黒沢健一のニュース

L⇔Rの黒沢健一が逝去

okmusic UP's / 2016年12月07日13時46分

脳腫瘍のため療養中だった黒沢健一が12月5日に逝去したことが、オフィシャルHPにて明らかになった。48歳だった。【その他の画像】L⇔R通夜と葬儀は近親者のみで行なわれ、後日ファンに向けた「お別れの会」の場が設けられる予定。詳細は決定次第告知される。また、オフィシャルHPでは、実の弟である黒沢秀樹をはじめ、L⇔Rのメンバーとして共に活動した木下裕晴、嶺川貴子 [全文を読む]

黒沢健一のソロアルバム、L⇔Rの25周年リリースに続いて再発が決定

okmusic UP's / 2016年12月28日14時00分

去る12月5日に逝去したL⇔Rのリードヴォーカル、黒沢健一。L⇔R一連の25周年リリースに続き、黒沢がL⇔R活動休止後にポニーキャニオンに残した3枚のソロアルバムもUHQCD仕様で来年3月15日に再発される。【その他の画像】L⇔R1998年から2002年の間に発表された『first』『B』『NEW VOICES』の3作に、ボーナストラックとして『first [全文を読む]

L⇔R黒沢健一ソロアルバムの再発が決定

dwango.jp news / 2016年12月28日10時23分

去る12月5日に逝去したL⇔Rのリードヴォーカル、黒沢健一のお別れの会「黒沢健一を偲ぶ献花の会」の開催が、2017年1月23日に東京渋谷の「カルチャーカルチャー」にて行なわれることが先日公式HP等で発表となったが、L⇔R一連の25周年リリースに続いて、黒沢がL⇔R活動休止後にポニーキャニオンに残した3枚のソロアルバムもUHQCD仕様にて2017年3月15日 [全文を読む]

L⇔R黒沢健一「突然の死」を、弟が語る

日刊大衆 / 2017年03月02日16時05分

しかし黒沢の実兄でありバンドのボーカルだった黒沢健一氏が昨年末、48歳で脳腫瘍のため他界してしまった。 130万枚売れた曲のギャラについて聞かれた黒沢は、「事務所はお給料制だったので。まあでも、一応ヒットが出てからは印税は別になったんですよ」と当時の事情を明かし、さらに「ただ作詞、作曲する人が、著作権印税というものに限って言えば、全部もらえますよね。兄貴が [全文を読む]

『LACK OF REASON』の他、エバーグリーンな傑作を世に送り出したL⇔Rのことを我々は忘れてはならない

okmusic UP's / 2016年12月21日18時00分

日本でも10月にBOOM BOOM SATELLITESの川島道行氏が亡くなって音楽ファンを落胆させていたところに、12月5日に黒沢健一氏が脳腫瘍のため、亡くなったとの訃報が飛び込んできた。享年48歳。こちらも早すぎる死であった。今週の本コラムでは黒沢氏への追悼の意味を込めて、氏と実弟の黒沢秀樹、木下裕晴によるバンド、L⇔Rにスポットと当ててみたいと思う。 [全文を読む]

フォーカス