伊藤舞のニュース

女子マラソンスタート直前!もっとも好きなランナーは誰?

しらべぇ / 2016年08月14日21時00分

今回は、福士加代子・伊藤舞・田中智美の3選手がメダルに挑む。■もっとも人気のある女子マラソン選手は?長年女子マラソンは、日本陸上界で唯一金メダルを狙える競技だった。そのため人気が高く、スターも多い。そうなると疑問になってくるのが、もっとも人気のある選手は誰かということ。そこでしらべぇ編集部では全国の男女に独自ピックアップした10人のランナーのうち、「誰がも [全文を読む]

増田明美さんが明かす女子マラソン代表選手達の猛練習伝説

NEWSポストセブン / 2016年07月27日16時00分

そんな増田さんが本番を前に、女子マラソンに出場する田中智美、伊藤舞の両選手の情報をお届けする。 * * * 田中智美さん(28、第一生命)の特技は、“手でペダルを漕ぐ”ことです。学生時代にケガで走れなかった時、体力アップのためエルゴメーター(自転車のペダル踏み)を3時間続けた田中さんは、頑張りすぎて股関節まで痛めてしまった。すると彼女は、なんと今度は両手で [全文を読む]

福岡の美人アナ 福岡はラーメン屋より焼き鳥屋が多いと証言

NEWSポストセブン / 2013年07月24日07時00分

福岡名物は博多ラーメンと言われているが、福岡放送(FBS)の伊藤舞アナによると「ラーメン屋さんよりも焼鳥屋さんのほうが多いんですよ」とのこと。福岡の焼き鳥店では、豚バラや牛肉、魚秋なども楽しめるのが特徴とか。 「お店に行くと、いきなりお皿にザク切りのキャベツが出てきて、その上にどんどん焼き鳥を乗せていきます。たいていのお店ではメニューの一番最初に定番の『豚 [全文を読む]

第36回大阪国際女子マラソンに協賛グループの一員として参画します

PR TIMES / 2017年01月24日12時27分

招待選手は、国内からは、伊藤舞選手、重友梨佐選手、外国からは、シタヤ・ハブテゲブレル選手、イオナ・レバンドフスカ選手などが参加を表明しています。また、今後活躍が期待される若手ランナー「ネクスト ヒロイン」として、前田穂南選手、床呂沙紀選手など6名がエントリーしています。【開催概要】日時: 2017年1月29日(日) 12時10分スタート場所: ヤンマースタ [全文を読む]

中居正広は「全てにおいて“日本一”」7度目の大役決まる<本人コメント>

モデルプレス / 2016年07月07日11時52分

今大会で特に注目しているのは、女子マラソンの福士加代子選手・伊藤舞選手・田中智美選手だといい、「テレビの前の皆さんも、そして僕自身も、世界中から集まってきたすべてのアスリートに心から『感動をありがとう』と言えるような放送にしたいと思っています。お楽しみに!」と呼びかけた。 ◆テーマソングはSMAP「ありがとう」 同局のリオ五輪放送のテーマは「感謝」。世界 [全文を読む]

3月名古屋出場表明の福士加代子 無謀で無意味な挑戦の事情

NEWSポストセブン / 2016年02月15日16時00分

「世界選手権で7位の伊藤舞がすでに内定しています。さいたまでは設定記録に達した選手がいませんでした。残りは2枠ですが、最後の名古屋で福士の記録を大幅に上回る選手が複数出てくると、福士の五輪出場は危うくなります」(酒井氏) いっそのこと、1大会で決着をつけてはどうかと思うが、陸連には選考レースを一本化する考えがない。スポーツ紙記者が明かす。 「各大会の主催 [全文を読む]

[速報中] 世界陸上 女子マラソン決勝

NewsCafe / 2015年08月30日08時30分

日本からは前田彩里、伊藤舞、重友梨佐の3選手が出場。日本勢のライバルとなるのは、初の世界選手権3連覇を目指すキプラガト(ケニア)、今季世界最高タイムを持つディババ(エチオピア)。 [ゴール]今季世界最高タイムを持つディババが2時間27分35秒で優勝、エチオピア初の金メダル2位にキプロプ(ケニア)、3位はキルワ(バーレーン)伊藤が2時間29分48秒で7位入賞 [全文を読む]

毎度物議醸す女子マラソン代表選考 「一発選考」できぬ理由

NEWSポストセブン / 2015年03月25日16時00分

今回、代表切符を手にしたのは、前田彩里(ダイハツ)、伊藤舞(大塚製薬)、重友梨佐(天満屋)の3選手。一方、涙をのんだのが田中智美選手(第一生命)である。彼女が男女を通じて唯一の選考レースの優勝者だっただけに、不可解な選考を疑問視する声は後を絶たない。 口火を切ったのは、元ロス五輪代表で解説者の増田明美氏だった。3月11日の会見で陸連幹部に「田中さんは優勝 [全文を読む]

女子マラソン代表選考に抗議した増田明美氏に見習うべき点は

NEWSポストセブン / 2015年03月14日16時00分

代表に選ばれたのは、名古屋ウィメンズマラソンで3位(2時間22分48秒)の前田彩里と同じレースで4位(2時間24分42秒)だった伊藤舞、大阪国際マラソン3位(2時間26分39秒)の重友梨佐の3人でした。もうひとり、横浜国際マラソンで優勝(2時間26分57秒)した田中智美も有望と見られていましたが、選ばれませんでした。 増田明美さんは、居並ぶ日本陸連の幹部 [全文を読む]

名古屋ウィメンズマラソン 3月8日(日)午前9時~放送(フジテレビ系)

PR TIMES / 2015年03月06日18時23分

さらに、2014年仁川(インチョン)アジア4位の早川英里、2011年大邱(テグ)世界選手権代表の伊藤舞、実業団駅伝2連覇を果たしたデンソーのエース・水口侑子、2014世界ハーフ日本代表の竹中理沙など、現在の日本女子マラソン界を彩る多士済々が名古屋に勢ぞろいする。(※出場選手は変更になる場合があります)企業プレスリリース詳細へPRTIMESトップへ [全文を読む]

フォーカス