田中好子のニュース

早世のマドンナたち① 田中好子(2)

アサ芸プラス / 2012年06月29日11時00分

アイドルとして真っ白に燃えつきたスーだったが、しばらくの休業を経て、80年から女優・田中好子として活動を再開させる。その背中を押したのは、後に若くして骨肉腫で亡くなった弟の言葉だった。 「僕はお姉ちゃんがテレビに出ている姿が1番好きだ」 田中好子は以来、公私ともに「命」と向き合う形になる。女優としての代表作に原爆の二次被爆を描いた「黒い雨」(89年/東映 [全文を読む]

早世のマドンナたち① 田中好子(3)

アサ芸プラス / 2012年07月02日11時00分

「最近、めまいがひどくて…」 飲酒運転で息子を死なせた男(袴田吉彦)が釈放され、田中好子が演じる母親のもとへ謝罪に訪れる。 実話を基にした作品であり、母親の怒りや悲しみを表現するため、控室での田中は袴田と一切の会話をしなかった。その役作りを監督である塩屋は「一生忘れられない」と言う。 「袴田君ほど実績のある役者が、田中さんの没頭ぶりを『怖くて怖くてしかたな [全文を読む]

早世のマドンナたち① 田中好子(1)

アサ芸プラス / 2012年06月21日11時00分

お礼の言葉をいつまでもいつまでも伝えたいのですが、息苦しくなってきました─〉 昨年4月21日に乳がんで亡くなった田中好子(享年55)の葬儀会場に肉声テープが流れ、参列者を驚かせた。夫である小達一雄が「第2章第1幕のスタート」だとして、カチンコを鳴らしたのである。 この葬儀には、キャンディーズのメンバーだった伊藤蘭、そして引退していた藤村美樹も久々に公の場に [全文を読む]

女を健康で“美しい人”へと導きたい。トップモデルも「キレイをつくる」ために通いたいと思うファイテン「美you人」(ビュート)サロンが東京恵比寿にOPEN!

PR TIMES / 2012年07月04日15時34分

■ファイテン代表取締役平田好宏が、故女優田中好子さんに思いを込めてネーミングをした美you人。ファイテン株式会社代表取締役平田好宏は故女優田中好子さんとは生前親交があり、田中好子さんの健康と美しさをファイテンがサポートしてきました。いまなお平田好宏の心に生き続ける田中好子さんへの思いをサロンのネーミングとして平田自身が考案したこともあり、田中好子さんには第 [全文を読む]

不機嫌発言の芥川賞作家 就職斡旋拒否「文無しでも構わん」

NEWSポストセブン / 2012年02月04日07時00分

しまいにはお母さんも諦めとったね」 ※女性セブン2012年2月16日号 【関連ニュース】妻の親友・田中好子と後輩・田中実の死に水谷豊、悲痛な思い田中好子さん 乳がんと闘うためジムで体を鍛えていた田中好子さん ヘアメイクにかつらを地毛になじませる技相談田中好子さん 乳がん手術によりヌードシーンができなくなる田中好子さん 飲み会が大好きでなかなか帰ろうとしなか [全文を読む]

写真家・中村昇氏「田中好子が波にさらわれた逸話」を明かす

NEWSポストセブン / 2017年02月28日16時00分

3人で手をつないでもらったんだけど、スーちゃん(田中好子)が波にさらわれてしまって、みんなで急いで助け出しました(笑い)」 メンバーの中でも田中好子への思い入れは強い。 「ぽっちゃりした子がタイプだから、スーちゃんを多めに撮っていたみたいなんですよ。そしたら、“昇さん、私ばかりじゃなくて、ふたりも撮ってください”と注意されちゃってね(笑い)。本当に性格の良 [全文を読む]

田中好子、越路吹雪、淡路恵子が人生の最期に遺した言葉とは

NEWSポストセブン / 2015年10月05日16時00分

田中好子さん(享年55) 「もっともっと女優を続けたかった」 キャンディーズ解散後、3人のなかでいちばん早く芸能界復帰。骨肉腫で闘病中だった弟が「ぼくはテレビに出ているお姉ちゃんが好き」と話していたからだった。実業家の小達一雄氏と結婚してからは、子供を切望しながらも、乳がん発症。抗がん剤治療でかつら着用を余儀なくされるも、仕事を愛し、“日本のお母さん” [全文を読む]

田中好子さん、夫が女性と新生活開始 親族とは「分骨確執」

NEWSポストセブン / 2013年04月19日07時00分

元キャンディーズ・田中好子さん(享年55)は、その一角で静かに眠っている。そこは、夫・小達一雄氏(58才)の妹である夏目雅子さん(享年27)の遺骨も納められている小達家の墓だ。もうすぐ田中さんの三回忌を迎える──。 小達氏は2012年4月から、『田中好子“いつもいっしょだよ”基金』を設立し、東日本大震災の被災者遺族のサポート活動を行っている。設立の趣旨を、 [全文を読む]

野中柊さん 童話手掛けるようになり「夢は忘れた頃に叶う」

NEWSポストセブン / 2012年06月25日16時01分

※女性セブン2012年7月5日号 【関連ニュース】妻の親友・田中好子と後輩・田中実の死に水谷豊、悲痛な思い上杉隆氏指摘の官房機密費問題 マスコミはなぜ追及しない?鈴木宗男氏 TBSによる官房機密費報道謝罪に疑問の念抱く田中好子さん ヘアメイクにかつらを地毛になじませる技相談田中好子さん 乳がん手術によりヌードシーンができなくなる [全文を読む]

有名人15人「臨終の瞬間」壮絶舞台ウラ(6)田中好子「夫の二重生活疑惑」報道

アサ芸プラス / 2012年02月26日10時54分

11年4月21日、元キャンディーズのスーちゃん、田中好子(享年55)が乳ガンで亡くなった。 その3カ月後に、葬儀で涙ながらにスーちゃんの遺言を発表した夫に「不倫隠し子疑惑」が持ち上がったのだ。 10年7月に、夫が40代の女性とハワイ旅行に出かける姿が報じられ、そこには小学生の子供がいたという内容であった。 スーちゃんのガンが見つかったのは92年だ。夫は長 [全文を読む]

フォーカス