浦辺粂子のニュース

小堺一機「相手の話がつまらないときの対処法、教えます!」

WEB女性自身 / 2016年06月16日06時00分

そのとき僕は、塩沢ときさん、浦辺粂子さん、小森のおばちゃまを相手に、必死になってしゃべりすぎていたらしいんですよ!」 放送開始当初は視聴率が伸びず、プロデューサーから「この番組、いつから面白くなるんですか?」と聞かれる始末。テレビ評に番組の題名をもじって《消えていただきます》と書かれたこともあった。 「ある日、関根(勤)さんから『堺正章さんが、 なんであん [全文を読む]

「相方は観客」小堺一機が『ごきげんよう』で得たトークの極意

日刊サイゾー / 2016年04月01日15時00分

塩沢とき、浦辺粂子、淡谷のり子らパワーあふれるおばさんたちの話こそを聞かせなければならない。それを遮って小堺がしゃべっても、かみ合わないことは明白だった。 [全文を読む]

『ごきげんよう』終了 長寿番組を支えた小堺一機の「聞く力」

NEWSポストセブン / 2016年03月30日07時00分

1984年10月開始の『いただきます』は浦辺粂子や小森和子、塩沢ときなどの“おばさま方”が自由闊達に喋り、人気を博した。1991年からは『ごきげんよう』に改題。当初は1人のゲストにじっくり話を聞くスタイルだったが、スタートから8か月後に、放送終了まで続く名物企画『サイコロトーク』が誕生した。 出たサイコロの目によってトーク内容を変えるスタイルが話題を呼び、 [全文を読む]

<作品の魅力は狂気が作る?>キューブリック監督が起用した「性格の悪い」映画美術家ケン・アダム

メディアゴン / 2014年12月16日00時20分

あの温厚に見える小津安二郎監督も、「東京物語」の最後の尾道のシーンで、座敷に座る笠智衆の後ろの庭をちょっと通るだけのカットで女優の浦辺粂子さんに何十回もNGを出して、ついに画面から追い出してしまったことがある。まさに巨匠の鬼気迫るものがある。しかし、その「現場での性格の異常さ」を仕事外に持ち出したり、自分だけ豪奢な暮らしをしていてスタッフにはビールも振舞わ [全文を読む]

CS放送「TBSチャンネル1」で、沢田研二主演『悪魔のようなあいつ』12/3(火)放送開始!38年間一度も再放送されなかった衝撃の問題作がいま甦る!

PR TIMES / 2013年11月29日16時48分

衝撃の問題作が38年の沈黙を破り、ついにTBSチャンネルでよみがえる!『悪魔のようなあいつ』(1975年6月~9月・全17話)放送:CS放送「TBSチャンネル1」 12/3(火)スタート (月)~(金)午後11:00~深夜0:40[2話ずつ放送]原作:阿久悠、上村一夫脚本:長谷川和彦プロデューサー:久世光彦演出:久世光彦、和田旭、前川英樹、浅生憲章 ほか出 [全文を読む]

【TBSオンデマンド】連続ドラマ「悪魔のようなあいつ」12月1日(日)深夜0:00より配信スタート!!

PR TIMES / 2013年11月29日16時48分

「悪魔のようなあいつ」から38年の時を経て、新たな視点で描かれる事件の真相とは!?同じテーマを全く違った視点で描いた2つのドラマを、ぜひTBSオンデマンドでお楽しみください!悪魔のようなあいつ【出演】沢田研二、若山富三郎、藤竜也、荒木一郎、安田道代、尾崎紀世彦、篠ヒロコ、伊東四朗、那智わたる、金田竜之介、悠木千帆(現・樹木希林)、細川俊之、長谷直美、浦辺粂 [全文を読む]

フォーカス