滝口順平のニュース

話題の新作公開記念!隠れた名作 「星の王子さま プチ★プランス」 配信!演出:安彦良和、キャスト:松野太紀、たてかべ和也、滝口順平、永井一郎、ほか

PR TIMES / 2015年11月12日11時59分

キャストは、松野太紀、たてかべ和也、滝口順平、永井一郎、納谷悟朗、田中信夫、池田昌子、など錚々たるメンバーで制作された隠れた名作です。 キッズステーション公式YouTubeチャンネル: https://www.youtube.com/playlist?list=PLqUbRbX_b3DuHYeGVC96G2xm7hZ0So891 2015年11月20日(金 [全文を読む]

2016秋ドラマの「ドロドロ潰しあい現場」が地味にヤバイ!(3)ディーン・フジオカが声を荒げた理由とは?

アサ芸プラス / 2016年11月13日09時57分

鼻声でゆったりとした口調は「ぶらり途中下車の旅」の名ナレーション、滝口順平(故人)を思わせるけど、業界では「相棒」の杉下右京(水谷豊)の影響をモロに受けて迷走しているという意見が多い。B 織田といえば、セットの作り込みやセリフ回しなど、演出の細かいところにまで口を出す芸能界きっての“こだわり派”。その織田が「IQ──」でもバンバン自己主張しているらしい。し [全文を読む]

「タイムボカン24」の見どころを主要キャストが解説!

Smartザテレビジョン / 2016年10月01日16時05分

続けて、「(故・滝口順平が演じた)ドクロベエ様の物まねを営業などでずっとやらせていただいていたものの、まさかアニメでやらせていただけるとは逆のびっくりでした。偽物から本物本になれてうれしかったです」と喜びを明かした。また、「タイムボカン」シリーズといえば、おなじみとなっているメカも見どころの一つ。本作でも多くのメカが登場するが、若山が「僕はロボットアニメが [全文を読む]

「クリカン方式がどこまで通用するかお手並み拝見だな!!」『タイムボカン』シリーズの悪役3人組のボスは“声優ホリ”に

おたぽる / 2016年07月31日19時00分

さらに、ボスを演じてきた滝口順平氏が11年に亡くなっていることもあり、ドクロベエの声マネをモノマネのレパートリーとしていたホリが務めた。 ベテラン声優が亡くなり、その跡をモノマネ芸人がキャラクターを引き継いだ例で思い出されるのは、クリカンことモノマネ芸人・栗田貫一。ルパン三世を演じていた声優・山田康雄の亡き後、クリカンがルパン三世役を引き継いだ。当初は声こ [全文を読む]

界王さま(84)も療養で…『サザエさん』に続き『ドラゴンボール』にも押し寄せる高齢化の波

おたぽる / 2015年09月29日21時00分

『ドラゴンボール』でいうと、ここ10年で、2005年にミスター・ポポ役の西尾徳(にしお・とく)、06年に天津飯役の鈴置洋孝、11年に占いババ役の滝口順平、そして今年に入り桃白白役の大塚周夫が、惜しまれつつも他界している。さらに、物語の主軸となる孫親子を演じる野沢雅子(78)をはじめ、亀仙人・佐藤正治(69)、ピッコロ・古川登志夫(69)、ミスターサタン・ [全文を読む]

声優業界評最悪!? 『サザエさん』二代目・波平役の茶風林、その“バッカモーン”な素顔

サイゾーウーマン / 2014年02月26日13時00分

彼はかつて、『ヤッターマン』のドクロベエ役で知られる滝口順平氏の声をクライアントの前で真似て、『俺は滝口さんよりも安くやりますよ』なんて自分を売り込んでいたといいますから」(声優業界関係者) 個性を売りにする声優という職業としては、「何ともプライドのない売り方」(同)という茶風林。 「演技を“パクる”ことに長けている彼ならば、永井氏の演技をトレースすること [全文を読む]

波平にそっくりな声というTwitterスパムが横行!認証すると自動拡散

秒刊SUNDAY / 2014年02月09日18時23分

―ちなみにぶらり途中下車の旅の声優はモノマネですちなみに「ぶらり途中下車の旅」でナレータをつとめた「滝口順平」さんの変わりに2代目ナレータとして活躍している「藤村俊二」さんは、滝口さんの声マネでナレータをつとめている。―ネットの反応・ 永井一郎本人の声じゃないの??・ ああ、これはすごい!・ シンクロ率400%!! 代役はこの人としか思えない、・ 波平にそ [全文を読む]

フォーカス