石井克人のニュース

石井克人監督最新作・満島ひかり出演映画『ハロー!純一』、小学生全員無料公開のためクラウドファンディングで支援金を募集開始!

PR TIMES / 2013年12月18日10時37分

シューティングスターにて2014年2月14日までサポーター募集中 株式会社JGマーケティング(本社:東京都港区、代表取締役:佐藤大吾)は、2013年6月12日開設のクラウドファンディングプラットフォーム「ShootingStar(シューティング スター)」にて、2014年2月より小学生以下全員に無料(※)で公開する石井克人監督の最新作・満島ひかりさん出演の [全文を読む]

『GAMBA』白組スーパーバイザー・公野勉氏「アニメ、オワコン化が進むのは声優に依存するため」に賛否!!

おたぽる / 2015年12月03日14時00分

これまでに、青山真治監督『冷たい血』、石井克人監督『鮫肌男と桃尻女』、深作欣二・深作健太監督『バトル・ロワイアルII 鎮魂歌』など、多くの作品に携わってきた敏腕だ。 また実写映画だけでなく、『STAND BY ME ドラえもん』や『GAMBA ガンバと仲間たち』などのアニメ作品を制作した白組のコンテンツ・スーパーバイザーを務める公野氏は、当然のことながら、 [全文を読む]

喫煙シーンの多さが波紋を呼ぶ『劇場版 MOZU』2週連続首位!! 気になる紀里谷和明のハリウッド進出作は!? 【週末映画興行成績】

おたぽる / 2015年11月17日17時00分

石井克人監督『鮫肌~』のほうは、数少ない原作越えの映画だ。 動員約8万7,400人、興収約1億1,300万円をあげ、初登場3位にランクインしたのは『コードネーム U.N.C.L.E.』。同作は、1960年代のイギリスの人気TVシリーズ『0011 ナポレオン・ソロ』をもとに、『シャーロック・ホームズ』シリーズのガイ・リッチー監督が映画化したスパイ・サスペンス [全文を読む]

ニューヨーク・コミコン2015で「ガメラ」生誕50周年記念映像が公開!

Movie Walker / 2015年10月09日08時59分

CGでガメラを甦らせた「GAMERA」を手掛けたのは、映画、CM、TV、ドラマ、アニメーションなど、あらゆるジャンルの映像作品を手掛けている石井克人監督。東京にギャオスが来襲し、人々が逃げ惑うなか、少年・マナフ(高橋琉晟)は父親(宮藤官九郎)をギャオスに食べられてしまう…というストーリーが展開する。 10月22日(木)から開催される第28回東京国際映画祭 [全文を読む]

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015開幕!

Movie Walker / 2015年02月20日11時23分

その他、高倉健追悼企画や大森一樹や石井克人らを審査員に迎えた2つのコンペティションや、公開待機中の話題作から個性派インディーズ映画まで、数多くの上映とイベントが行われる。【Movie walker】 [全文を読む]

ヘルシー大豆スナック「ソイカラ」、新CMで衝撃の展開! 小池栄子さんがサッカー解説でおなじみのセルジオ越後さんに!?-TVCM「夜ふかしと、ソイカラ」篇 5月16日(金)から放映開始-

PR TIMES / 2014年05月16日10時12分

【スタッフリスト】・クリエイティブディレクター/コピーライター 福部明浩・アートディレクター 榎本卓朗・デザイナー 山崎南海子・演出 石井克人・カメラマン(ムービー/スチール) 町田 博(ムービー)/木寺紀雄(スチール)・プロデューサー 小澤祐治(ムービー)/菊地孝幸(スチール)・プロダクションマネージャー 小林勇介(ムービー)/八重樫武裕(ムービー) [全文を読む]

話題沸騰中の「ソイカラ」CMに新バージョン登場!原田泰造さん・小池栄子さん・平泉成さんのコミカルな家族のやりとりは必見!― TVCM「パパの失言」篇、11月3日(日)から放映開始 ―

PR TIMES / 2013年11月02日10時30分

【スタッフリスト】 ・クリエイティブディレクター/コピーライター 福部明浩・アートディレクター 榎本卓朗・デザイナー 山崎南海子・演出 石井克人・カメラマン(ムービー/スチール)町田 博(ムービー)/木寺紀雄(スチール)・プロデューサー 小澤祐治(ムービー)/菊地孝幸(スチール)・プロダクションマネージャー 西沢陽子(ムービー)/後藤塁(スチール)【原田泰 [全文を読む]

『Woman』スタッフも絶賛の“女版・堺雅人”満島ひかりに、主演オファー殺到中

日刊サイゾー / 2013年09月23日09時00分

この秋も、石井克人監督の『ハロー!純一』に主演している。 「この作品は、監督の自主映画なんです。満島さんは、信頼する監督やスタッフであれば映画の“大小”にもこだわらないし、映画の賞にも興味がないようです。役に対する心構えとか、長回しのセリフもOKでNGが少ないということからも、現場では“女版・堺雅人”と呼ばれているそうですよ」(芸能事務所関係者) 来月から [全文を読む]

フォーカス