石井義人のニュース

累計6000万PVの人気ブログがついに書籍化!『プロ野球死亡遊戯 そのブログ、凶暴につき』発売

PR TIMES / 2015年06月26日12時22分

7月16日には元巨人の石井義人氏を招いた発刊記念トークショーも開催します。[画像: http://prtimes.jp/i/7628/118/resize/d7628-118-789872-0.jpg ]通信教育を手掛ける株式会社ユーキャン(東京都新宿区 代表取締役社長:品川 泰一)は、書籍『プロ野球死亡遊戯 そのブログ、凶暴につき』を2015年6月に発行 [全文を読む]

プロ野球12球団合同トライアウト開催 球団にとっても来季を考える上で重要な場

AOLニュース / 2014年11月11日18時00分

・2001年:1名...吉田好太 ・2002年:なし ・2003年:なし ・2004年:9名...宇野雅美・富岡久貴・三沢興一・河本育之・井出竜也・代田建紀・野村克則・林孝哉・福井敬治 ・2005年:2名...小倉亘・瑞季 ・2006年:3名...遠藤政隆・横山道哉・定岡卓摩 ・2007年:7名...石川賢・谷中真二・萩原淳・小関竜也・斉藤宜之・斉藤秀光 [全文を読む]

優勝チームには元横浜ベイ選手?球団不信で移籍後に活躍選手多数、球団の体質に問題?

Business Journal / 2014年10月25日01時00分

さらに、その年の巨人で代打の切り札としてハイアベレージを残した石井義人も、もともとは1996年にドラフト4位でベイスターズに入団した選手だった。 ほかにも、谷繁元信(中日ドラゴンズ)、内川聖一(福岡ソフトバンクホークス)など、多くの選手がベイスターズで育ち、他球団へ移籍後に優勝を味わっている。●横浜を出て、活躍する選手たち 実は、今年も同じような現象が見ら [全文を読む]

楽天田中将大と嶋基宏「黄金コンビ」苦闘7年物語(11)交流戦対巨人戦で自信を取り戻す

アサ芸プラス / 2013年11月06日09時59分

また7回一死三塁の場面でも坂本勇人、石井義人を打ち取り「走者を出しても点を取られない」ピッチングを確立していった。 5月から始まった交流戦での巨人戦は、田中にとって気持ちが高まるマウンドだった。5月22日の登板では、いきなり先頭打者の長野久義に先制ホームランを打たれて気持ちが落ち着かないまま、続く石井にもヒットを打たれた。が、坂本、阿部慎之助を三振で打ち取 [全文を読む]

“統一球最大の被害者”巨人・小笠原 限界説を払拭できるか

NEWSポストセブン / 2013年05月18日16時00分

昨年も調子は戻らず、入団1年目以来の本塁打ゼロに終わりました」(スポーツライター) 今季、首位を独走する巨人だが、左の代打は石井義人、亀井善行(今季から改名)だけ。2人とも好調とはいえないだけに、まだまだチャンスはあるはずだが、小笠原は当初、二軍でもなかなか成績を残せなかった。 「5月7日の日本ハム戦では、大谷翔平と対戦したことで、久しぶりに話題になりまし [全文を読む]

短期決戦に特化「代打の神様」だけでWBC代表を選んだら?

NEWSポストセブン / 2012年10月10日07時00分

「ここぞ」に強い選手たち「代打の神様ジャパン」】 「野手」 (打順/名前/チーム名/ポジション/代打での打率/同出塁率) 1:石井義人/巨/三/.417/.500 2:二岡智宏/日/遊/.292/.370 3:前田智徳/広/H/.340/.389 4:福浦和也/ロ/一/.438/.486 5:金城龍彦/横/中/.316/.409 6:堂上剛裕/中/右/.2 [全文を読む]

フォーカス