矢作直樹のニュース

矢作直樹氏提言 「寿命を気にしなければ若返る」

NEWSポストセブン / 2016年07月29日16時00分

東大病院の救急現場で長年、「命」と向き合ってきた矢作直樹・東大名誉教授は、不安を払拭するためには死生観の転換が必要だと説く。 「そもそも、死に方に上下をつけたがるのは、私たちの悪い癖です。死に上下などありません。病院や自宅で大勢に見守られて死んでも、部屋でひとり死んでも同じです。死は帰郷とも呼ばれるように、肉体が死んでも魂は滅びないと考えてみてはいかがでし [全文を読む]

「ひとり」を怖れるな 東大名誉教授・矢作直樹氏が提言

NEWSポストセブン / 2016年07月15日16時00分

東大病院で長年、「人の生死」と対峙してきた矢作直樹・東京大学名誉教授は、国が抱える新たな課題として、ひとり暮らしへのケアが急務だという。 「国勢調査では、ひとり暮らしは1679万世帯で、夫婦と子どもからなる世帯の1444万世帯をすでに上回っています。2035年には、1846万世帯にまで拡大し、その多くが高齢者と予想されています。世帯構成が大きく変わっている [全文を読む]

トーハン調べ9月期月間ベストセラー発表

DreamNews / 2014年10月07日15時00分

--------------------------------------------------トーハン調べ 2014年 9月期月間ベストセラー【総合】--------------------------------------------------1位 「続・終物語」 西尾維新 著/講談社 ★2位 「銀翼のイカロス」 池井戸潤 著/ダイヤモンド社3 [全文を読む]

「保守派」とオカルトや偽史との奇妙な親和的関係

NEWSポストセブン / 2017年04月24日16時00分

「人は死なない」と主張する救急医矢作直樹も当然のように登場する。私は、死んでもいいから、この医者だけには診てもらいたくない。 この「別冊正論28」は、刊行半年の今も産経新聞に広告が出ている。売れ続けているからか、売れ残っているからか。 論語述而篇にこうある。「子は怪・力・乱・神を語らず」。孔子は、怪異、暴力、乱倫、神秘を語ることはなかった。古代の支那人の方 [全文を読む]

産経「別冊正論」が丸ごと一冊「霊界特集」! オカルトに急接近する産経新聞のグロテスクな思惑

リテラ / 2016年12月21日22時30分

そのため、依存症から真に回復するには、十二の階段を踏んで『大いなる存在』へと近づく生活を、心がけることが大切とされています」 また、東大病院救急部・集中治療部長でありながら、『人は死なない』(バジリコ)、『おかげさまで生きる』(幻冬舎)などのオカルト本を出版、病院の中で霊感セミナーを主催して、現場をはずされたあの矢作直樹氏も登場。お得意の「肉体は滅んでも意 [全文を読む]

別冊正論28「物質世界の向こう側 『霊性・霊界ガイド』 ―あの世を感じて生きる」 好評発売中です

PR TIMES / 2016年12月05日10時09分

それが…… 霊性・霊界ガイド 物質世界の向こう側―あのを感じて生きる [画像: http://prtimes.jp/i/22608/12/resize/d22608-12-157072-0.jpg ] (別冊正論28) 本体926円+税 ◇◇写真を豊富に掲載し、ビジュアルでも楽しめます!!◇◇ ・壇蜜の“あの世”問わず語り 「おくりびと」した遺体は400体 [全文を読む]

[選手権]被シュート15本で防戦一方も「想定内」、初出場山口県鴻城が日大山形にしたたかPK勝ち

ゲキサカ / 2016年01月12日00時09分

「こういう展開になる可能性はあると思った」と話したのは矢作直樹監督。「押しながらあとは点が獲れるかどうかだった。それが出来なかったのが敗因です」。さらにPK戦の直前に2年生GKの菅原拓寛に代えてGK武内紫舞貴(3年)を投入。PK要員としてピッチに送り込んでいたが、奇策も及ばず敗戦。武内は「相手の方が一枚上手だった。自分たちの3年間の頑張りが足りなかったこと [全文を読む]

[選手権]チーム紹介:日大山形高(山形)

ゲキサカ / 2015年12月29日02時02分

第94回全国高校サッカー選手権 日大山形高(山形) チーム紹介&注目選手↓ 過去の全国大会成績↓ 登録メンバーリスト↓ 日大山形高関連ニュース ▼全国大会日程 1回戦 vs山口県鴻城高(山口)■出場回数 18年ぶり13回目 ■監督 矢作直樹 ■主将 DF石井理貴 ■今季成績 [総体](県4強) 準決勝 1-2 山形中央高 [リーグ戦] 山形県1部リーグ優勝 [全文を読む]

不食によって神の力が手に入る!? 榎木孝明で話題の“不食“本を読んでみたら...

リテラ / 2015年06月29日12時00分

しかも、このセミナーには『おかげさまで生きる』(幻冬舎)がヒットした東京大学病院の矢作直樹医師も参加。 本サイトでも以前、紹介したように、矢作氏といえば救急部・集中治療部部長であるにもかかわらず著書ではオカルティックな言説を垂れ流し、さらには"霊感セミナー"疑惑も取り沙汰された人物である。 榎木氏はセミナーへの参加について、同誌のインタビューに「参加した [全文を読む]

トーハン調べ10月期月間ベストセラー発表

DreamNews / 2014年11月05日15時00分

--------------------------------------------------トーハン調べ 2014年 10月期月間ベストセラー【総合】--------------------------------------------------1位 「ハイキュー!! ショーセツバン!!(4)」 古舘春一 原作、星希代子 著/集英社 ★2位 「 [全文を読む]

フォーカス