大家友和のニュース

【プロ野球】メジャー通算51勝。41歳・大家友和がナックルボーラーとしてメジャー再挑戦! カムバックなるか?

デイリーニュースオンライン / 2017年03月06日16時05分

この日本人メジャーリーガー歴代5位の成績を残したのが大家友和だ。 3月18日に41歳の誕生日を迎える大家は、2009年以来となるメジャーリーグのマウンドを目指して渡米した。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■日米の球団を渡り歩いた男が出合ったナックルボール 大家は京都成章から1993年秋のドラフト3位で横浜入り。1年目の4 [全文を読む]

ダルビッシュ、7回1失点で4勝目 野茂、黒田らに次ぐメジャー50勝到達

ベースボールキング / 2017年05月17日11時54分

野茂英雄(123勝)、黒田博樹(79勝)、松坂大輔(56勝)、岩隈久志(63勝)、大家友和(51勝)に次ぐ、日本人投手6人目の偉業となった。 [全文を読む]

4度の“戦力外”を経験した男の挑戦

ベースボールキング / 2017年04月27日14時31分

現在はメジャーリーグで活躍をした大家友和の立ち上げたクラブチームOBC高島の監督を務めている。 「プロに行けたのは宮地さんの個性を生かす指導と教育があったから」。野原氏は振り返る。 決して自身の考えを押し付けず、選手それぞれの性格を理解し、笑いとツッコミでチームを一枚岩にする。宮地氏は「コーチ職にしがみ付かない選手寄りの指導者」だった。 [全文を読む]

【プロ野球】1軍未登板、マイナー暮らしの元ドラ1位。“メジャー逆輸入投手”村田透(日本ハム)の雑草人生

デイリーニュースオンライン / 2017年03月21日16時05分

過去には村上雅則(元ジャイアンツほか)やマック鈴木(元マリナーズほか)、大家友和(元レッドソックスほか)といった逆輸入投手がいたが、村田にはそれに負けない活躍を見せてほしい。 文=サトウタカシ (さとう・たかし) 【関連記事】 [全文を読む]

寂しさ綴る上原「また一人同級生が...」

ベースボールキング / 2017年03月19日12時00分

もう少し範囲を広げても、現役というとナックルを武器にメジャー挑戦を目指す大家友和くらいしかいない。 『40歳』という大台を破ってプレーできる選手は本当に一握り。上原がまだまだメジャーで活躍できるのも、たゆまぬ努力と練習、そしてケアの賜物なのだ。 ここまで来ると、「誰が最後まで生き残るか」というのもたのしみなところ。上原は全員のリタイアを見届け、最後まで野球 [全文を読む]

今季引退の広島・倉義和 黒田博樹が激怒した事件

NEWSポストセブン / 2016年11月26日07時00分

高校時代には大家友和(1999年横浜からレッドソックスへ)とバッテリーを組んでいたこともあり、「メジャー養成捕手」と称された。 忘れられない1球も、やはりメジャーに移籍した前田健太(2016年ドジャースへ)と組んだ時のものだった。2011年10月25日のヤクルトとの最終戦で、9回裏1死までノーヒットノーランを続けていたが、次の打者に投じた2球目を痛打され記 [全文を読む]

2014メジャーリーグ、日本人選手17人の現在地

週プレNEWS / 2014年04月01日11時00分

まず、メジャー8球団を渡り歩き、通算51勝を挙げた大家友和が今季、ブルージェイズとマイナー契約。大家が11年の右肩の手術をきっかけにナックルボーラーに転向しており、これが球団の目に留まったという。 また、元ロッテのサブマリン・渡辺俊介もオフにレッドソックスとマイナー契約している。ともにメジャー昇格のメドは立っていないが、ふたりの変則投手の活躍を期待したい [全文を読む]

ダルビッシュVS上原 ドロドロ「4年確執」(1)担当記者の挨拶を拒否した

アサ芸プラス / 2012年03月13日10時59分

上原もそうですが、大家友和(35)、岡島秀樹(36)、川上憲伸(36)、高橋尚成(36)らは同学年で、特にこの世代は“ついで”で取材されることを嫌う傾向がありました。実際に上原は今キャンプで、日本にいた時から親しかった記者以外とは接触しようともしません」 注目を集めてしまうということに関してダルに非はないが、上原も巨人でデビューした年から20勝をあげ、一時 [全文を読む]

フォーカス