安岡力也のニュース

2位宮﨑あおい×栗山千明「仲良しと聞いて驚く芸能人」1位のペアは?

VenusTap / 2016年10月18日19時40分

■最も意外だったのは、「安岡力也×稲川淳二」!<プライベートで仲がよくて意外な芸能人ペアランキング>1位・・・安岡力也×稲川淳二(15.0%)2位・・・宮﨑あおい×栗山千明(12.8%)3位・・・澤部佑(ハライチ)×岡田将生(11.6%)4位・・・綾野剛×又吉直樹(ピース)(11.0%)5位・・・ムロツヨシ×小泉孝太郎(9.4%)6位・・・佐々木希×木下優 [全文を読む]

亡き父・力也に肝臓64%移植した安岡力斗「腹の傷は絆の証」

NEWSポストセブン / 2016年06月18日07時00分

2012年4月に64才で亡くなった安岡力也さん。その息子である安岡力斗さん(30才)が、父への思いを語る。(取材・文 『親のおくり方』著者・根岸康雄さん) * * * 安岡力也という男を演じきった、それがぼくの父親だったのではないか。 「おれはイタリアンマフィアのせがれで、日本人のおふくろとの間に生まれた。親父はマフィアの抗争で命を落とした」 父親のそんな [全文を読む]

芸能界最強説の渡瀬恒彦「怒らせちゃダメ」と安岡力也も恐怖

NEWSポストセブン / 2017年03月28日07時00分

でも、安岡力也さんには『お前、恒さんを怒らせちゃダメだぞ。俺がどれだけ怖い思いをしたか知ってるか?』と脅されました。あのおっかない力也さんを震え上がらせていたなんて……」 ※週刊ポスト2017年4月7日号 [全文を読む]

天地真理 安岡力也さん訃報に「元気な人が…」と死を考える

NEWSポストセブン / 2012年04月15日07時00分

もともと体調に波があることに加え、安岡力也さん(享年64)の訃報を受け、すっかり落ち込んでいるという。 「昔、営業で一緒になったこともありますし、“あんな元気な人が…”と思って。そうすると私も死を考える。真保ちゃんに話したら、“お母さんは死んじゃダメよ。これからもやってもらいたいことはいっぱいあるんだから”といわれました」(天地) 今後の活動については「 [全文を読む]

"ホタテマン"逝く 安岡力也の男気あふれる一生

日刊サイゾー / 2012年04月13日08時00分

俳優の安岡力也さんが4月8日、病魔との闘いに力尽きて心不全のために死去。享年65歳の若さだった。 力也さんとはよく遊んだ。彼と知り合ったのは25年ほど前。筆者が応援している札幌在住の演歌歌手で、道内の刑務所で受刑者にカラオケ指導を続けている篤志面接員(刑務所内で受刑者をサポートするボランティア)の二美仁に会ってもらうためだった。当初は、力也さんが所属してい [全文を読む]

安岡力也 壮絶な闘病生活に「死にたくねえ」と周囲に漏らす

NEWSポストセブン / 2012年04月12日16時00分

4月8日午前6時、安岡力也さん(享年64)が都内の病院で心不全のため亡くなった。2002年に肝臓を患って以来、この10年は闘病生活に明け暮れていた。 2006年、手足が麻痺して動かなくなるギラン・バレー症候群を発症。懸命なリハビリで一時は復帰を果たしたが、2010年6月には肝細胞がんが判明した。次々に襲ってくる病魔との壮絶な闘い。絶望に陥ってしまいそうな日 [全文を読む]

忘れがたき「昭和のいい女」を一斉追跡!<直撃2・フラワー・メグ(23時ショー)>

アサ芸プラス / 2017年05月06日17時57分

「ある日、梅宮さんの楽屋にいたら、安岡力也さんが入って来て、私の顔をペローンって舐めたんです。それからすごい力で私を押し倒して、襲おうとしたのね。私が『お兄ちゃんに言うわよ!』と言ったら、ビックリして飛び離れたの」 誰もかれもが“不良番長”だった時代のエピソードだろう。それほど魅惑を振りまいたフラワー・メグが、あっという間に芸能界から去ったのはなぜか?「子 [全文を読む]

渋谷天外に影響を与えた3人の芸達者 島田紳助の分析力に感嘆

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年04月24日09時26分

コラム【今あるのはあの人のおかげ】 デビュー40周年を迎えた松竹新喜劇代表の渋谷天外さん(62)。天才喜劇役者、故藤山寛美さんの下で修行を重ね、さらに東京で演技を磨いた。現在に至るまで大きな影響を受けたのがこの3人だ。 ◇ ◇ ◇ 僕が7年ほど在籍していた松竹新喜劇をいったん休団したのは29歳の時ですわ。新喜劇に入ったものの、先輩がぎょうさんおったもんやか [全文を読む]

渡瀬恒彦死去で改めて語られる「芸能界最強」壮絶エピソード

アサ芸プラス / 2017年03月17日17時59分

「12年4月に亡くなった安岡力也は元プロキックボクサーで立派な体格をしていました。しかし渡瀬が安岡を駐車場に呼び出して“半殺し”にしたことはあまりに有名です。また舘ひろしや岩城滉一もメンバーだったロックバンド『クールス』を『調子に乗っている』という理由でフルボッコにしたあげく、川に放り投げたこともあるといいます。ガッツ石松や梅宮辰夫らからも腕っぷしの強さは [全文を読む]

病魔と闘う荒ぶる役者たちの不屈秘話 「第2回・梅宮辰夫」(2)梅宮が怒ったら現場が悪い

アサ芸プラス / 2016年10月27日05時57分

そんな姿勢を慕う後輩は多く、とりわけ安岡力也は「辰兄ィ」と尊敬の念を持ち続けた。グループサウンズのスターからキックボクサーに転身し、仕事がなくて食えない時代を「不良番長」で拾ってもらった恩を忘れなかった。 十日市が付き人を務めた時期はちょうど梅宮アンナが小学校の高学年だった時期だが、梅宮のパパぶりは、ほほえましかったと言う。「運動会ともなると5合炊きの電子 [全文を読む]

フォーカス