野村誠のニュース

あざみ野こどもぎゃらりぃ2015

PR TIMES / 2015年07月07日10時21分

今回の参加アーティストは、安部泰輔、小川美加子、小日山拓也、野村誠、宮田篤+笹萌恵。作品をみたり、一緒につくったり、ワークショップに参加したり、楽しみ方はいろいろ!7月31日から8月9日に、ぜひ横浜市民ギャラリーあざみ野に遊びにきてください!「あざみ野こどもぎゃらりぃ2015」7月31日(金)から 8月9日(日)10:00~17:00 会期中無休入場無料 [全文を読む]

みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2016が開幕 山形の中心地で23日間45組のアーティストがアート、音楽、文学、ファッション、食など多彩なプログラムを展開

@Press / 2016年09月14日11時30分

展示タイトル:あっちの目、こっちの目展示会場 :文翔館 議場ホール公開日・時間:会期中常設(9月5日・9月20日休館)9:00~16:302. 荒井良二と野村誠の山形じゃあにぃ2016|[音楽]絵本作家の荒井良二と音楽家の野村誠が、本芸術祭の中心エリアを飛び出して、県内各地に出張ビエンナーレの旅(じゃあにぃ)に出る。最上川の畔にある村山市の元温泉施設では、 [全文を読む]

なぜそこまで惹かれるのか? 自販機マニアの第一人者がその魅力を語る!

週プレNEWS / 2014年09月28日06時00分

今年で16年目を迎える自販機情報サイト『山田屋』管理人で、DVD『ノッポさんと行く昭和のスキマ探訪 自販機編』を監修した野村誠さんに自販機の魅力を聞いた。 ――自販機情報サイト『山田屋』を運営する“自販機研究家”野村誠さん。このニッチな世界にハマったきっかけを教えてください! 野村 僕は、高校生のときに「グーテンバーガー」というハンバーガーの自販機のファン [全文を読む]

東京駅に自販機向けバッテリーユニットを設置

@Press / 2016年12月13日14時00分

●自販機研究家・野村誠氏のコメント 「このバッテリーユニット稼動の自販機は革命を起こす可能性を秘めていると感じます。自販機がある場所といえば、エキナカや家や商店の脇、電柱の下、光る看板の近くなど、電気が簡単に取得できる場所でありました。しかし、このバッテリーユニット稼動があれば自販機は電源がなくても設置できます。それによって自販機を設置できる場所が増えて [全文を読む]

鉄道の“音”に注目した芸術祭、音の現代アートやパフォーマンスなど斬新な展示に注目

FASHION HEADLINE / 2014年10月18日15時00分

作曲家の野村誠はワークショップ「京阪沿線46駅の音楽」で各駅をテーマとした音楽を創造し、それらをクロージングイベントとしてコンサート形式で演奏する予定だ。 その他、有料イベントとしては11月23日に、パフォーマンスアクトとサウンドスカルプチャーを融合させた「HOUSEHOLD AFFAIRS」を公演。光と映像による芸術と、ロックンロールを融合させたパフォー [全文を読む]

東京都江戸東京博物館分館 江戸東京たてもの園 開園20周年記念イベントを開催

PR TIMES / 2013年03月22日09時36分

出演:あいのてさん(野村誠・片岡祐介・尾引浩志)■ 会 場: ワークショップ:「吉野家」 前庭 演 奏 会 :東の広場■ 内 容: 1.レッツゴーレジ袋 2.石テクノ3.ピンポンマリンバ 4.風船ワルツ5.アラビアンストローナイト 6.カラダディスコ 7.ペットボトルメモリー [全文を読む]

~都内各所を盛り上げる地域密着プログラムを多数開催~ 平成23年度 2月~3月開催プログラムを発表

PR TIMES / 2012年01月13日18時47分

■アートアクセスあだち2011 音まち千住の縁足立智美氏・大友良英氏・大巻伸嗣氏・野村誠氏ら、住民参加型アートプロジェクトの経験の豊かなアーティストが中心となって、足立区千住地域を舞台に、市民とアーティストが協働する“音”をテーマとしたまちなかアートプロジェクトです。3月には、1分間に1万個のシャボン玉を発生させて、街の風景を変化させたり、銭湯でコンサート [全文を読む]

フォーカス