尾崎行雄のニュース

仕事や家庭で「心が折れそうなとき」思い出したい勇気が出る言葉2つ

WooRis / 2014年09月02日07時30分

■1:「自分の主張を通してもいい」・・・尾崎行雄「職場でも家庭でも、自分の信念を押し通すのは簡単ではありませんね。やもすれば周囲から疎んじられてしまいますし、良好なチームワークを築くのも難しくなる。でも、95歳まで衆議院議員を務め“憲政の神様”とまで云われた尾崎行雄は、“いやしくも、正義人道に反する方向に行きそうな場合は、国家にだろうが、親にだろうが、夫に [全文を読む]

舛添要一氏 バッシングされた「豪華外遊」批判への反論

NEWSポストセブン / 2017年06月10日07時00分

物見遊山じゃないんです」 ──ワシントンDCの桜祭りは、戦前に東京市長だった尾崎行雄が桜を贈ったことを記念したものですね。 「ええ。鈴木知事の時は都市外交をしっかりやっていたけれど、これも20年間、都市外交が消えていた。ソウルだってそうです。飛行機で2、3時間で行けるのに、18年も行ってない。東京は普通の自治体ではなく首都ですから、国政にも影響を与えうるし [全文を読む]

日ハム近藤健介は4割打者になれるか、名選手達の見立て

NEWSポストセブン / 2017年05月22日07時00分

6月に尾崎行雄(東映フライヤーズ)のストレートを打ち返し二塁打を打った時に、手首を痛めてしまった。 マスコミが“4割バッター”と騒ぐので、痛み止めの処置をしてもらいながら、無理して打席に立ちました。よく『故障しなかったら……』といわれますが、野球には“たられば”はないんです。そういう意味でも、4割を達成できなかったのは実力です」 [全文を読む]

日本リスペクトがすごい 桜の名所ワシントンD.C.に桜とマリオをモチーフにしたバーが期間限定でオープン

ガジェット通信 / 2017年04月10日12時30分

1912年に当時の東京市長であった尾崎行雄氏から桜が寄贈されたアメリカの首都ワシントンD.C.では、毎年全米桜祭り(National Cherry Blossom Festival)が開催され、多くのアメリカ人がポトマック川沿いで花見を楽しみます。今年の全米桜祭りは3月15日から4月16日まで開催されています。 アメリカではワシントンD.C.の桜が一番有名 [全文を読む]

<トランプ・安倍会談>世界を覆う強欲資本主義

メディアゴン / 2017年02月13日07時40分

憲政の神様、尾崎行雄をに言わせれば「莫大な戦費を使い、膨大な戦死者の血の上に築かれた民主主義」である。われわれ日本人は、この民主主義を武器に、世界の強欲資本主義をコントロールせねばならないのである。 [全文を読む]

GW旅行のお供にいかがですか? 観光地巡りがもっと楽しくなる樹木と野花の本

ダ・ヴィンチニュース / 2016年04月28日11時00分

それは大正4年のこと、東京市長であった尾崎行雄がワシントンにサクラを贈った返礼として、アメリカから持ち込まれたことによるという。 [全文を読む]

<東芝・不正経理問題>東芝は全てを無視した「社会より、会社を重んじ、会社より、身を重んずる人の群れ」

メディアゴン / 2015年07月23日07時00分

この歌は勿論、憲政の父・尾崎行雄の名言、 「国よりも党を重んじ党よりも身を重んずる人の群れ哉」をもじったものである。まず、会社の利益目標を掲げ、そこに達しないとなると「工夫」をすることで帳簿の帳尻を合わせる。その時点では株主にはよいことで経営者の責任は問われない。ところがそんなものはいずれ露見してしまうから、経営者は「“ブランド・イメージ”を傷つけた」等と [全文を読む]

【ドクター中松・86歳】最後(?)の衆院選で吠える! アベノミクスを一刀両断

しらべぇ / 2014年12月14日20時01分

開票速報では苦戦が伝えられているが、ぜひ病気を乗り越えて、史上最高齢国会議員(現在の記録は「憲政の神様」尾崎行雄の94歳)という「発明」にも期待したいところだ。 ■選挙事務所となっていた「ドクター中松ハウス」には例のブツも (取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト http://sirabee.com/author/makoto_takahashi/ [全文を読む]

陸前高田 高台への道にハナミズキ植える米大使館支援が暗礁に

NEWSポストセブン / 2014年03月13日07時00分

1912年に当時の尾崎行雄・東京市長がワシントンに3000本の桜の木を贈ってから100周年となるのを記念し、アメリカ政府は日米交流財団と共同で「友好の木─ハナミズキ・イニシアチブ」というプロジェクトを立ち上げた。日本全国に3000本のハナミズキが寄贈されることとなった。 「被災地を支援したいという思いからです。2012年11月に植樹を始め、これまで22か [全文を読む]

豊田泰光氏「田中将大と稲尾和久は、まったくレベルが違う」

NEWSポストセブン / 2013年12月26日07時00分

また、稲尾とタイトル争いをやった投手には杉浦忠、スタンカ、土橋正幸、尾崎行雄、米田哲也がいて、こんな連中と真っ向から投げ合ったんです。 そんな中で、シーズン42勝、30勝以上が4回、入団以来8年連続20勝、年間400イニング以上2回と、今のプロ野球では考えられないハードワークの記録が並んだわけです。この数字を見て、今の人は「稲尾のすごさ」だけを語るけど、オ [全文を読む]

「今すぐ使いたい」プロスカウトがほれたセンバツ球児7

WEB女性自身 / 2013年04月11日07時00分

左腕を大きく突き出す豪快な投球フォームからの力強い直球は、「尾崎行雄や江川卓、伊良部秀輝のようだ」と往年の名投手を引き合いに出すスカウトもいるほど。無限の将来性に期待が集まる。一方で、初戦で232球を投げるなど、3連投を含む5試合に登板して計772球。決勝も疲労で精彩を欠くなど、故障を心配する声も多かった。捕手の森には、スカウト陣から「うちの捕手よりひとラ [全文を読む]

元阪神ドラ1源五郎丸洋 客寄せ試合で野球人生棒に振るケガ

NEWSポストセブン / 2012年11月07日07時00分

高卒ルーキーとしての能力は怪童・尾崎行雄か池永正明以来と騒がれた。 しかし歯車は急に狂った。3月、卒業式に出るため帰省中だったところを、球団から「有料でお客さんを入れる紅白戦をやるから」との理由で急遽呼び出されて出場。投球を披露したまではいいが、その後の練習中にベースランニングで転倒し負傷した。右大腿部二頭筋断裂で全治4か月。 ケガが癒えたのちも投球の冴え [全文を読む]

MISIA、米ワシントン「桜祭り」開会式に登場 震災支援への感謝を伝える

リッスンジャパン / 2012年03月18日09時00分

MISIA - アーティスト情報「桜祭り」は、1912年、日米親善友好の証として当時の東京市長・尾崎行雄からアメリカに3100本の桜が贈られたことにちなみ、3月末から4月のはじめの桜並木が最も美しい時期に毎年開催されているもの。例年、花火大会やマラソン、パレードといった催しが盛大に行われているが、寄贈から100周年の節目を迎える今年は、さらに数多くの記念イ [全文を読む]

フォーカス