甲田光雄のニュース

週に1回の断食で心も体も超健康に!? 誰もが手軽にできる「おうち断食」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月22日11時00分

その時に食養生の大家・甲田光雄のもとで断食や少食を実践し、病気を克服した。以来、1日青汁1杯のみの生活を20年以上続けながら、甲田の遺志を継いで、食養生の指導をしている。 同書は、そんな著者が「おうち断食」のやり方をくわしく紹介。断食といっても、決してハードなものではない。週に1回、朝食を抜いて、昼食と夕食に、すまし汁、寒天、リンゴのいずれかを食べるだけ。 [全文を読む]

【新刊】『「おうち断食」で病気は治る』~週1回で奇跡が起こる~

@Press / 2016年10月14日14時00分

著者は20代の前半に脊髄小脳変性症という難病に罹患しますが、食養生の大家・甲田光雄医師のもとで断食や少食を実践し、病気を克服。以来、1日青汁1杯のみの生活を20年以上続けながら、甲田医師の遺志を継いで、食養生の指導をしています。 本書は、そんな著者が、誰もが自宅で手軽に行える「おうち断食」のやり方をくわしく紹介した一冊です。断食といっても、決してハードな [全文を読む]

【書評】ヒーラーは五度死ぬ? 理解不能な「あの世」から蘇った話

まぐまぐニュース! / 2016年12月27日16時00分

著者の脳に「アクセス」してくる世界的な著名物故者とは? 彼は幽体離脱して天国に行き、甲田光雄や船井幸雄に会う。著者の素粒子が、おふたりの波長に合うから、究極のコミュニケーションがとれるのだという。ロシア人の父と祖父は、宇宙に遍満する「量子」の波動をあやつり感じとれる能力があった。って、なんのこっちゃ。母は十日町で350年以上続く「春日木草閣」という治療院の [全文を読む]

1日に青汁1杯のみ“不食のカリスマ”の驚くべき日常生活

WEB女性自身 / 2015年09月14日06時00分

効果的な治療法の見当たらなかった森さんがたどり着いたのが、故・甲田光雄医師が院長を務める甲田医院だった。甲田院長は、玄米生菜食を基本とする養生法を提唱、末期がんなどの重い病いに苦しむ多くの患者に施してきた。 「私の場合、玄米粥からです。五分粥と豆腐というように1日1,000キロカロリーを目安にして、それに慣れたら三分粥というように、徐々に超少食にしようとい [全文を読む]

朝食を抜くと健康になる?食事の回数減で寿命が延び、体調不良も解消?

Business Journal / 2015年08月18日06時00分

『朝食有害説―「一日二食」で健康に生きる』(渡辺正/情報センター出版局)、『生活習慣病に克つ新常識―まずは朝食を抜く!』(小山内博/新潮社)、『栄養学常識のウソを突く―長生きしたければ朝食は抜きなさい』(著:東茂由、監修:甲田光雄/河出書房新社)、『朝食を抜くと、なぜ健康になるのか』(松井二郎/サンマーク出版)、『朝食を抜くと健康になる』(石原結實/PHP [全文を読む]

榎木孝明が実践した「不食」の健康境界線とは?「食べないことで症状が消えた」

アサ芸プラス / 2015年07月10日17時55分

そこでワラにもすがる思いで、甲田光雄先生(故人)の所へ行ってみたところ、『大丈夫。治るよ』と言われたんです」(森氏) 甲田氏は、大病院がサジを投げた慢性病患者らに、東洋医学や民間療法での治療に取り組んだ医師だ。自身の慢性病に苦しんだ経験から、菜食中心の少食療法「甲田メソッド」を編み出したことで知られている。 その甲田氏のもとで、森氏はまず断食を試した。する [全文を読む]

フォーカス