有吉佐和子のニュース

今週の認知症関連NEWSまとめ[6/9]

認知症ねっと / 2017年06月09日09時00分

大気汚染で認知症リスク高まる? 米国で大論争 「今の時代の認知症を取り巻く動きを知るには、当事者の生の声が最もふさわしい」(ダイアモンドオンライン) 有吉佐和子による小説『恍惚の人』出版から45年経った今、小説に描かれた社会とは、認知症を取り巻く環境が大きく変わっています。当事者たちが自分の心のうちを語り始めた現代について、福祉ジャーナリストが考察します [全文を読む]

格差にあえぐ農村で住み込み調査、「中国市民の実態」を最もよく知る日本人

Forbes JAPAN / 2016年09月09日10時00分

Q3 影響を受けた実在の人物は?アンネ・フランク、向田邦子、三浦綾子、有吉佐和子Q4 原動力となる言葉「順其自然」ありのままでいる、自然の流れに身を委ねる、自分らしくある、という意味。阿古智子 東京大学大学院総合文化研究科准教授。1971年大阪府生まれ。大阪外国語大学外国語学部中国語学科卒、名古屋大学国際開発研究科修士課程修了、香港大学教育学系博士取得。在 [全文を読む]

自分の実家に帰省したら…「妻が絶対やっちゃいけない」こと5つ

BizLady / 2016年08月11日12時00分

有吉佐和子さんの小説『恍惚の人』では、義父の介護を一手に担う主人公に対し、遠くに住む義妹がアレコレ口を出してくるシーンがあります。実家を「ここは自分の場所」と強い思いを抱いていても、残念ながら家庭というのは少しずつ変わっていくもの。自分がいない間に、記憶とは全く別の日常が醸成されていきます。昔のままの感覚をアップデートして、新しい家族への気遣いを忘れないよ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】山本陽子の誕生日を祝福 『三婆』稽古前の記念写真が豪華

TechinsightJapan / 2016年03月19日20時30分

舞台『三婆』(有吉佐和子:原作 大藪郁子:脚本 石井ふく子:演出)が4月9日より大阪新歌舞伎座で始まるとあって舞台稽古も忙しい。出演する藤田朋子が3月17日に『藤田朋子オフィシャルブログ「笑顔の種と眠る犬」』で16日の稽古場での様子を綴っている。 小姑役を務める山本陽子が3月17日に誕生日を迎えることから、石井ふく子さんより「お稽古、始める前にひとつ御報 [全文を読む]

がん、抗がん剤や手術が寿命を縮める? 「何も治療しない」が正しい場合も?

Business Journal / 2016年02月02日06時00分

また、有吉佐和子さんの小説『華岡青洲の妻』でも有名な江戸時代の漢方の名医であった華岡青洲は、なぜ実母や妻を実験台にして全身麻酔を完成させたのでしょう。乳がんが漢方だけでは治らないから、摘出手術をしたかったのです。漢方だけで乳がんが治れば、全身麻酔などは不要なはずです。つまり、極論君が言うようにがんを漢方だけで治すことは無理でしょう。 一方で、漢方を併用す [全文を読む]

おしどり夫婦の奥さま直伝! 夫の浮気撃退法とは?

Woman.excite / 2016年01月19日23時00分

ちなみに、有吉佐和子の小説『不信のとき』(新潮文庫)は、浮気している夫に対する妻の対処の仕方が、よくも悪くも参考になるそうです。Aさんの話をまとめると、心のなかでどう思っていても夫には見せないこと。そして、「自分が正しい」ことをふりかざすことなく、デンと構えているのが一番効果的ということなのですね。結婚は長丁場。浮気に限らず、ハッピーなことばかりではないで [全文を読む]

兄弟対立の果てに...! 「スーフリ事件」担当女性弁護士の家庭で起きた悲劇とは?

tocana / 2015年09月08日10時00分

平成11年に、歴史を切り開いてきた女性を紹介する『女たちの20世紀・100人 姉妹たちよ』(集英社)では、樋口一葉、平塚らいてう、有吉佐和子と並んで、門上千恵子もそこにいるほどである。 門上千恵子については、こう紹介されている。「1914(大正3)年12月8日、愛媛県に生まれる。女にも教育が必要と考える両親の理解と期待を受けて、女性に門戸を開いたばかりの [全文を読む]

【森光子】シングル1タイトルをMEG-CDにて復刻!

DreamNews / 2014年09月10日14時30分

発売商品■有田川 収録曲:1. 有田川( 有吉佐和子原作「有田川」より) 2. 母恋いみかん MSCL-12518 価格¥1,000+税 「MEG-CD」ホームページ タイトルの詳細は、下記のURL を御覧ください。収録されている全楽曲の試聴が可能です。http://meg-cd.jp/artist/mori_mitsuko 「MEG-CD」とは 廃盤楽曲 [全文を読む]

有吉佐和子 『日本の島々、昔と今。』でヘリで魚釣島上空飛行

NEWSポストセブン / 2014年08月29日16時00分

作家・有吉佐和子が53歳で急逝したのは、昭和59年8月30日のことだった。没後30年となる節目の今年、新装版や復刊が相次ぐが、時代小説にせよ、ルポにせよ、有吉が描いたテーマや言葉は、あたかも現代日本を予見していたかのようだ。社会と人間の本質を見つめ続けた有吉文学を、今こそ読み直したい。文芸評論家の富岡幸一郎氏が有吉について語る。 * * * 政治や思想にた [全文を読む]

42年前の小説・有吉佐和子『恍惚の人』が予見した今の福祉問題

NEWSポストセブン / 2014年08月22日16時00分

作家・有吉佐和子が53歳で急逝したのは、昭和59年8月30日のことだった。没後30年となる節目の今年、新装版や復刊が相次ぐが、時代小説にせよ、ルポにせよ、有吉が描いたテーマや言葉は、あたかも現代日本を予見していたかのようだ。社会と人間の本質を見つめ続けた有吉文学を、今こそ読み直したい。文芸評論家の富岡幸一郎氏が語る。 * * * 昭和四十七年に発表した『恍 [全文を読む]

星新一、山崎豊子、沢木耕太郎から今野敏、伊坂幸太郎まで2,500冊 eBookJapanが大手文芸出版社・新潮社電子書籍の配信を開始!

PR TIMES / 2014年06月19日14時19分

【昭和時代の名作】松本清張:『砂の器』(上・下)『点と線』『Dの複合』『ゼロの焦点』『黒革の手帳』(上・下)『或る「小倉日記」伝―傑作短編集(一)』(芥川賞受賞作)ほか井上靖:『蒼き狼(新潮文庫)』『あすなろ物語(新潮文庫)』『後白河院(新潮文庫)』ほか大江健三郎:『死者の奢り・飼育(新潮文庫)』(芥川賞受賞作)『性的人間(新潮文庫)』『「雨の木」を聴く女 [全文を読む]

『いいとも』テレフォンショッキングに最多の21回出演したゲスト3人は?

週プレNEWS / 2014年03月10日06時00分

●1位:とんねるず…48分22秒(2014年1月14日) ●2位:黒柳徹子…46分(1984年3月14日) ●3位:有吉佐和子…45分(1984年6月22日) ●4位:黒柳徹子…39分(2005年12月16日) ●5位:明石家さんま…35分(1984年2月13日) 今年、とんねるずが記録を更新して大きな話題となった。2位の黒柳徹子は「いいなと思っている病 [全文を読む]

タモリ「サングラスの奥に秘めた“カネ・タブー・放送事故”」(1)ハプニングにも“我関せず”のタモリ流

アサ芸プラス / 2013年10月31日10時00分

そして6月には、作家の有吉佐和子氏(享年53)が酩酊状態で現れ、時間を過ぎても話すのをやめず、後コーナー担当の明石家さんま(58)が「死ね、ババア!」と乱入したのだが、ベテラン芸能記者によれば、 「泰葉から先、素人が3人続けて出演した形ですが、のちに、泰葉が大阪の番組でこの時のウラ事情を暴露。実は間違い電話をかけた相手の女性は本当の友達だったそうです(笑 [全文を読む]

楽天koboストアが配信するWikipedia人物記事にライセンス違反の疑いが浮上

ガジェット通信 / 2012年09月20日20時50分

『青空文庫』(http://www.aozora.gr.jp/ )からの著作権保護期間を満了した登録作品はまだしも、今なお著作権保護期間内の川端康成や司馬遼太郎、有吉佐和子らの著書は9月20日現在で1冊も登録されていません。 今回の『Wikipedia』人物記事配信は「年内20万冊」と目標を高く設定している『koboストア』が直面している課題を浮き彫りにす [全文を読む]

【TBSオンデマンド】沢尻エリカ主演ドラマ「悪女について」5/21(月)より配信スタート!

PR TIMES / 2012年05月22日09時26分

TBSテレビの動画配信サービス「TBSオンデマンド」は、4月30日(月)にTBS地上波で放送された沢尻エリカ主演ドラマ「悪女について」の配信を、5月21日(月)0時よりスタートしました!「悪女について」《地上波放送》2012年4月30日(月)21時~《動画配信》2012年5月21日(月)0時~配信中有吉佐和子の同名小説を原作に、突然の死を遂げた女性実業家の [全文を読む]

フォーカス