黒河内真衣子のニュース

“時代の熱”がこもった言葉たち。じっくり読みたいインタビューまとめ【ファッション界編】

FASHION HEADLINE / 2017年01月02日19時00分

■ mameデザイナー・黒河内真衣子「ブランドとしての挑戦は続いている」--1/2【INTERVIEW】mameを立ち上げ5周年を迎えたファッションデザイナーの黒河内真衣子。ファッションシーンの明日を担う女性に贈られる「VOGUE JAPAN Rising Star of the Year 2015」を受賞し、ますます注目を集める彼女のビジョンを「挑戦」、 [全文を読む]

マメ×荒木経惟がコラボ作品を発表!展覧会「アラマメ」が森岡書店銀座店で開催

FASHION HEADLINE / 2016年07月01日18時00分

同コラボレーションは、マメのデザイナーの黒河内真衣子が、シーズン毎に発表しているルックブックとは異なる方法でブランドの意思をより強く表現したいと考えていた時に、異なる写真2枚を中央で切断し貼り合わせて1枚の作品とした荒木経惟の作品「アラキリ」と出会ったことをきっかけに実現したもの。森岡書店銀座店にて開催される展覧会では、今回制作された写真作品のうち10点 [全文を読む]

フリーダ・カーロの遺品シリーズ31点を公開、“写真界のノーベル賞”受賞写真家が銀座で個展

FASHION HEADLINE / 2016年06月06日12時00分

また、会期中の7月2日には、石内とmameのデザイナー黒河内真衣子による対談が行われる。申し込み方法は、資生堂ギャラリーのオフィシャルサイトで確認出来る。 さらに、同展に合わせて未発表の写真を中心とした写真集『フリーダ 愛と痛み』と石内のエッセイ集『写真関係』が刊行されるほか、ドキュメンタリー映画『フリーダ・カーロの遺品 ―石内都、織るように』が、7月23 [全文を読む]

mameの黒河内真衣子、新宿伊勢丹で “ニューメキシコの夢”を服で表現。白緑の刺繍ドレスやブラウスの限定品も

FASHION HEADLINE / 2016年05月19日11時00分

デザイナーの黒河内真衣子によれば、小説家パウロ・コエーリョ(Paulo Coelho)の作品『アルケミスト-夢を旅した少年』の主人公を自らと重ね、黒河内が夢の中で旅をしたアメリカ・ニューメキシコ州での出来事を「錬金術」と捉え、この錬金術こそが自らにとっての「服をつくる」ことであり、16SSアイテムで具現化したという。 今回の展開アイテムは、ニューメキシコの [全文を読む]

mameデザイナー・黒河内真衣子「パズルを完成させるためのかけらを探している」--2/2【INTERVIEW】

FASHION HEADLINE / 2016年01月19日21時00分

デザイナー・黒河内真衣子さんのインスピレーションを刺激するものとは?そして、彼女が考えるデザイナーの役割とは?彼女の言葉から、mameの現在地とこれからを読み解く。 ーー16SSでは錬金術、アルケミストがテーマになっています。これも、様々な素材や技術をmameなりのやり方で編んでいく「美しいイメージ」なのでしょうか。今回のコレクションにあたり、ニューメキシ [全文を読む]

mameデザイナー・黒河内真衣子「ブランドとしての挑戦は続いている」--1/2【INTERVIEW】

FASHION HEADLINE / 2016年01月19日20時00分

11SSのデビューから5周年を迎えたmameのデザイナー黒河内真衣子さんに会いにいった。彼女の言葉から、mameの現在地とこれからを読み解く。 ーーmameのデビューから5年が経ちました。この5年でmameが思い描く女性像に変化はありましたか? 具体的な女性像は大きく変化していませんが、ブランドとしての挑戦は続いています。例えば「mameの洋服を着るシーン [全文を読む]

黒河内真衣子によるmameの北国への旅から生まれたタイムレスな服【2017-18秋冬ウィメンズ】

FASHION HEADLINE / 2017年06月03日19時00分

デザイナーの黒河内真衣子が手掛けるマメ(mame)が、2017-18年秋冬コレクションを発表した。 コレクションのテーマは「TIMELESS」。先シーズンに引き続き、作家・朝吹真理子による同名小説にインスピレーションを得た黒河内は、作中に登場する北国を旅し、そこで出合った民族衣装や舞踏衣装、婚礼道具の色布や糸のあしらい、荒々しい手仕事に魅了され、それらのデ [全文を読む]

mameが新宿伊勢丹でポップアップ。“TIMELESS”がテーマの新作コレクションを展開

FASHION HEADLINE / 2017年05月02日10時00分

デザイナーである黒河内真衣子は同コレクションにおいて、芥川賞受賞作家である朝吹真理子の小説「TIMELESS」の作中の一節に自身の記憶を重ねたり、メキシコの女流画家であるフリーダ・カーロが残したドレスや靴、化粧品からその生涯や女としての一面を感じとるなど、2人の女性が残したものに着想を得た。 また、同ポップアップでは、コレクションに加えて幾何学柄のコット [全文を読む]

mameの限定アイテムが伊勢丹新宿店に登場、神楽坂の花店・小路苑による特別なディスプレイ

FASHION HEADLINE / 2016年11月05日10時00分

デザイナーの黒河内真衣子が手掛けるマメ(mame)が、11月9日から15日まで、ポップアップストア「mame 2016 AUTUMN WINTER “Alchemist” EXCLUSIVE COLLECTION」を新宿伊勢丹本館3階センターパーク/ザ・ステージ#3にオープンする。 会期中は、店内に神楽坂の花店・小路苑の手による特別なディスプレイを施し、シ [全文を読む]

VOGUEが選ぶ今年の女性に、sacai阿部、mame黒河内、ダンサー菅原小春らが輝く

FASHION HEADLINE / 2015年11月27日20時00分

そして、ファッションシーンの明日を担う女性を応援するとして今年新設された「Rising Star of the Year 2015」を、黒河内真衣子(マメ・デザイナー)が受賞した。 受賞式にサカイの16春夏のブラックドレスで登壇した阿部は「今年はナイキとのコラボレーションや、ブランドブックを発表したりと目白押しで、充実した1年であったことは確か。今後も安定 [全文を読む]

これだけは知ってなきゃ!日本が誇る3大ブランド「タロウホリウチ」「オニツカタイガー」「mame」

Woman Insight / 2015年04月13日12時03分

3 マメ mame ワンピース¥140,000(黒河内デザイン事務所〈mame〉)、靴¥26,000(ユニバーサルランゲージ渋谷店〈ペルティーニ〉) 若手デザイナー、黒河内真衣子氏が2010年に立ち上げたファッションブランド。「今日は大切なプレゼンがある」「今日は好きな人とランチに行くかもしれない」……そんな日常的な「小さな戦い」を応援するための“戦闘服 [全文を読む]

聖なる大麻布「麻世妙」でヨウジ、ミナ、mame、ケイタら伊勢丹限定アイテムを披露

FASHION HEADLINE / 2015年03月25日22時00分

デザイナーの黒河内真衣子は、日本各地の伝統的な技法にインスピレーションを受けたコレクションを発表しており、今回のコラボレーションが実現した。 ケイタマルヤマは、麻世妙でドレス2型(8万5,000円から)とスカーフ1型(3万3,000円)を製作。デザイナーの丸山敬太は「麻は保温性もある一方、涼感も与えてくれる素材。環境に寄り添う素材を活かすため、着る人の肌に [全文を読む]

Perfume、今年の紅白はmame着用。真鍋大度「Perfume最高です」

FASHION HEADLINE / 2014年12月31日22時33分

「パフューム(Perfume)」は12月31日放送の第65回NHK紅白歌合戦にて、デザイナー・黒河内真衣子による「マメ(mame)」の衣装を着用して登場した。 まとったアイテムは14-15AWと同様スズランの刺繍が施されたグリーン×ブラック×ホワイトのドレス。シースルーのレースやカッティングがセンシュアル。オープニングや司会の嵐と吉高由里子とのトークコーナ [全文を読む]

mame初のスカーフ登場。新宿伊勢丹でイベント

FASHION HEADLINE / 2014年06月10日22時00分

デザイナー・黒河内真衣子は、長野で祖母と共に過ごした時の記憶からインスパイアされた情景を表現した。 今回の注目は、同ブランド初となるスカーフ(3万円)。「SETSUKO」「TARO」「MIDORI」の3型がそろい、いずれも三越伊勢丹限定。 「SETSUKO」は、祖母の名前から引用したもので、家に活けてあったという百合が祖母のポートレートの中と外に描かれてい [全文を読む]

新宿伊勢丹のJAPAN SENSES開催。イッセイ、ビズビム、アンリアレイジ、mameなど参加

FASHION HEADLINE / 2014年03月27日14時00分

参加する日本人デザイナーは「イッセイミヤケ(ISSEY MIYAKE)」の宮前義之、「アンリアレイジ(ANREALAGE)」の森永邦彦、「マメ(mame)」の黒河内真衣子、「ミハラヤスヒロ(MIHARAYASUHIRO)」の三原康裕、「ファクトタム(FACTOTUM)」の有働幸司ら40名以上。 4月1日から7日の間、同店催事場では青森の地場産業の一つ「あお [全文を読む]

九谷焼から紡がれたmame【14-15AW東京】

FASHION HEADLINE / 2014年03月25日22時00分

デザイナー黒河内真衣子は引き続き祖母と過ごした時間に思いを馳せた。 キーとなったのは、祖母の家の蔵にあった緑色の九谷焼の器。緑は細かい点描で表現されており、その厚みのある質感からインスパイアされ、立体的な質感のテキスタイルを採用したという。 緑のチュールに施された小花の刺繍、ネップの強いツイードなどが象徴するテキスタイル。プリーツスカートやシフォンが積層し [全文を読む]

小浪次郎×mame写真集発売。GYREでイベントも

FASHION HEADLINE / 2014年03月18日17時00分

発売に先駆け、表参道のジャイル(GYRE)で開催されているRDVスタジオ バイ ハニカム(RDV studio by honeyee.com)にて3月19日から24日まで同写真集の先行販売と、ブランドデザイナーの黒河内真衣子と小浪によるインスタレーションを実施。23日の18時半からは、両者を迎えてのトークショーも開催される。 写真集は、mameの14SS [全文を読む]

mame、祖母と育んだ14SSコレクションを新宿伊勢丹で展開

FASHION HEADLINE / 2014年01月22日21時00分

デザイナー黒河内真衣子は長野に住む祖母の家で2週間2人で暮らし、その日々の中で祖母から聞いた食べ物の話、幼少期や戦争の話を元にイメージを膨らませてコレクションを作り上げた。一つひとつのストーリーを秘めたものに惹かれるという黒河内らしいアプローチだ。 キーカラーのボルドーは、祖母が育てていた花の色。他にもネイビーやブラックなどシックなカラーパレットで構成した [全文を読む]

新宿伊勢丹、mame最新コレクションをフィーチャー

FASHION HEADLINE / 2014年01月17日16時00分

デザイナー黒河内真衣子が、長野の山奥で暮らす祖母と過ごした日々からインスパイアされたもの。祖母と向き合うことで自分自身とも向き合いながら、それぞれの「personal memory」をファッションで表現したという。祖母の戦争体験の話から着想したミリタリー要素や、祖母が育てていたプランターのすみれや畑に生えていた草花をスケッチすることで生まれた花柄など、長野 [全文を読む]

フォーカス