落合英二のニュース

【ロッテ】落合英二投手コーチが登録名を「英二」に変更

ベースボールキング / 2017年01月27日14時16分

ロッテは27日、落合英二投手コーチが登録名を「落合英二」から「英二」に変更すると発表した。 英二投手コーチは球団を通じて「心機一転やりたいとの思いからです。2017年キャンプから心機一転、頑張ります!」とコメントした。なお、2月1日のキャンプからユニホーム背中には「EIJI」と表記される。 英二投手コーチは25日に自身のTwitterで「千葉ユニフォームの [全文を読む]

中日・山崎武司 霊感強かった同僚の予言に従い本塁打量産

NEWSポストセブン / 2012年03月18日07時00分

なかでもとびきりのエピソードが、当時のチームメート・落合英二の“特殊能力”。霊感の持ち主?である落合絡みのエピソードを3篇紹介しよう。 【1】1996年シーズン、山崎は試合前に、霊感があるという落合英二に助言を求めていた。「初球何?」と聞くと「スライダーです」などと答えるのでそれを狙うと本塁打。落合の“予言”のおかげで6、7本打った。 【2】4、5本のバッ [全文を読む]

【プロ野球】トレンドはたれ目!? 球界の愛されキャラ「たれ目の選手&指導者」を選手名鑑で探してみよう!

デイリーニュースオンライン / 2017年03月01日17時05分

■瓜二つなロッテ・英二コーチと楽天・宮川将 今年から登録名を「英二」に変更したロッテの落合英二投手コーチも、たれ目で有名だ。現役時代は霊感キャラで鳴らしたが、今ではすっかりよき指導者に。昨年オフは、Twitterに期間限定アカウントを開設。自軍選手やファンと積極的に交流して話題を呼んだ。 その英二コーチにそっくりなのが、楽天の宮川将である。そのたれ目ぶり [全文を読む]

【ロッテ】落合コーチが「輝け下野エール大使」に就任 「少しでもお役に立てるよう」

ベースボールキング / 2017年01月10日15時47分

ロッテは10日、落合英二投手コーチが栃木県下野市の「輝け下野エール大使」に就任したと発表した。 「輝け下野エール大使」は下野市の今年度、新設事業で、落合コーチのほかに、。能楽師・山中一馬氏、お笑いタレント「ザ・たっち」の2人、彫刻家・宇賀地洋子氏、柔道選手・高藤直寿氏、声優・下野紘氏が就任。9日に下野市役所で委嘱状が交付された。 落合コーチは、「故郷である [全文を読む]

【ロッテ】来季のコーチングスタッフを発表!

ベースボールキング / 2016年12月07日15時55分

【ロッテの2017年度コーチングスタッフ】 <一軍> 監 督:伊東 勤「83」 投手コーチ:落合英二「88」 投手コーチ:小林雅英「79」 バッテリーコーチ:田口昌徳「86」 野手総合兼打撃コーチ:山下徳人「71」 打撃コーチ:堀 幸一「75」 内野守備・走塁コーチ:松山秀明「72」 外野守備・走塁コーチ:清水雅治「87」 戦略コーチ:石貫宏臣「85」 [全文を読む]

【プロ野球】今季レアードが達成したレア記録は!? 忘年会までに仕込みたい「野球トリビア」をクイズ形式で紹介!

デイリーニュースオンライン / 2016年11月26日16時05分

【2016年シーズン編】 A1:レアード(日本ハム) A2:鈴木大地(ロッテ) A3:丸佳浩(広島) A4:秋山翔吾(西武) 【歴史編】 A1:辻本賢人(元阪神) A2:落合英二(元中日) 何問正解だっただろうか。マニアックな野球ファンには簡単すぎたかもしれないが、こういった野球トリビアを野球飲み会、野球ファンが集まる忘年会で披露し、ぜひ野球ファンの輪を [全文を読む]

中日のドラ1潰してきた背番号12 ドラ3田島が背負うことに

NEWSポストセブン / 2013年12月03日16時00分

この不吉な番号はチーム内でも気味悪がられ、当の高橋が中日コーチ時代、ドラ1の落合英二の背番号が「12」に決まりかけた際、「怪我に見舞われ、いい思いをしなかった番号だから」と変えさせている。 来季からは“ポスト浅尾拓也”の呼び声の高い田島慎二が背負うことになったが、ドラフト3位の田島にもジンクスは当てはまるか。 ※週刊ポスト2013年12月13日号 [全文を読む]

第19回 ダイワハウス 全国少年少女野球教室に特別協賛します

PR TIMES / 2013年04月26日10時58分

対 象 者 :小学4年生~中学3年生 【 5月12日48会場で同時開催 】 人 数 :約1万2000人 プロ野球OBの人数 :約390人 ● 開催概要 【 名 称 】 第19回 ダイワハウス 全国少年少女野球教室 【 開催日時 】 2013年5月12日(日) 【 開催会場 】 47都道府県48会場 ※原則:各都道府県1会場(東京都のみ2会場) 詳細は別紙 [全文を読む]

フォーカス