桂三木助のニュース

横浜にぎわい座、9月の興行は桂三木男さんが登場!祖父である三代目桂三木助の十八番ネタ「宿屋の仇討ち」(やどやのあだうち)に挑戦する、奮闘公演をお楽しみに!

PR TIMES / 2016年09月08日10時04分

今回は平成27年3月に初登場し4回目となる桂三木男の独演会を開催、祖父である三代目桂三木助の十八番ネタ「宿屋の仇討ち」に挑戦します。 三代目桂三木助は、立川談志など後の落語家たちに影響を与えた昭和の名人の一人です。公演タイトルの「助けに向かう会」は、桂三木助の孫であるという自負のもとに、三木助襲名も視野に、偉大な祖父に近づこう(三木助=「助」に向かう)と精 [全文を読む]

「桂三木助の自殺は小朝のいじめによるもの」タレント・泰葉の“暴言ブログ”真意は「小朝への愛ゆえ」?

日刊サイゾー / 2017年05月02日23時30分

落語家・林家正蔵と林家三平の姉であるタレントの泰葉が、元夫の落語家・春風亭小朝についてブログで、落語家・桂三木助の死について「自殺は小朝のいじめによるもの」と明かしたことが物議を醸している。「故四代目桂三木助の自殺は小朝のいじめによるものでした これは落語界の中では周知の事実です」(4月24日のブログより) 三木助は2001年に43歳で自宅で首を吊って自殺 [全文を読む]

春風亭小朝は金髪SM豚野郎? 元妻・泰葉が「過去の虐待」を訴えネット騒然

しらべぇ / 2017年04月25日22時00分

■三木助の自殺は小朝のいじめ?過激な訴えに驚がく24日に更新した公式ブログでは、2007年に離婚した小朝から激しい暴行を受けていたことを告発し、「故四代目桂三木助の自殺は小朝のいじめによるものでした これは落語界の中では周知の事実です」と衝撃的な内容を綴った泰葉。泰葉自身も、結婚していた時代には階段から突き落とされ肋骨にビビが入ったり、故四代目桂三木助と電 [全文を読む]

泰葉の「告発ブログ」連投をブログ運営会社が警戒するワケ

アサ芸プラス / 2017年05月03日13時00分

その後も「故四代目桂三木助の自死は小朝のいじめによるものでした」と衝撃的な記事を投稿するなど、連日、ブログを舞台とした告発が続いている。 これらの投稿に対し、爆笑問題の太田光が「深入りするとオレも泰葉に告発されたりなんかして。いまイジるのが一番危ない」とラジオでコメントするなど、芸能界を戦々恐々とさせているが、異なる業界でも彼女の「告発ブログ」に警戒感を [全文を読む]

季節の変わり目に飛び出した「告発」

NewsCafe / 2017年04月26日11時45分

どんなことをつづっているの? 「2001年に自殺した人気落語家の桂三木助さん(享年43)を、小朝がいじめ、精神的に追い込んだというのです」 彼女のブログには「大名跡を襲名させ 大ネタを無理強いし 散々叩かれ 薄笑いしていた(小朝の)姿を忘れられません 命まで奪った小朝は心から三木助に謝罪してほしい」とある…。 「彼女は、落語界では有名な話、と三木助の死因 [全文を読む]

林家木久扇「僕は客寄せパンダでいいんですよ(笑)」

文春オンライン / 2017年02月17日17時00分

60年三代目桂三木助に入門。61年、三木助逝去に伴い八代目林家正蔵門下へ移籍。69年『笑点』大喜利メンバーに。82年横山やすしと全国ラーメン党結成。2007年親子でW襲名、初代木久扇を名乗る。16年NHK「みんなのうた」で「空とぶプリンプリン」発表。 INFORMATION 『林家木久扇 ザ・スーパースター』 キントトレコード 好評発売中 3400円+税 [全文を読む]

【保険市場コラム】「一聴一積 」に林家 木久扇さんによるコラム『笑いの世界で生き続けること。』の掲載を開始しました

PR TIMES / 2016年09月07日17時29分

1960年に崑氏の紹介で、三代目 桂三木助門下へ入門し、「桂木久男」の名で見習いとなる。1961年三木助氏没後、八代目 林家正蔵門下へと移り、前座となり、芸名を「林家木久蔵」に改名。1965年二ツ目に昇進し、1969年に日本テレビ「笑点」のレギュラーメンバーとなる。1973年真打ちに昇進。2007年には、「林家木久扇」と二代目「木久蔵」の親子ダブル襲名を果 [全文を読む]

自ら命を絶った有名人100人の心層「有名人が死を選ぶのはなぜか?」

アサ芸プラス / 2015年07月26日17時57分

桂三木助は自宅のベランダで首をつっていた。遊び人のイメージもあった三木助だが、大胆さと繊細さを併せ持っていたという。「亡くなる前から『言動が変だな』と噂になっていて、自ら命を絶った結果にも『やっぱりね』との声が上がっていた。当時は、うつ病のような精神疾患に対してオープンではなかったから、病院にかかることもありませんでしたが、今思えば、うつ病のような症状だっ [全文を読む]

茨城・古河病院、10周年記念式典にて「林家木久扇・木久蔵親子 落語会」を7月5日開催!

@Press / 2015年07月02日16時00分

35年に清水氏の紹介で桂三木助門下へ入門し落語家となる。林家木久蔵を名乗り、47年真打ち昇進。平成19年、長男、林家きくお(現・2代目木久蔵)の真打ち昇進に伴い、林家木久扇を襲名。全国ラーメン党会長。新著に『学校寄席入門(1)』。 【林家木久蔵】 昭和50年、東京生まれ。林家木久扇の長男であり弟子。2007年9月に父から名前を譲られ、2代目林家木久蔵襲名、 [全文を読む]

テリー伊藤対談「林家木久扇」(1)初めはカゼの前兆かなと…

アサ芸プラス / 2014年11月04日09時58分

その後、漫画家を目指し清水崑氏に師事、清水氏の勧めにより三代目桂三木助に入門。三木助の没後、61年に八代目林家正蔵(のちの彦六)門下へ移る。65年、二つ目に昇進し、69年に「林家木久蔵」として「笑点」のレギュラーとなった。07年には実子である林家きくおが二代目林家木久蔵を襲名し、木久蔵自身も「木久扇」に改名。今年7月に喉頭ガンを公表、9月に完治したことを発 [全文を読む]

フォーカス