尾崎行雄のニュース

民主くん、やっと「再就職」 憲政記念館展示で、早くも「歴史」に

J-CASTニュース / 2017年03月22日18時05分

憲政記念館は、「憲政の神様」尾崎行雄を記念する「尾崎記念会館」が前身で、憲政の歴史や、憲政功労者に関係する資料、約2万点を所蔵。担当者によると、「政党で初めてのゆるキャラ」だという点が評価されて展示が決まった。民主くんの登場後、公明党の「コメ助」や共産党の「カクサン部」など他党も追随したことも影響したとみられる。展示開始の時期は「調整中」だと説明している [全文を読む]

仕事や家庭で「心が折れそうなとき」思い出したい勇気が出る言葉2つ

WooRis / 2014年09月02日07時30分

■1:「自分の主張を通してもいい」・・・尾崎行雄「職場でも家庭でも、自分の信念を押し通すのは簡単ではありませんね。やもすれば周囲から疎んじられてしまいますし、良好なチームワークを築くのも難しくなる。でも、95歳まで衆議院議員を務め“憲政の神様”とまで云われた尾崎行雄は、“いやしくも、正義人道に反する方向に行きそうな場合は、国家にだろうが、親にだろうが、夫に [全文を読む]

ハム フライヤーズ55年ぶり復活!レジェンドシリーズで着用

スポニチアネックス / 2017年05月03日07時02分

同年は新人の「怪童」尾崎行雄が20勝、張本勲(現スポニチ本紙評論家)が31本塁打。栗山監督は、当時の水原茂監督を三原脩氏同様に尊敬する指揮官に挙げており「何年も前からこのユニホームを着られないのかと話していた」と語った。球団はユニホームのレプリカ版を受注販売する。詳細は球団ホームページまで。 [全文を読む]

日本リスペクトがすごい 桜の名所ワシントンD.C.に桜とマリオをモチーフにしたバーが期間限定でオープン

ガジェット通信 / 2017年04月10日12時30分

1912年に当時の東京市長であった尾崎行雄氏から桜が寄贈されたアメリカの首都ワシントンD.C.では、毎年全米桜祭り(National Cherry Blossom Festival)が開催され、多くのアメリカ人がポトマック川沿いで花見を楽しみます。今年の全米桜祭りは3月15日から4月16日まで開催されています。 アメリカではワシントンD.C.の桜が一番有名 [全文を読む]

<トランプ・安倍会談>世界を覆う強欲資本主義

メディアゴン / 2017年02月13日07時40分

憲政の神様、尾崎行雄をに言わせれば「莫大な戦費を使い、膨大な戦死者の血の上に築かれた民主主義」である。われわれ日本人は、この民主主義を武器に、世界の強欲資本主義をコントロールせねばならないのである。 [全文を読む]

GW旅行のお供にいかがですか? 観光地巡りがもっと楽しくなる樹木と野花の本

ダ・ヴィンチニュース / 2016年04月28日11時00分

それは大正4年のこと、東京市長であった尾崎行雄がワシントンにサクラを贈った返礼として、アメリカから持ち込まれたことによるという。 [全文を読む]

<東芝・不正経理問題>東芝は全てを無視した「社会より、会社を重んじ、会社より、身を重んずる人の群れ」

メディアゴン / 2015年07月23日07時00分

この歌は勿論、憲政の父・尾崎行雄の名言、 「国よりも党を重んじ党よりも身を重んずる人の群れ哉」をもじったものである。まず、会社の利益目標を掲げ、そこに達しないとなると「工夫」をすることで帳簿の帳尻を合わせる。その時点では株主にはよいことで経営者の責任は問われない。ところがそんなものはいずれ露見してしまうから、経営者は「“ブランド・イメージ”を傷つけた」等と [全文を読む]

【ドクター中松・86歳】最後(?)の衆院選で吠える! アベノミクスを一刀両断

しらべぇ / 2014年12月14日20時01分

開票速報では苦戦が伝えられているが、ぜひ病気を乗り越えて、史上最高齢国会議員(現在の記録は「憲政の神様」尾崎行雄の94歳)という「発明」にも期待したいところだ。 ■選挙事務所となっていた「ドクター中松ハウス」には例のブツも (取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト http://sirabee.com/author/makoto_takahashi/ [全文を読む]

陸前高田 高台への道にハナミズキ植える米大使館支援が暗礁に

NEWSポストセブン / 2014年03月13日07時00分

1912年に当時の尾崎行雄・東京市長がワシントンに3000本の桜の木を贈ってから100周年となるのを記念し、アメリカ政府は日米交流財団と共同で「友好の木─ハナミズキ・イニシアチブ」というプロジェクトを立ち上げた。日本全国に3000本のハナミズキが寄贈されることとなった。 「被災地を支援したいという思いからです。2012年11月に植樹を始め、これまで22か [全文を読む]

豊田泰光氏「田中将大と稲尾和久は、まったくレベルが違う」

NEWSポストセブン / 2013年12月26日07時00分

また、稲尾とタイトル争いをやった投手には杉浦忠、スタンカ、土橋正幸、尾崎行雄、米田哲也がいて、こんな連中と真っ向から投げ合ったんです。 そんな中で、シーズン42勝、30勝以上が4回、入団以来8年連続20勝、年間400イニング以上2回と、今のプロ野球では考えられないハードワークの記録が並んだわけです。この数字を見て、今の人は「稲尾のすごさ」だけを語るけど、オ [全文を読む]

フォーカス