新田義貞のニュース

【衝撃】あまりにも不思議すぎる! 本当に存在する日本の変な祭8選

ヨメルモ トリビアニュース / 2017年04月11日06時00分

祭の規模自体はそこまで大きくないが、この場所はかつて新田義貞の妻・勾当内侍(こうとうないし)が、新田義貞の戦死の一報を聞いて悲しみのあまり発狂し、琵琶湖に身を投げて死んだ土地とされていて、勾当内侍を偲んで気が狂った真似をしようということから始まったのだといいます。 なぜ「偲ぶ=気が狂った真似をする」という解釈になったのかはわかりませんが……。 祭の内容は、 [全文を読む]

ロト7で8億連発…“東村山トライアングル売り場”の強運

WEB女性自身 / 2013年09月11日07時00分

また新田義貞がここに陣を張り幕府軍と合戦したといわれており、『将軍塚』がいまも残っています」 と、風水建築家の山下剛さんは言う。新田義貞は群馬県の一介の地方武士から鎌倉幕府を倒し後醍醐天皇の信任を受けるようになった立身出世の人。その”大勝利”の足がかりとなった場所が『将軍塚』だ。 記者が現場を訪れると、昼でも鬱蒼とした雑木林。その先に忽然と石碑が現れる。背 [全文を読む]

まちづくりの拠点になる開放的な空間&絵本・児童書が充実! 太田市美術館・図書館の魅力

ガジェット通信 / 2017年04月28日10時00分

鎌倉・南北朝期の武将・新田義貞の居城だった金山城から太田の街を俯瞰したような詩で、「工場」や「ショッピングモール」、さらには「飛行機」といったフレーズが織り込まれ、太田の歴史と現在が凝縮された格好。館内では、前野氏の歌も流されています。 1Fから2Fに至るスロープには、前述した清水が1930年に出した詩集『霜害警報』のまえがきが大きく描かれています。この字 [全文を読む]

始まりは文字通り「講談」。知られざる講談社・創業者の偉業

まぐまぐニュース! / 2017年04月20日19時20分

そもそもわが祖は一族たる、新田義貞朝臣(あそん)に従ひて、元弘(げんこう)建武(けんむ)に戦功あり。 といった名調子を交えて、仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌の数珠を持ち、犬塚、犬飼など「犬」の字を含む苗字を持った8人の若者たちが善を助け悪を懲らしめる冒険物語が展開される。彼自身、高等小学校で先生から『八犬伝』の話を聞いたことがきっかけになって、何度も読み [全文を読む]

スバルに受け継がれる、東洋最大の飛行機会社を作った男の遺志

まぐまぐニュース! / 2017年04月08日08時00分

反対していた祖母も、「この中島の家は、元々新田義貞にもゆかりのある土地柄の家じゃ。海軍将校の卵が出たとは、お国にご奉公できて、忠臣の義貞公もお喜びであろう」と相好を崩した。 「よし、次は飛行機だ」 しかし、知久平が在学中に、日露戦争が勃発し、日本の陸軍がロシアの大軍を満洲の地から駆逐してしまった。「もう、おれが馬賊になる出番はない」と思った知久平は、不屈の [全文を読む]

「公」のために生きた楠木正成を見直し、その世界にひたる「楠木正成ゆかりの地を訪ねて」旅行参加者募集中です

PR TIMES / 2017年02月06日13時45分

鎌倉大仏(高徳院)の参拝・境内散策後、鎌倉時代末期、幕府軍と対峙した新田義貞の鎌倉入りの難所となった稲村ケ崎を訪れます。この地は海に面した断崖で、軍勢が通ることを阻んでいましたが、義貞が天皇への忠節を祈って剣を奉じたところ、潮が引いたとの言い伝えが『太平記』に表記されています。その後、鎌倉へ。北条氏滅亡の地・東勝寺跡や鎌倉幕府初代将軍・源頼朝ゆかりの鶴岡八 [全文を読む]

TVは勉強の敵にあらず。家族で「大河」を観る子は勉強が好きになる

まぐまぐニュース! / 2016年09月07日19時00分

足利尊氏、新田義貞、後醍醐天皇、楠木正成、高師直など、個性豊かな歴史上の人物が次々と登場して、鎌倉時代から南北朝時代を経て室町時代に至るまで、わくわくしながら見たものでした。足利尊氏に興味を持ち、関連する本も何冊か読みました。一年間見ていると、その時代についてかなりくわしくなります。 大事なのは、よい番組を選んで見ることです。そのためには、そのときたまたま [全文を読む]

尊氏はこんなにムチャクチャだった。学校で教えてくれない南北朝時代

まぐまぐニュース! / 2016年02月17日08時00分

さらに北陸には新田義貞の一族が、京都を睨んでいた。このように南朝は吉野を中心に、全国的なネットワークを構築して、北朝と対峙していたのである。 次ページ>>さらに結束を強める南朝と、内紛・謀略・裏切りに明け暮れる足利一族 「城兵も、戦闘のあいまにこれを写しては読み」 加えて、南朝には「天皇を国家統合の中心とし、その愛民の精神を文武の官が体して政治を行う」と [全文を読む]

なんだこれは!馬を背負った武士の銅像に隠された真実!

Business Journal / 2015年08月31日06時00分

これは、正慶2(1333)年に新田義貞が「鎌倉攻め」をした時の戦死者とみられるが、馬の体高を復元したところ、結果は平均130センチだったという。 つまり、源平合戦時代の武将が乗っていた馬は、ポニーのような小型馬であり、現代の私たちがイメージするサラブレッドとはかけ離れた姿だったのだ。しかし、銅像にする際には、それでは迫力が足りないと考えたのか、現代のサラブ [全文を読む]

新感覚操作型タワーディフェンスゲーム『戦国ディフェンス』4日間限定スペシャルイベント「すみ姫のホワイトデープレゼント回収計画」を実施!【トランスコスモス株式会社】

DreamNews / 2015年03月13日14時00分

・ステージ4ボス:冠位十二階 報酬:銅銭2,000枚・ステージ14ボス:平将門 報酬:復活の御札・ステージ18ボス:源義経 報酬:銅銭5,000枚・ステージ27ボス:藤原道長 報酬:体力強化1.2倍・ステージ48ボス:楠木正成 報酬:復活の御札・ステージ62ボス:新田義貞 報酬:銅銭20,000枚・ステージ93ボス:北条早雲 報酬:銅銭40,000枚 ※ [全文を読む]

フォーカス