鈴木登紀子のニュース

2017年度NHKカルチャー春の美容講座スタート『内と外から若さ倍増!大人美レッスン』『洗練眉で若々しく!廣森知恵子の“徹底”美人眉レッスン』

@Press / 2017年02月16日11時30分

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/121941/img_121941_1.jpg 『内と外から若さ倍増!大人美レッスン』 ハーバー研究所のビューティプロデューサー廣森知恵子とNHK「きょうの料理」や「あさイチ」でもおなじみの料理研究家 鈴木登紀子による2部構成。体の内と外からキレイになれる内外美容を学んでいただ [全文を読む]

食とスキンケアを学んできれいになろう!!

美容最新ニュース / 2015年03月11日11時00分

ハーバー研究所のビューティプロデューサー廣森知恵子氏と、料理研究家 鈴木登紀子氏が講師だ。目元・口元のメイクを学ぶ第1部は、「廣森知恵子の大人のメイクレッスン~華やか目元で若々しく~(実践編)」。若さのポイントとなる目元と口元の悩みを解決し、簡単に若返る方法を伝授。美肌のエキスパートから技術を学べるチャンスだ。体にやさしい和食を学ぶ体の内側からの美しさをつ [全文を読む]

「2015年度NHKカルチャー 春の美容講座」スタート「体の内と外からビューティアップ!大人のいきいきレッスン」

@Press / 2015年03月09日10時30分

NHKカルチャー「体の内と外からビューティアップ!大人のいきいきレッスン」は、ハーバー研究所のビューティプロデューサー廣森知恵子とNHK「きょうの料理」や「あさイチ」でもおなじみの料理研究家 鈴木登紀子による2部構成の講座となっております。「食べるということは生きる原点」と、90歳を迎えた今も変わらずテレビ出演や料理教室を精力的にこなす鈴木登紀子のパワーに [全文を読む]

ばぁばこと料理研究家・鈴木登紀子さんの台所での決まりごと

NEWSポストセブン / 2014年08月02日07時00分

新著『「ばぁばの 料理」 最終講義』を上梓した“ばぁば”こと日本料理研究家の青森県八戸市生まれ鈴木登紀子さん(90才)には台所での決まりごとがあるという。子供のころに母・お千代さんから学んだことを46才で料理教室を始めた当時から伝え続けている。 「台所は清潔に、所作はていねいに美しく」と語るばぁばの、台所・食卓における決まりごとを5つのポイントで紹介します [全文を読む]

NHK出演料理研究家鈴木登紀子さん 肝臓がん治療中と明かす

NEWSポストセブン / 2014年07月12日07時00分

NHK『きょうの料理』などでおなじみの90才の料理研究家「ばぁば」こと鈴木登紀子さん。この度女性セブンの連載「ばぁばの料理」をまとめた書『ばぁばの料理 最終講義』(小学館・1400円)を刊行した。 これを機に、連載が大好きだったという同郷・青森県の霊能者木村藤子さんと今後の人生について語った。木村:鈴木先生、私は神の世界で罪を犯し、人を救うことで罪を償うと [全文を読む]

和食作法 丼は持たずに手を添える 麺はすすって食べる

NEWSポストセブン / 2014年11月01日16時00分

近著に『「ばぁばの料理」最終講義』(小学館)がある、「ばぁば」こと鈴木登紀子さん(90歳)に和食の作法を聞きました。 「どんなにきれいにお化粧をして高価なお洋服を着ていても、お食事の作法が荒々しければ百年の恋も瞬時に冷めるというもの。また、子供たちにお行儀をしつけるのは、親の責務ですよ」(鈴木登紀子さん 以下「」内同) ■丼は持たずに手を添える 「殿方が [全文を読む]

90才料理研究家 料理研究家の娘と正月料理について語り合う

NEWSポストセブン / 2013年12月19日07時00分

半世紀近く日本料理を伝えてきた料理研究家の“ばぁば”こと鈴木登紀子さん(90才)と、次女で同じく料理研究家の安藤久美子さん(58才)が、おせち料理の今昔、そして将来への思いを語った。 鈴木:お正月といえば、私が今も思い出すのは、12月20日頃になると、おせち料理の食材を準備し始める母の姿。28日あたりから、まず黒豆を煮て、数の子の塩抜きをして。31日までず [全文を読む]

92才料理研究家「食欲がないと呟いたら通夜の用意を」と家族に

NEWSポストセブン / 2017年05月15日07時00分

“ばぁば”こと料理研究家の鈴木登紀子さん(92才)が5月15日に新刊『ばぁば92年目の隠し味』(小学館)を上梓する。 「ヒトを“人”にするのは知恵と心。でもね、人は見かけも大事よね」 『きょうの料理』(NHK Eテレ)への出演は46年目、20代からも「ばぁば、かわいい」 「大好き! お姑さんになってほしい」…と、絶大な人気を誇るばぁば。 どんな時にも、唇に [全文を読む]

『きょうの料理』 レシピの企画は放送の半年前から準備

太田出版ケトルニュース / 2017年02月08日10時33分

小誌が取材に訪れた人気講師の“ばぁば”こと鈴木登紀子さんの収録回では、旬の食材を使った「さばの鍋照り」と「かきフライ」の作り方を、名コンビである後藤繁榮アナウンサーと一緒に紹介。「かきは大根おろしで洗うと簡単に汚れが落ちる」といったトリビアも解説しながら、ぴったり25分で収録を終えていました。その見事な手際に、カットがかかった瞬間にはスタジオで拍手が起こ [全文を読む]

『きょうの料理』最高視聴率は「ばぁば」の女子アナ説教時

NEWSポストセブン / 2017年01月03日16時00分

【4】ばぁばの“説教”が最高視聴率 2014年のおせち特集に、ばぁば、こと料理家の鈴木登紀子さんが出演したときのことだ。女性アナウンサーが鈴木さんの自宅を訪れて、お煮しめなどを教わっていたが、試食の場面で鈴木さんが「お碗の取り方が悪い」「箸の持ち方が悪い」と女子アナに“お説教”。 「そのまま放送したら、その回がその年の年間視聴率No.1に。2015年にも [全文を読む]

フォーカス