安斎肇のニュース

“笑う洋楽展”みうらじゅん&安斎肇コンビが放つポルノムービー『変態だ 』。衝撃のラストシーンに思わず絶句!?

おたぽる / 2016年12月10日20時00分

本作で監督デビューを果たすのは、MJと『笑う洋楽展』(NHK-BS)で共演中の安斎肇。イラストレーター&デザイナーが本職である安斎肇に加え、撮影監督はスチールカメラマンとして著名な三浦憲治、主演俳優にはシンガーソングライターの前野健太を起用。前野健太は松江哲明監督のドキュメンタリー映画『ライブテープ』(09年)、『トーキョードリフター』(11年)に主演して [全文を読む]

FREAK'S STORE GOLDEN WEEK SPECIAL EVENTS

PR TIMES / 2012年04月27日11時16分

同ショップの人気シューズブランドである「TOMS」とタモリ倶楽部の空耳アワーで有名なイラストレーター「安斎肇」氏とのコラボワークショップや、究極のアメリカンベーシックを追求している日本のブランド「REMI RELIEF」のデニムB/Dシャツのカスタムオーダー会などゴールデンウィークのこの機会でしか体験できないイベントを一挙公開!―――――――――――――― [全文を読む]


「GYAO!」で『輝け!第19回みうらじゅん賞』の独占生配信が決定!

PR TIMES / 2016年12月14日09時26分

<歴代受賞者(敬称略)> 第1回(1994年):杉作J太郎、中野まり子、カーツ佐藤、いとうせいこう 第2回(1995年):薮下秀樹、泉晴紀、泉麻人、田口トモロヲ 第3回(1996年):金子修介、樋口真嗣、町山智浩、水野晴郎、安斎肇、山田五郎 第4回(1997年):宮本浩次、吉田照美、喜国雅彦、谷ナオミ、松崎しげる、水道橋博士 第5回(1998年):スター [全文を読む]

赤塚不二夫生誕80年記念『ビチュツ展』 村上隆、アラーキー、安齋肇ら参加

太田出版ケトルニュース / 2015年11月20日10時16分

会場には、荒木経惟(写真家)、安斎肇(イラストレーター/アートディレクター)、宇川直宏(アーティスト)、村上隆(アーティスト)、横山裕一(漫画家、アーティスト)ほか、各界のトップクリエイターの作品が勢揃い。また、赤塚藤雄(不二夫)が漫画家デビュー前、新潟の塗装店に勤務していた時代の絵画作品が特別展示されるほか、赤塚不二夫のキャラクターグッズやコレクターア [全文を読む]

「赤塚不二夫のビチュツ展」 開催のお知らせ

PR TIMES / 2015年11月17日13時22分

■赤塚不二夫のビチュツ展概要[画像1: http://prtimes.jp/i/16263/2/resize/d16263-2-727284-4.jpg ]・開催期間2015年12月3日(木)~16日(水)・開催時間11:00~20:00・開催場所BANK GALLERY (東京都渋谷区神宮前6-14-5 )・入場料1,000円/税込(オリジナルバッヂ付き [全文を読む]

OKAMOTO’Sハマ・オカモトが「空耳アワード!2015」初登場

dwango.jp news / 2014年12月16日12時25分

そんなハマが選んだ空耳や新作も要チェックだ!テレビ朝日系「タモリ倶楽部」空耳アワード!2015 前編2015/1/9(金)24:20〜20:50空耳アワード!2015 後編2015/1/16(金)24:20〜20:50出演/タモリ/安斎肇/松たか子/ハマ・オカモト/菊地成孔/マーティ・フリードマン [全文を読む]

宮藤官九郎×安齋肇のアニメ「わしも」が復活、1月から

Smartザテレビジョン / 2014年12月01日21時34分

宮藤官九郎作、安斎肇画の絵本「WASIMO」を原作にしたアニメ「わしも」が、NHK Eテレで'15年1月5日(月)からレギュラー放送されることが決定した。 「わしも」は同局にて、'14年3月に10話にわたり放送されていたギャグアニメ。祖母を亡くした小学生の孫娘と、祖母を模したロボット「わしも」の日常を描く物語だ。1月5日(月)からの新作には新たな登場人物も [全文を読む]

「中津川THE SOLAR BUDOKAN 2013」追加アーティスト発表&JR臨時便増発決定

okmusic UP's / 2013年08月10日15時00分

また、ザ・コレクターズの加藤ひさしが自然エネルギー啓蒙のために結成したバンドCHANGE ENERGY'Sや、 安斎肇(イラストレーター・ソラミミスト)、しりあがり寿(漫画家)を中心として結成されたバンドであるOBANDOSも参加決定と、非常にフェスのカラーがよく出たブッキングとなっている。 21日(土)夜のVillage Of Illusionには、佐々 [全文を読む]

『WORLD HAPPINESS 2012』、キー・ビジュアルは細野晴臣デザインの“温泉マーク”

リッスンジャパン / 2012年04月27日13時00分

細野晴臣 - アーティスト情報多彩なアーティストの出演が魅力の同イベントだが、ファンの間では毎年発表されるキー・ビジュアルも注目度が高く、2008年の第1回はキュレーターを努めたC.T.P.P.の信藤三雄、続いて100%オレンジ(2009)、安斎肇(2010)、昨年は復興と再生の道をテーマに手塚治虫の『火の鳥』を起用、それぞれのデザインをあしらったTシャツ [全文を読む]

フォーカス