清水和夫のニュース

「ブリヂストン タイヤセーフティー動画コンテスト」 表彰式を実施しました

PR TIMES / 2013年11月25日17時14分

表彰式には、特別審査員である映画作家の大林宣彦さん、映画コメンテーターのLiLiCoさん、モータージャーナリストの清水和夫さんが出席され、受賞者をお祝いするとともに、受賞作品への総評を述べられました。 受賞作品は以下の通りです。 ■ストーリー動画部門 最優秀賞 「人生を走り続けるあなたのために」 小山 卓也さん 優秀賞 「旅するタイヤ」 まあさ×里 一磨 [全文を読む]

新型ホンダNSXをポルトガル、鈴鹿、一般道で3人のジャーナリストが試す!

clicccar / 2016年10月01日15時25分

清水和夫×渡辺敏史 <VINTAGE NOW>モントレーカーウィーク2016グッドウッド・リバイバルミーティング2016 <MOTOR SPORT>ランボルギーニ・スーパートロフェオポルシェGT3CUP CHALLENGEロータスSGT・エヴォーラロータス・カップ・ジャパン参戦記JAF F4参戦記勝利への道マツダ・ロードスターメディア対抗レース参戦記マツダ [全文を読む]

「最新ポルシェは最良か?」 その疑問に迫るサーキット全開アタックの結果は!?

clicccar / 2016年08月26日19時26分

清水和夫、田中哲也、佐藤久実がとっかえひっかえ真夏のサーキットで性能を確かめました。 この4台で異次元の走りを見せたのはやはり911ターボSです。タイムアタッカーとしてそのステアリングを握った田中によれば、従来型と較べて「アクセルを踏み込んだ時のピックアップが少しシャープになって」おり、旧型と直接比較はできませんが最高速も間違いなく速いと予想しています。こ [全文を読む]

タカタの死亡事故エアバック、なぜ生まれたのか?疑惑やずさんな生産管理が次々露呈

Business Journal / 2015年03月13日06時00分

(文=清水和夫/モータージャーナリスト) ※記事タイトルは編集部が制作しました。 [全文を読む]

世界の自動車産業、自動運転実用化へ「競争・協調」本格化 国・企業間で“認識の差”も

Business Journal / 2014年11月10日06時00分

(文=清水和夫/モータージャーナリスト、日本自動車研究所客員研究員) [全文を読む]

“直視すべき”クルマの二面性とは?社会へ与える負の問題と、技術進化の最前線と未来

Business Journal / 2014年10月18日01時00分

(文=清水和夫/モータージャーナリスト、日本自動車研究所客員研究員) [全文を読む]

認知症の高齢者が交通事故 家族が監督責任問われることも

NEWSポストセブン / 2014年03月01日07時00分

各自動車メーカーは、高齢者の被験者を使ってドライビングシミュレーターでデータを取り、研究開発を進めているので、高齢者のための対策技術は今後さらに進んでいくでしょう」(自動車ジャーナリストの清水和夫氏) 自分の運転に不安があるという人は、とりあえずは「返納」ではなく、「自粛」という手もありそうだ。 ※週刊ポスト2014年3月7日号 [全文を読む]

「ブリヂストン タイヤセーフティー動画コンテスト」最優秀作品を選ぶWEB投票を開始!

PR TIMES / 2013年10月08日11時55分

今回のWEB投票では、特別審査員である映画作家の大林宣彦さん、映画コメンテーターのLiLiCoさん、モータージャーナリストの清水和夫さんによって審査・選出された作品の中から皆様に投票いただき、その得票数に応じて最優秀賞をはじめとする表彰作品を決定します。投票結果は、11月8日(金)にタイコンWEBサイトにて発表します。また、11月24日(日)には東京モー [全文を読む]

大林宣彦監督やLiLiCoさんが審査員!! ブリヂストン タイヤセーフティー動画コンテスト「タイコン」開催

PR TIMES / 2013年06月06日16時25分

ビデオカメラやデジタルカメラ等のムービーカメラ推奨エ.メディア形式 : DVDオ.特別審査員 : 映画作家 大林宣彦さんモータージャーナリスト 清水和夫さん(2) アイデア動画部門ア.作品テーマ : タイヤ点検を身近に感じさせる映像イ.撮影時間 : 15秒~30秒以内ウ.撮影機材 : 指定なし。携帯電話・スマートフォンでの撮影可エ.メディア形式 : DVD [全文を読む]

フォーカス