仁科貴のニュース

20年の時を経て家族に愛を届けた、母が遺した料理のレシピ

NeoL / 2017年03月23日11時28分

ママ、ごはんまだ? 監督・脚本:白羽弥仁 出演:木南晴夏、呉朋奉、藤本泉、甲本雅裕、仁科貴、今拓哉、広澤草、一青妙、春風亭昇太、河合美智子 (2017年/日本) 公開中 ©一青妙/講談社 ©2016「ママ、ごはんまだ?」製作委員会 http://www.mama-gohanmada.com/ 関連記事のまとめはこちら http://www.neol.jp [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】田中要次、新年の挨拶は“猫”と“ダークヒーロー” 今や「あるよ!」の面影ナシ

TechinsightJapan / 2017年01月03日20時20分

ヒロイン役を女優・百合沙が演じる他に斎藤工、しいなえいひ、鳥居みゆき、村杉蝉之介、三元雅芸、仁科貴などが共演する。 ドラマ『HERO』(2001年)に初めてバーテンダー役で出演しておよそ16年が過ぎる。これまで数々のドラマや映画、バラエティ番組で活躍を続け初主演映画ではついに“ダークヒーロー”となる田中要次。「あるよ!」のイメージもすっかり薄らいできたよう [全文を読む]

桑澤菜月「反抗期の芝居を褒められます(笑)」

Smartザテレビジョン / 2015年12月10日07時00分

恵は途中からSPARKSに加入しましたが、そのSPARKSの事務所社長・田代さん(仁科貴)の娘役です。自分がチアの経験者なので、メンバーのみんなにチアを教えるんですけど、それが鬼教官で(笑)。簡単に「腹筋100回!」とか言っちゃうような女の子で、厳しいんです。反抗期なので、お父さんにも結構反抗することもありますが、成績優秀なしっかり者の女の子です。――そん [全文を読む]

チアリーダーたちが衣装を脱いで水着で一念発起?

Smartザテレビジョン / 2015年10月31日06時00分

チアの経験者である田代(仁科貴)の一人娘・恵(桑澤菜月)が新メンバー兼コーチとして参加することになり、メンバーはチアリーディングの猛特訓をスタートさせる。 しかし、これまで“メンヘラ系”アイドルとして、ネガティブが板についていたメンバーは、常に元気で笑顔を忘れない恵のチアリーディングのスタイルについけない。 コーチを買って出た恵はトレーニングの傍ら、「いつ [全文を読む]

江戸川乱歩、原作!映画『D坂の殺人事件』は、劇場公開と同時に、「ビデックスJP」で配信開始!

PR TIMES / 2015年02月14日14時04分

果たして事件の真相は!? <キャスト> 祥子 河合龍之介 草野康太 大谷英子 仁科貴 近藤芳正 木下ほうか <スタッフ> 原作:江戸川乱歩「D坂の殺人事件」 監督・脚本・編集:窪田将治 <製作年・製作国> 2015年・日本 ※R-15 【販売サイト】 ■ビデックスJPのサイトはこちら : http://www.videx.jp/ ■映画『D坂の殺人事件』作 [全文を読む]

EXILE・NAOTO、歌声に自信「ボーカルに匹敵する」

モデルプレス / 2015年02月14日12時11分

NAOTOは14日、都内にてメインキャストとして出演した映画「マンゴーと赤い車椅子」(公開中)の舞台挨拶に、共演の仁科貴、仲倉重郎監督と出席。普段パフォーマーとして活躍しているNAOTOだが、今作では劇中で歌声を披露し、話題に。「うちのボーカリストがレッスンを受ける先生から、同じレッスンをしてもらいましたので、間違いなく、ボーカルに匹敵するほどの歌唱力が [全文を読む]

祥子、初主演映画で全裸の濡れ場を体験しSMに開眼! 「博多華丸さんを調教したい…」

Smartザテレビジョン / 2015年01月22日12時12分

共演は映画・ドラマで独特のポジションを築く木下ほうかを始め、河合龍之介、近藤芳正、草野康太、大谷英子、仁科貴などが集結。木下は「祥子ちゃんがスゴいのは、ためらわずにすっぽんぽんになったこと。僕は恥ずかしくて恥ずかしくて仕方なかったのに、彼女が大胆に受け止めてくれたのでベロベロ~っていけました」と濡れ場撮影での裏話を披露した。 監督・脚本は同じく江戸川乱歩 [全文を読む]

秋元才加×EXILE・NAOTO、笑顔と涙溢れる 新映像解禁

モデルプレス / 2014年11月28日22時18分

このほか、榎木孝明、愛華みれ、杉田かおる、松金よね子、ベンガル、仁科貴などの演技陣が顔を揃える。監督は、映画『きつね』(83)を手掛け、脚本家としての作品も多い仲倉重郎。自身も突然の車椅子人生となった体験や、取材によるリアリティが感動を支える。(modelpress編集部) [全文を読む]

秋元才加×EXILE・NAOTOが“奮闘と再生” 新ビジュアル解禁

モデルプレス / 2014年10月28日14時55分

ほかに、榎木孝明、愛華みれ、杉田かおる、松金よね子、ベンガル、仁科貴などの演技陣が揃った。監督は、映画「きつね」を手掛け、脚本家としての作品も多い仲倉重郎。自身も突然の車椅子人生となった体験や、取材によるリアリティが感動を支える。(modelpress編集部) <ストーリー> 都内の内科病院で看護師をしていた宮園彩夏(秋元)は23歳の誕生日、4階の自室から [全文を読む]

福島県福島市出身の若きIT社長の夢は“役者になる”! 震災後の故郷を想い、製作・主演した映画が凱旋公開!!

PR TIMES / 2014年03月12日15時39分

北野武作品常連の仁科貴、三池崇史作品で印象深い中原翔子らベテラン勢が脇を固めます。■劇中に流れるテーマ曲は、糸井重里 作詞・ツダユキコ作曲による「で、きみは?」。音楽はツダユキコ、そして、上野樹里の姉でありグラビア・バラエティで活躍中のシンガーソングライター・上野まな。大ヒットアニメ『進撃の巨人』『機動戦士ガンダムUC』などで人気ソングを歌う小林未郁。■ま [全文を読む]

フォーカス