山本八重のニュース

現代版「八重の桜」がコミックに!? 幕末のジャンヌ・ダルク! 山本八重の人生が、女子大生を救う!? コミックス「凛々と咲く 八重の桜」(壱)、発売中!!

PR TIMES / 2013年09月09日15時15分

NHK大河ドラマ『八重の桜』のヒロイン、山本八重だ。彼女の人生を、就活惨敗中のダメ女子大生・七都(なつ)が紐解き、逆境に負けずに生きていく強さを学んでいく…という独自の切り口で描いたコミックが「凛々と咲く 八重の桜」だ。 このコミックスの特徴は、幕末に生きた山本八重の生き方を学びながら、その要素をどうやって今を生きる知識につなげていくかというガイドラインが [全文を読む]

大河ドラマ『八重の桜』次週ついに最終回! 襄の死後、看護婦となった八重の生き様を先取り!! コミックス『凛々と咲く 八重の桜』1、2巻絶賛発売中!!

PR TIMES / 2013年12月09日09時43分

幕末、自ら鉄砲を手に最前線で奮戦するも虚しく、逆賊の汚名を着せられたまま祖国の会津藩が消滅し、亡国の民となった山本八重。その後、会津藩が守護職として赴任していた京都で兄が生き延びていたことを知り新天地へ移り住んだ彼女は、新島 襄と出会い結婚。襄との夢である大学設立に向けて、立ちはだかる様々な困難を乗り越えていく。夢かなったあと、最愛の襄を病で突然失ってか [全文を読む]

綾瀬はるかのコンディション抜群! 『八重の桜』は高視聴率の期待大!!

ハピズム / 2013年01月06日09時00分

男勝りで意志が強く、のちに「幕末のジャンヌダルク」と呼ばれた山本八重になり切った顔で、山本八重の魂が宿ったような顔だった。この人の役への入り込みは、見事と言うしかない。 個性的な綾瀬の顔の中でも最大の特徴は、左右で目の大きさや角度が違う「雌雄眼(しゆうがん)」だが、これは、要領がよく、頭も切れ、秘めたる野心もある顔相だ。口は、写真では極端に上がった口角をし [全文を読む]

真田丸『第47話』解説。女たちの和平交渉は家康側も考えていた?

まぐまぐニュース! / 2016年11月27日22時00分

茶々の妊娠を真っ先に気づく一年かけて、コツコツと和睦交渉の場の説得力を積み上げてこられたよ… #真田丸 — ぬえ (@yosinotennin) 2016年11月27日 【号外】徳川・豊臣両家が合意#真田丸 pic.twitter.com/Whiw9BfbVX — 虚報タイムス (@kyoho_times) 2016年11月27日 【今回のまとめ】・信之は [全文を読む]

真田丸『第46話』解説。淀殿は本当に豊臣家滅亡の戦犯だったのか?

まぐまぐニュース! / 2016年11月20日22時00分

寝返った時の褒美が書いてある」幸村「!」信尹「……読まんでいい」幸村(ビリッ)信尹「……」( ̄ー ̄)ニヤリ 「俺のようにはなるな」から30年以上……おじさん満足の対応だよ#真田丸 — 山本八重@11/27黒潮よさこい祭り (@aizu_sniper_yae) 2016年11月20日 ただ酒を酌み交わし、近況を話しただけで励ます様に去って行くおじ上メチャメチ [全文を読む]

真田丸『第44話』裏解説。今も不明、「真田丸」の形に2つの説アリ

まぐまぐニュース! / 2016年11月06日22時00分

関ヶ原からの世代交代を感じます…https://t.co/2U1drjbskG#真田丸 pic.twitter.com/Wrp128T0IW — 歴人マガジン (@rekijin) 2016年11月6日 この頃の徳川方は合戦経験のある武士が少なくなっており、史実でもこういう講習会をやっていたようです #真田丸 — すんすけ(松平俊介) (@tyuusyo) [全文を読む]

真田丸『第17話』解説。真田家は秀吉のせいで北条軍にも手を焼いた?

まぐまぐニュース! / 2016年05月01日13時00分

話が見えぬ」信繁「実は来てます」秀吉「私だ」家康「お前だったのか」秀吉「お願いがあって来たのだ」家康「全然気付かなかったぞ」秀吉「不安を持て余した」家康「天下人の」両者「頼み」#真田丸 — 山本八重さん ※6月28日コミックス発売 (@aizu_sniper_yae) 2016年5月1日 家康公が秀吉公に下ったこと、陣羽織を下げ渡されたことで「秀吉に逆らう [全文を読む]

真田丸『第12話』解説。なぜ上杉家は「義」を重んじるようになったのか?

まぐまぐニュース! / 2016年03月27日13時00分

★TEAM ナワバリングの書籍『図解 戦国の城がいちばんよくわかる本』、発売中!★ やる気のあるニート!? 『真田丸』がより一層楽しめる4コマ漫画、『ふぅ~ん、真田丸』発売中! ★イベント情報★クラブツーリズム主催のナワバリスト西股によるお城講座 4月10日(日)「戦国の城基礎講座と空堀ワンダーランド・小机城」※現在キャンセル待ち 5 月 14 日(土) [全文を読む]

歴史好き母「彼氏の名字は武田か上杉にしなさい」と娘に命令

NEWSポストセブン / 2014年02月14日07時01分

さらに昨年、大河『八重の桜』の放映でこれまでの名誉挽回! 「主人公は山本八重。ホラッ、『山本』っていう名字、やっぱり凄いだろ!」というと「ダメよ、大名じゃないもん!」。 ところが今年の大河が『軍師官兵衛』で、主人公が黒田藩の大名、黒田官兵衛と知った妻は「『黒田』って大名だったんだ。忘れてた!」。長女に「アナタ、黒田さんとヨリ戻して結婚しなさい!」。「アキ [全文を読む]

西郷隆盛はぽっちゃり好き!? 幕末志士たちの性癖、あだ名、趣味…

ダ・ヴィンチニュース / 2013年05月23日11時30分

現在放送されている大河ドラマ『八重の桜』の主人公である新島八重(旧姓:山本八重)にも、「14歳のときには4斗俵(およそ60キロ)を肩の高さまで上げ下げした」という怪力エピソードが残っている。 こんなふうに、あだ名や趣味、トラウマまでわかれば一気に親近感がわいてくる。歴史が苦手なあなたも、これを読めば少しは歴史が楽しくなるかもしれない。 文=小里樹 (ダ・ヴ [全文を読む]

『八重の桜』の長州藩描写 山口県民は受け入れ難いの意見多し

NEWSポストセブン / 2013年03月31日07時00分

綾瀬演じる山本八重の故郷・会津藩は、旧幕府勢力の中核と見なされ、長州藩・薩摩藩を中心とする新政府軍の仇敵となる。 特に、長州藩との遺恨は根深い。会津藩主・松平容保が1862年から京都守護職となり、新撰組を麾下において尊王攘夷派志士たちの徹底的な取り締まりを行なう。さらに蛤御門の変では、壮絶な市街戦の末に長州藩を敗北させ、「朝敵」へと追いやる。 大政奉還、 [全文を読む]

『八重の桜』子役・鈴木梨央 共演者では西島秀俊と結婚希望

NEWSポストセブン / 2013年01月20日16時00分

中でも話題を呼んでいるのが、綾瀬はるか(27才)演じるヒロイン山本八重の少女時代の子役・鈴木梨央ちゃん(7才)。 セリフの会津弁は録音したものをいつも聴いていて覚えるという。「難しかったのは泣くシーンの『武士らしいど言わっちゃ』のところでした」(梨央ちゃん・以下同)。 共演者も梨央ちゃんにメロメロのようで、「西島秀俊さんと指相撲をしたんですが、手加減してく [全文を読む]

綾瀬はるか、田中みな美、スキャンダル美女「ピンクな煩悩地獄」

アサ芸プラス / 2013年01月08日10時00分

13年1月6日スタートのNHK大河ドラマ「八重の桜」で、主人公の山本八重を演じる綾瀬はるか(27)。1年間の長丁場に備え、撮影前から綾瀬は気合い十分。和服を着こなすためにノーパン・ノーブラ生活をしていることは伝えられてきたが、それだけではない。 スポーツ紙記者が話す。 「食事や運動でボディをシェイプアップさせたそうです。綾瀬は朝食の果物ジュースをミキサーで [全文を読む]

フォーカス