永島敏行のニュース

EXILE秋山真太郎、「黒蜥蜴」で新派に初挑戦

スポーツ報知 / 2017年05月11日07時00分

喜多村緑郎、春本由香、永島敏行らが共演する。 [全文を読む]

池井戸潤原作ドラマ『アキラとあきら』小泉孝太郎、石丸幹二ら出演決定

ORICON NEWS / 2017年04月20日07時00分

彬の弟・階 堂龍馬役には連続ドラマW初登場の賀来賢人、一磨の弟であり、東海旭商会・社長の階堂晋役に木下ほうか、東海旭観光・社長で晋の弟、階堂崇役に堀部圭亮、産業中央銀行の彬の同僚・水島カンナ役に連続ドラマW初登場の瀧本美織、産業中央銀行・融資部長の羽根田一雄役に永島敏行、亜衣の父・北村利夫役に尾美としのり、らを配役。 原作小説は、当初の原稿に大幅な加筆修 [全文を読む]

向井理×斎藤工の主演ドラマ「アキラとあきら」に小泉孝太郎、田中麗奈ら出演

映画.com / 2017年04月20日07時00分

瀧本が彬の同僚・水島カンナ、堀部圭亮が晋の弟・崇、永島敏行が産業中央銀行の融資部長・羽根田一雄、尾美としのりが亜衣の父・利夫を演じる。 なお、WOWOWが池井戸作品をドラマ化するのは、「空飛ぶタイヤ」「下町ロケット」「株価暴落」に続き4作目だが、今回は過去最長の全9話で制作される。「連続ドラマW アキラとあきら」はWOWOWプライムで7月9日午後10時から [全文を読む]

女優たちの「初濡れ場」メモリアル(2)校内での初体験演技が光った森下愛子

アサ芸プラス / 2017年04月03日12時57分

森下演じる愛称「新聞部」は、同じ高校の「サード」(永島敏行)と図書室にいる。下を脱いだ永島に、森下は言う。「ふうん、こんなになってるの。触っていい?」 股間をいじられて欲情した永島は、図書室で森下を押し倒す。ただ、お互いが未経験なため、ここでは失敗に終わる。 それから数日後、新聞部の部室でイスに座った永島に、森下が下だけ脱いで上にまたがる。小さなうめき声 [全文を読む]

「相棒15」元日SPで右京&亘が郊外の駐在所に左遷!

Smartザテレビジョン / 2017年01月01日05時00分

会場には人々に囲まれ権勢を誇る警視総監の四方田松榮(永島敏行)をはじめ衣笠藤治副総監(大杉漣)、対照的に一人壁際に佇む甲斐らに混じり、黒水町長の和合賢人(八嶋智人)の姿も。IT起業家として大成功を収めた和合は、町長就任以降「人間のイノベーション」と銘打ち、前科のある人間を積極的に受け入れ、過疎化の進む町とともに再生を目指す政策で注目されていた。 [全文を読む]

初舞台前にした勘九郎の息子 母・愛さんが語る成長ぶり

WEB女性自身 / 2016年10月16日06時00分

七緒八くんはもちろん、田植えのときは、お眠でご機嫌斜めだった哲之くんも、今日はママや、田んぼアートのプロジェクトリーダー・永島敏行さん(59)に手伝ってもらいながら鎌を使って稲刈りを頑張った。幼かった兄弟も着実に成長を遂げている。 「しっかり根を張ってお水をいっぱい吸収しておいしいお米が育つように、子供たちもいろんな人に助けていただいて教えていただいて、 [全文を読む]

全20話だからこそ実現できた!ドラマ版「沈まぬ太陽」の魅力をチェック

Movie Walker / 2016年07月01日20時46分

そのほか、恩地の赴任先の支店長・島津(永島敏行)がみせる公明正大な仕事ぶりや、恩地に幾度となく立ちふさがる堂本取締役(國村隼)の思惑など、ドラマ版ならではの深みのある人物像に引き込まれるだろう。 また、映画には登場しなかった、曲者キャラたちにも注目したい!長谷川京子演じる、行天の愛人・客室乗務員の小川亜紀子は、妻子ある行天と秘密の逢瀬を重ねながら、彼のス [全文を読む]

名作妖艶シネマ「このセリフが悩ましかった!」(7)「あの美女たちの名言」発掘調査-その2-

アサ芸プラス / 2016年04月22日05時57分

森下は「新聞部」があだ名で、同じ高校の「サード」(永島敏行)とともに、図書室の一角にいる。お互い、下半身だけを脱ぎ、森下は永島の股間を見てつぶやく。「ふーん、こんなになってるの? 触っていい」 別の場面では新聞部の部室で、対面座位の形で永島と初体験。「よくこういうのあるじゃない」 腰を揺らしながら、アンニュイにつぶやくのが逆にエロティックである。 最後は、 [全文を読む]

内野聖陽、トルコ人俳優にジェラシー「相変わらずイイ男」

Movie Walker / 2015年12月01日19時53分

プレミアには内野聖陽、ケナン・エジェ、忽那汐里、アリジャン・ユジェソイ、小澤征悦、 宅間孝行、大東駿介、徳井優、螢雪次朗、かたせ梨乃、夏川結衣、永島敏行、田中光敏監督が登壇し、トルコからの関係者も大勢駆けつけた。最後には、直径4m の巨大な地球のバルーンをバックに、全員でフォトセッションを行った。 『海難1890』は、125年前に串本町樫野崎沖で遭難した [全文を読む]

名優・根津甚八からのメッセージに東出昌大が涙

Smartザテレビジョン / 2015年09月26日16時03分

今回、前作で命を落とした大越組若頭・久松(鶴見辰吾)の息子・勇人(東出)、組長・大越(永島敏行)の息子・大輔(桐谷)、元アイドル・麻美(土屋)、19年前の真相を追う森澤(柄本)、五誠会三代目の誠司(安藤)のメーンキャスト5人が集結し、新たな伝説を作り出す。 また、前作で元刑事を演じ、'10年に俳優業を引退宣言していた根津甚八が、石井監督の要望に応え、本作の [全文を読む]

フォーカス