檀一雄のニュース

“さらわれて”初出演した檀ふみ

アサ芸プラス / 2013年02月01日09時54分

高岩が「ふみ」と親しみを込めた口調で彼女を呼ぶのは、檀ふみの父であり、作家の檀一雄が、高岩の異父兄だからである。檀ふみは、高岩の姪にあたる。 檀ふみが初めて出演した映画が、高倉健の「昭和残侠伝」シリーズの最終作となった、「昭和残侠伝・破れ傘」(72年)だった。当時京都撮影所の所長をしていた高岩のもとを訪れた高校生のふみを、東映のプロデューサーの俊藤浩滋がみ [全文を読む]

檀ふみ、父・檀一雄さんを激怒させた「ハンスト」…「髪の毛を引きずられた」

スポーツ報知 / 2017年10月14日08時52分

女優の檀ふみ(63)が14日放送のTBS系「サワコの朝」(土曜・前7時30分)に出演し、父親で作家の檀一雄さんを激怒させた小学生時代の秘話を告白した。 檀ふみの父・一雄さんは、1976年に63歳で亡くなるまでに「夕張胡亭塾景観」、「火宅の人」などの作品を世に送り出した。その父を小学校3年生の時に檀は激怒させたことを、30年来の親友である司会の阿川佐和子さん [全文を読む]

坂口安吾が100人前頼んだ伝説のカレー!東京・石神井『辰巳軒』のカレーライス【大人の東京実用グルメ1】

サライ.jp / 2017年02月05日17時00分

そして、後難を逃れるため、石神井に住む友人の檀一雄邸に2か月ほど身を寄せていた。睡眠薬の濫用の結果、被害妄想に陥っていたとも言われている安吾。三千代は著書『クラクラ日記』中でこう回想する。「あとから、あとから運ばれて来るライスカレーが縁側にズラリと並んで行くのを眺めていた」その頃の檀家は、長女のふみはまだ生まれておらず、夫妻と長男の太郎、それにお手伝いとい [全文を読む]

ディズニーランドを誘致した『全国女性街ガイド』著者の正体

NEWSポストセブン / 2017年01月20日16時00分

同じく落選した太宰治が参加した機関誌『日本浪曼派』では、檀一雄、三好達治という錚々たる文豪と名前を並べている。 しかし、当時20代の新進作家だった渡辺は、なぜ女を求めて各地を彷徨い歩く旅に出たのか。その謎を解き明かすには、彼の素顔を知らなくてはいけない。 晩年に自ら書き残した「経歴」によると、渡辺は大正2年、東京・根岸の洋食屋を営む夫婦のもとに生まれた。長 [全文を読む]

仕事選びに慎重な檀ふみ 朝ドラ・語りの依頼は二つ返事で受けた

NEWSポストセブン / 2016年06月01日07時00分

檀さんは幼い頃、「最後の無頼派」といわれた父で作家の檀一雄さんが同誌で執筆していた関係で毎号自宅に届くそれを愛読していた。檀ふみさんが、『とと姉ちゃん』に対する思いを語る。 * * * 私は『暮しの手帖』に育てられたところもあると思っています。ささやかな工夫が自分の暮らしを豊かにしていくという視点や、大量生産・大量消費の時代の中で「本当に必要なこととは?」 [全文を読む]

ケンカの中身は「文学的」じゃない?仲が超悪かった日本の文豪たち

しらべぇ / 2015年10月30日19時00分

太宰が友人の作家・檀一雄と一緒におでん屋に行ったときのことだった。その場に居合わせた中原が太宰と話しているうちにだんだん酔いがまわり、すさまじい悪絡みをするようになっていった。「何だい、おめえの好きな花は」と問いつめられた太宰が今にも泣きだしそうな声で「モ、モ、ノ、ハ、ナ」と答えると、中原は「チェッ、だからおめえは」と太宰を小ばかにし、ふたりの関係に亀裂が [全文を読む]

高倉健の不器用で朴訥なイメージは作りものだった? 名優の素顔に迫る

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月01日12時20分

『あなたに褒められたくて』中面をチェック 『あなたに褒められたくて』(高倉健/集英社)には23本のエッセイが収められているが、最初の1本目はレナウンのCM撮りで行ったポルトガルで檀一雄を思い出して昔の家に行ってみる話。『檀流クッキング』ファンの私などそれだけで健さんがますます好きになってしまう。が、そこから先、健さんがポルトガルを描写している、その感受性 [全文を読む]

早とちり連発男 壇蜜と間違えて檀ふみの出演番組をチェック

NEWSポストセブン / 2013年02月28日16時01分

檀一雄の娘さん。録画しなかった私が悪いのね?」 それには答えず、「檀ふみもいいけど、セクシーさではなあ」とブツブツ呟くだけの主人でした。 ※週刊ポスト2013年3月8日号 [全文を読む]

フォーカス