落合恵子のニュース

鎌田慧☓落合恵子「脱原発」で激論120分(1)

アサ芸プラス / 2012年08月21日10時58分

その呼びかけ人でもあるルポライターの鎌田慧氏と作家の落合恵子氏が緊急対談! 「命よりお金優先」が生み出した「原発依存社会」を痛烈批判した。 原子力の事故は二度と御免 鎌田 脱原発の世論がこれだけ盛り上がっているのに、なぜ野田政権は大飯原発3、4号機を再稼働したのか。それは原発を止めたまま暑い夏が終わってしまうと、やはり原発なんて必要ないということが国民にわ [全文を読む]

鎌田慧☓落合恵子「脱原発」で激論120分(3)

アサ芸プラス / 2012年08月23日10時58分

【関連記事】 鎌田慧☓落合恵子「脱原発」で激論120分(1) 鎌田慧☓落合恵子「脱原発」で激論120分(2) 鎌田慧☓落合恵子「脱原発」で激論120分(4) 放射能で居酒屋から消える魚(1)コリコリの食感が味わえない 放射能で居酒屋から消える魚(4)ストロンチウムが最大の問題 [全文を読む]

鎌田慧☓落合恵子「脱原発」で激論120分(2)

アサ芸プラス / 2012年08月22日10時58分

【関連記事】 鎌田慧☓落合恵子「脱原発」で激論120分(1) 鎌田慧☓落合恵子「脱原発」で激論120分(3) 鎌田慧☓落合恵子「脱原発」で激論120分(4) 放射能で居酒屋から消える魚(1)コリコリの食感が味わえない 放射能で居酒屋から消える魚(4)ストロンチウムが最大の問題 [全文を読む]

落合恵子さん講演会【団塊世代の第二の誕生日】先着150名さま無料ご招待!! (PR)

PR TIMES / 2012年05月21日09時28分

大和ハウス工業株式会社は、絵本や自然食品への取り組みを通じて、女性、環境、介護などの社会問題に、あらゆる角度から迫る作家の落合恵子さんによる団塊世代に向けた講演会【団塊世代の第二の誕生日】を大和ハウス東京ビルにて開催いたします。 落合恵子さんが母親を介護した日々の中で感じた医療と患者、住宅と高齢者の関係性、また、介護する側から見えてきた地域社会のありかたな [全文を読む]

71才落合恵子 同級生とは「年も忘れ、性別超えた関係」

NEWSポストセブン / 2017年01月13日07時00分

その人の思い出話になって『今、どうしているんだろうね』と話す時はしんみりしちゃいます」(増本さん)『大人の始末』などの著書がある作家の落合恵子さん(71才)が、最近同級生と話題にするのは、定年を迎え、自分たちの「始末」をどうつけるかということ。 [全文を読む]

需要高まる同窓会は「女として現役であることを試す場」

NEWSポストセブン / 2017年01月17日16時00分

お互いに悪気はないけれど、なんだか居心地が悪くって…」 一方、『おとなの始末』などの著書がある作家の落合恵子さん(71才)は、時間が合わず学校の同窓会にはなかなか顔を出せないものの、大学時代入っていたサークルの集まりには何度か参加して楽しんでいる。そんな落合さんは「若いうちは互いの違いを認め合うことが難しい」と指摘する。「私くらいの年齢になれば、これまで重 [全文を読む]

創業40年!多くの文化人が訪れた「クレヨンハウス」創業秘話

WEB女性自身 / 2016年05月01日06時00分

「クレヨンハウス」を主宰するのは、作家の落合恵子さん。執筆や講演とショップ経営を通じ、家族や社会の変化を見つめてきた。 「お店を開くきっかけは四十数年前、イギリスやアメリカを訪れたときに子どもの本の専門店に出合ったこと。子どもが1冊の本に出合い、それを中心にして、ほかの子や大人と出会うスペースとして使われていました。また、そこでは環境問題や教育の在り方、市 [全文を読む]

都内で駅近!こだわりの人気オーガニックカフェ4選【保存版】

TABIZINE / 2015年07月17日13時00分

[BROWN RICE CANTEEN] オーガニック・レストラン「広場」(クレヨンハウス東京地下1F)/表参道 (C) AOI 作家の落合恵子さんが代表を務める、子どもの本の専門店「クレヨンハウス」。その野菜販売部門として1992年にスタートした「クレヨンハウス野菜市場」に併設されているのが、レストラン「広場」です。 (C) twitter/@cray [全文を読む]

森永卓郎氏 沖縄に米軍基地なぜあるかの解説収録ボツの理由

NEWSポストセブン / 2015年04月05日16時00分

現に、私の周りで活躍していたリベラル派の論客、例えば森田実さん、落合恵子さん、鳥越俊太郎さんなど、才能にあふれて的確なコメントをする評論家たちも、テレビやラジオに出演する機会が減った。 また、安倍内閣がメディアを厳しく監視して、圧力を加えているという報道もなされている。ただ、私自身は安倍内閣から圧力がかかるということを経験していないし、テレビやラジオのスタ [全文を読む]

集英社クオータリー『k o t o b a』第18号、12月6日発売!第18号の特集テーマは、「富士山の力」

DreamNews / 2014年12月05日14時00分

有坂蓉子(美術家)、岩本沙弓(経済評論家)、太田和彦(グラフィックデザイナー)、奥本大三郎(フランス文学者)、内田洋子(エッセイスト)、落合恵子(作家)、佐野史郎(俳優)、篠田桃紅(美術家)、関容子(エッセイスト)、髙山文彦(作家)、田中みずき(ペンキ絵師)、谷古宇正彦(舞台写真家)、田原牧(東京新聞特別報道部デスク)、戸田令定(髙尾山薬王院僧侶)、なかむ [全文を読む]

フォーカス