池内万作のニュース

編集者から読者へ”物語”の面白さを直接お届け KADOKAWA発の文芸情報サイト「カドブン」オープン!

PR TIMES / 2017年05月31日12時56分

書評は、渋谷のブックカフェ「森の図書室」図書委員長の森俊介さんや、読書が大好きで、朗読もおこなう俳優の池内万作さん、2016年に開催されたダ・ヴィンチ×読書メーター「レビュアー大賞」の受賞者など、「物語」にひとかたならぬ愛情をもつ方々が「カドブンレビュアー」として定期的にレビューを執筆。複数の作品の中からご自身がセレクトした書籍について、熱量高いレビューを [全文を読む]

トリンドルと対峙した剛力が待機児童問題を一刀両断!

Smartザテレビジョン / 2017年05月05日10時00分

育児ノイローゼから夫を殺し、その結果娘の養育権も失ってしまっていた彼女は、「国家試験に合格できたら刑務所に娘を呼び、髪を切ってあげる」という約束を、刑務所長の恩田(池内万作)と交わしていたのだ。 そしてついに迎えた試験当日。結果を心配する桜子たちをよそに、沙羅は手応え十分で部屋に戻ってくる! 一気にテンションが上がった女囚たちは、沙羅の試験がうまくいったこ [全文を読む]

剛力彩芽主演「女囚セブン」 早分かり4コママンガ&じっくり長文解説でストーリー紹介!!

Smartザテレビジョン / 2017年04月03日06時00分

本来なら大問題になるところだが、所長の恩田(池内万作)をはじめ、刑務官たちはこの事実をもみ消し、代わりにまおには恐ろしい懲罰が与えられることに。一方の琴音は、脱獄を邪魔した形になったため、早速囚人たちのイジメの格好のターゲットになってしまう。 “母性の保護”をうたう先進的な刑務所の花園刑務所だったが、その実態は隠蔽とイジメが横行する地獄だった。しかし琴音は [全文を読む]

音楽好きから熱烈な支持を集める音楽番組【MUSIC SHARE】京都を皮切りに続々と地方支局をスタート!

PR TIMES / 2017年01月17日13時31分

[画像2: https://prtimes.jp/i/17620/3/resize/d17620-3-622245-7.jpg ]先日(2017年1月12日放送)NHK【スタジオパークからこんにちは】でも取り上げられましたが、本田みちよの夫で俳優の池内万作も、番組を支え続けている創立メンバーの一人です。[画像3: https://prtimes.jp/i/ [全文を読む]

黒木メイサが男装の女剣士に!「花嵐の剣士」制作開始

Smartザテレビジョン / 2016年07月29日16時57分

ほか出演は、田中美里、吉沢悠、袴田吉彦、池内万作、宅間孝行、波岡一喜、青山倫子、西村雅彦ら。 制作統括の篠原圭と小泉守は「主演の黒木メイサさんは撮影の2カ月前から特訓に取り組み、“法神流”の独特な動きをマスターしました。“天狗剣法”とも呼ばれる法神流をダイナミックに表現するためワイヤアクションも導入しましたが、黒木さんのスキルはアクション監督・柴原孝典が目 [全文を読む]

岸明日香 かわいいリボンのビキニからGカップがこぼれそう

dwango.jp news / 2015年11月19日20時30分

映画『フローレンスは眠る』 出演は藤本涼、桜井ユキ、池内万作、東幹久、宮川一朗太、山口果林-、山本陽子、山本學、前田吟、村上ショージ、岸明日香 舞台挨拶付き特別先行上映は、16年3月5日(土)に有楽町のTOHOシネマズ日劇で。 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】桐山漣は「段取りがまったくできない」上に「変態」? 彼自身の体験談から検証する。

TechinsightJapan / 2014年08月30日20時55分

本作に出演する佐藤江梨子、黄川田将也、桐山漣、阿部百合子、池内万作、市井昌秀監督が登壇すると、MC・古坂大魔王の進行でトークを繰り広げた。元カレに振り回されるダメなOL役を演じるのが佐藤江梨子は、「サトエリって呼んでください! 宜しくお願いします!」と挨拶。そんな彼女の相手を務めるのが、カッコイイ王子様キャラの元カレ役・黄川田将也と自由人の元カレ役・桐山漣 [全文を読む]

長澤まさみの貞操ピンチ!! 事務所の台所事情は火の車?

メンズサイゾー / 2013年02月03日08時00分

ベテランも堅実に稼ぐのは沢口靖子と池内万作くらいで、地味に稼ぐ女優だった野波麻帆も先日デキ婚をして仕事をセーブしています。他には離婚騒動の高嶋政伸、代議士夫と不仲説が絶えない水野真紀、激ヤセした斉藤由貴などスキャンダルのあったタレントも少なくない。若林豪や宮本信子ら大御所もいるものの、ギャラは高い。台所事情が相当厳しくなっているというウワサは、以前から業界 [全文を読む]

フォーカス