議員になってからの活動は不透明な上、これではイメージダウンもいいところでしょう。実際、著書などを通じて柔道界の改革を訴えている、バルセロナオリンピック銀メダリストの溝口紀子さんや、全日本 [全文を読む]

内柴正人 「懲役5年」の獄中手記をタブー公開

アサ芸プラス / 2014年11月06日09時57分

現役時代に喫煙したことに触れ、禁煙を勧める全日本柔道連盟強化副委員長の斉藤仁氏にたてついたことも書いている。 スポーツ紙記者が言う。 「内柴の身の潔白や柔道界で常習的に行われてきた暴力やイジメ、明るみに出ていない不祥事を暴露する本の出版も企画しているという話があり、柔道界も戦々恐々としています」 確かに、暴露の可能性は否定できない。何せ、自身が性犯罪を犯し [全文を読む]

「妻の使用済みパンツをこっそり嗅ぐ」石井慧の性癖にドン引き!!

messy / 2014年03月03日18時00分

その一方で、「オリンピックのプレッシャーなんて、斎藤先生(斉藤仁・男子代表監督)のプレッシャーに比べたら屁の突っ張りにもなりません」「金メダルはモハメド・アリのように川に捨てます」などのエッジの効いた発言でも注目を浴びていた。また、2010年には4歳年下の女子大生と交際3カ月の超スピード婚をしたが、アメリカを拠点に活動する石井と日本で生活する元妻の間ですれ [全文を読む]

7年後の東京五輪で金メダルが期待できる将来のエースを紹介

NEWSポストセブン / 2013年09月08日07時00分

希望の光はロス、ソウル両五輪で金に輝いた、全日本柔道連盟の斉藤仁強化委員長の次男・斉藤立(たつる)である。 「今年2月の近畿小学生大会の小学5年生無差別級で圧倒的な強さで優勝した。身長166センチ、体重100キロと斉藤ジュニアの将来は有望。ニッポン柔道復権にむけて、強化委員長が自ら仕込んだ秘蔵っ子です(笑い)」(スポーツ紙記者) “金の卵”たちが日の丸を背 [全文を読む]

フォーカス