尾崎好美のニュース

AKB48やJKT48も走った!!日本人とインドネシア人がつないだ友好のタスキ・・・特別番組『ジャカルタ「絆」駅伝2015』いよいよ放送!

PR TIMES / 2015年07月10日12時39分

ロンドン五輪女子マラソン日本代表の尾崎好美さん(第一生命保険)が特別招待選手として、またAKB48の野澤玲奈さん、平田梨奈さんが、地元姉妹グループJKT48のメンバーと「チームWAKU WAKU JAPAN」として一緒に出場しました。選手たちの力走や沿道の応援から生まれるドラマをぜひご覧ください。 [画像: http://prtimes.jp/i/7168 [全文を読む]

武井咲さん、尾崎好美選手、尾川とも子選手ら 春夏の「攻め女」スポーツスタイルを披露 PRイベント開催

PR TIMES / 2013年03月21日16時43分

イベントには、武井咲さんをはじめ、尾崎好美選手(第一生命女子陸上競技部)、クライマーの尾川とも子選手ら、そして攻め女11名が「女ス会」の代表メンバーとして登場。色々なことを欲張りに取り入れて、よりハッピーなライフスタイルを目指す“攻め女(せめじょ)”宣言をしました。マルチスポーツブランドのアディダス ジャパン株式会社(本社:東京都港区六本木、代表取締役:ポ [全文を読む]

尾崎好美選手、『アディダス ブランドコアストア 新宿』に来店!

PR TIMES / 2012年04月09日18時06分

ファンとの交流、そして、世界での戦いに向けて すべてをかける意気込みとシューズへの期待を語る! マルチスポーツブランドのアディダス ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区矢来町、代表取締役:ポール・ハーディスティ)は、2012年4月9日(月)、先日グランドオープンしたアディダス新型直営店、『アディダス ブランドコアストア 新宿』(新宿区新宿3-27-4)にて [全文を読む]

女子マラソン代表重友梨佐 剣玉得意だから集中力あるとの評

NEWSポストセブン / 2012年03月20日07時00分

ロンドン五輪の女子マラソン代表に尾崎好美(30・第一生命)、重友梨佐(24・天満屋)、木崎良子(26・ダイハツ)の3人が選出された。選考選手のなかで最も活躍が期待されるのは、1月の大阪国際を日本歴代9位の2時間23分23秒で初優勝した重友に違いない。 突如現われた新星に対し、マスコミは、ロンドン五輪の救世主のごとく報じた。事実、ロス五輪日本代表の増田明美氏 [全文を読む]

宗猛氏 五輪女子マラソンで経験豊富な尾崎好美に期待する

NEWSポストセブン / 2012年03月19日16時00分

ロンドン五輪の女子マラソン代表に尾崎好美(30・第一生命)、重友梨佐(24・天満屋)、木崎良子(26・ダイハツ)の3人が選出された。選考会こそ禍根を残すことなく終えたが、日本陸連の不安は収まらない。代表選手がロンドンで惨敗するのではないか――。 日本陸連関係者はいう。 「昨年のテグ世界陸上では4位までをアフリカ勢が独占し、女子の勢力図も変わってきた。昨年秋 [全文を読む]

今週末さいたま国際マラソン!~誰が走る?

クオリティ埼玉 / 2016年11月08日10時44分

歴史を刻む優勝者は高橋尚子、野口みずき、尾崎好美とそうそうたる顔ぶれが並ぶ。 2007年に東京マラソンが行われ、年に2回の東京での交通規制が困難になり横浜へと移るが財政難を理由に横浜で幕を閉じた。 横浜で手放したものがここ埼玉でできるのかと危惧されたが、りそなグループ、セコム、ホンダ等の企業の協賛により開幕を迎えることとなった。 その立役者のひとりである、 [全文を読む]

増田明美さんが明かす女子マラソン代表選手達の猛練習伝説

NEWSポストセブン / 2016年07月27日16時00分

尾崎好美さんのサポートメンバーとして現地に来ていた彼女は一緒に食事をした際、練習後にもかかわらず全員にサッとナプキンを配ったんです。「この子は伸びる」と確信しました。 伊藤舞さん(32、大塚製薬)も並々ならぬ努力家です。彼女の伝説は、練習でプールを「1000往復」したこと。学生時代に監督から「水泳がいい」と言われると、とにかくひたすら泳ぎ続けていて驚かせた [全文を読む]

JKT48・仲川遥香がジャカルタを走る!

Smartザテレビジョン / 2016年07月12日22時22分

そして今大会にはJKT48の仲川遥香の他、ロンドン五輪女子マラソン代表の尾崎好美や、スポーツ庁長官の鈴木大地もランナーとして参加。沿道の声援と混然一体となって大変な盛り上がりを見せた現地の様子を、カメラが追い掛けている。 [全文を読む]

「世界陸上2015北京大会」8/22(土)開幕!CS放送「TBSチャンネル2」にて、男女マラソン&競歩を放送!過去9大会をまとめた「世界陸上 感動名場面集」も、8/17(月)&21(金)に放送!

PR TIMES / 2015年08月14日17時26分

歴史に残る名勝負などを再びお届け!まさに永久保存版のスペシャル番組! 新旧トップアスリートたちの至高の戦いをTBSチャンネルで堪能しよう! ------------------------------------------- 『世界陸上2015北京大会』 【放送】CS放送「TBSチャンネル2 名作ドラマ・スポーツ・アニメ」 《男子マラソン》8月22日(土 [全文を読む]

アクションに挑戦中の武井咲の体調管理法とは?

Smartザテレビジョン / 2015年06月02日21時39分

さらに、武井の他、第一生命 女子陸上競技部の尾崎好美選手、同部のOGの勝又美咲さんと垣見優佳さんが、プロジェクトサポーターとしてトークセッションを行った。 スポーツルックで登場した武井は、サポーター就任について「今の時代、“健康”というキーワードにとても関心が高まっていると思いますので、それをサポートできる機会をいただけて光栄に思っております」と心境を明 [全文を読む]

イメージキャラクターに武井咲さんを起用 東京マラソンをはじめ、全国15の市民マラソンに協賛する新プロジェクト「Run with You」始動!

@Press / 2015年06月02日17時30分

また、2012年ロンドンオリンピック日本代表として出場した当社女子陸上競技部の元選手である尾崎好美も起用し、ゲストランナーとしての大会参加やランニング教室等を通じてランナーと触れ合い、走ることのすばらしさを伝えるなど、大会の盛り上げや地域活性化に貢献していきます。当社は、今後も、お客さまお一人おひとりに最高峰の安心のお届けと健康な人生のサポートを行うべく、 [全文を読む]

女子陸上競技部ユニフォームのリニューアルおよび、全国の市民マラソンへの協賛を通じた、ランナーのみなさんの「走りたい」を支える活動について

@Press / 2014年10月30日11時30分

また、当社はこれまでも、元ロンドンオリンピック日本代表で、当社陸上部アドバイザーの尾崎好美による、全国各地でのランニング教室や全国の市民マラソンのゲストランナーとしての活動や、市民マラソンへの協賛など、「走る」ことを通じて、みなさまの健康をサポートしてきました。 当社は、これからも全国の市民マラソンへの協賛を通じて、ランナーのみなさんの「走りたい」を支え [全文を読む]

【BS12ch TwellV】特別番組「ジャカルタ『絆』駅伝 2014~タスキは国境を越えて~」

PR TIMES / 2014年07月15日17時09分

ランナーたちは、普段、同じ会社で働く日本人とインドネシア人・・・招待選手でロンドン五輪女子マラソン日本代表の尾崎好美さん(第一生命保険)や、地元で大人気のJKT48の仲川遥香さんらも参加し、言葉や文化の違いを越えて、190チーム、760人がタスキをつなぎました。日本とインドネシアとの友好を目的として初めて開催された「ジャカルタ『絆』駅伝2014」を裏方とし [全文を読む]

東京マラソン 優勝の尾崎の恋人暴露の解説者は許可取ってた

NEWSポストセブン / 2013年03月04日16時00分

今大会での引退を表明していた尾崎好美について、解説者の増田明美氏が「海外の大学で研究をされている大事な方もいらっしゃるんですね」と、恋人の存在を“暴露”。選手についての細かすぎるほどの情報収集力に定評がある増田氏の発言に、ゴール地点にある記者室は騒然となった。 「尾崎の交際相手がどんな人かなんて記者は誰も知りません。ゴール後の本人に裏取り取材することになり [全文を読む]

女子マラソン惨敗で小出監督「Qちゃんは10倍練習してた」

NEWSポストセブン / 2012年08月20日16時00分

最高位は木崎良子(27)の16位、尾崎好美(31)が19位、重友梨佐(24)は79位と、“最低でも入賞”の謙虚な目標にすら遠く及ばない結果に終わった。 そもそも実力不足と苦言を呈すのは、1984年のロサンゼルス五輪4位で、現在は旭化成陸上部の監督を務める宗猛氏。 「チーム戦でペースを上げ下げするアフリカ勢を真似たところで、個々の力がなければ意味がない。明ら [全文を読む]

野口みずきの師匠 五輪選考大会3回も走るのおかしいと指摘

NEWSポストセブン / 2012年03月19日07時00分

今回選出された尾崎好美(30・第一生命)、重友梨佐(24・天満屋)、木崎良子(26・ダイハツ)に金メダルを期待する雰囲気は皆無だ。 バルセロナ、アトランタで銀、銅の有森裕子とシドニー金の高橋尚子。そしてアテネ金の野口みずき――メダリストたちを世に送り出してきた“陸上界の重鎮”が発する言葉は、危機感に溢れていた。 アテネ金メダルの野口を育てたシスメックス前監 [全文を読む]

企業PRの駅伝重視体質は相変わらず......実業団の選手がマラソンで勝てない理由とは

日刊サイゾー / 2012年03月17日08時00分

男子は藤原新(東京陸協)、山本亮(佐川急便)、中本健太郎(安川電機)、補欠に堀端宏行(旭化成)、女子は重友梨佐(天満屋)、木崎良子(ダイハツ)、尾崎好美(第一生命)、補欠に赤羽有紀子(ホクレン)が選ばれた。 代表選手はいずれも初出場だが、中でも最も注目を浴びているのが定収入がない無所属で練習を重ね、先に行われた東京マラソンで2時間7分48秒の好記録で2位と [全文を読む]

フォーカス