桂三木助のニュース

横浜にぎわい座、9月の興行は桂三木男さんが登場!祖父である三代目桂三木助の十八番ネタ「宿屋の仇討ち」(やどやのあだうち)に挑戦する、奮闘公演をお楽しみに!

PR TIMES / 2016年09月08日10時04分

今回は平成27年3月に初登場し4回目となる桂三木男の独演会を開催、祖父である三代目桂三木助の十八番ネタ「宿屋の仇討ち」に挑戦します。 三代目桂三木助は、立川談志など後の落語家たちに影響を与えた昭和の名人の一人です。公演タイトルの「助けに向かう会」は、桂三木助の孫であるという自負のもとに、三木助襲名も視野に、偉大な祖父に近づこう(三木助=「助」に向かう)と精 [全文を読む]

「桂三木助の自殺は小朝のいじめによるもの」タレント・泰葉の“暴言ブログ”真意は「小朝への愛ゆえ」?

日刊サイゾー / 2017年05月02日23時30分

落語家・林家正蔵と林家三平の姉であるタレントの泰葉が、元夫の落語家・春風亭小朝についてブログで、落語家・桂三木助の死について「自殺は小朝のいじめによるもの」と明かしたことが物議を醸している。「故四代目桂三木助の自殺は小朝のいじめによるものでした これは落語界の中では周知の事実です」(4月24日のブログより) 三木助は2001年に43歳で自宅で首を吊って自殺 [全文を読む]

春風亭小朝は金髪SM豚野郎? 元妻・泰葉が「過去の虐待」を訴えネット騒然

しらべぇ / 2017年04月25日22時00分

■三木助の自殺は小朝のいじめ?過激な訴えに驚がく24日に更新した公式ブログでは、2007年に離婚した小朝から激しい暴行を受けていたことを告発し、「故四代目桂三木助の自殺は小朝のいじめによるものでした これは落語界の中では周知の事実です」と衝撃的な内容を綴った泰葉。泰葉自身も、結婚していた時代には階段から突き落とされ肋骨にビビが入ったり、故四代目桂三木助と電 [全文を読む]

“タレント活動休止”の泰葉に、和田アキ子が戦々恐々!? 「アッコの息の根を止める」と業界から期待も

日刊サイゾー / 2017年06月08日11時00分

さらに、小朝のいじめの 被害者として、2001年に自殺した故・桂三木助さんの名前を出したことに「お亡くなりになった方に失礼。家族もいるし、ちょっと違うと思う。小朝さんは元夫婦ということで百歩譲ってしょうがないと思うけど、(三木助さんについては)言っちゃいけない」と、泰葉を批判した。 その小朝は、今年1月から放送されたBSプレミアム時代劇『雲霧仁左衛門3』で [全文を読む]

「和田アキ子を告訴します」宣言で入会を誘導!? 泰葉がホリエモンより高額のメルマガ始動!

日刊サイゾー / 2017年05月29日20時30分

さらに、泰葉が「春風亭小朝に被害を受けたのは 私だけではありませんでした」と、故・四代目桂三木助さんの名前を出した点について、「お亡くなりになられた方に失礼。家族の方がいるし、ちょっと違うと思う。小朝さんは元夫婦ってことで百歩譲ってしょうがないかなと思うけど、(三木助さんについては)言っちゃいけない」と苦言を呈した。 これに、泰葉は「明らかなる 営業妨害 [全文を読む]

泰葉が和田アキ子を名誉毀損で告訴宣言!その理由とは?

アサジョ / 2017年05月29日10時50分

また泰葉がブログで、故・四代目桂三木助が殺害されたともとれる記述をしたことに『お亡くなりになられた方に失礼だと思う。家族の方がいるし、ちょっと違うと思う』と正論を述べています」 この和田の発言を知った泰葉は怒り心頭。和田の言葉で「どれだけの人間が虐待を受けているか」とし、和田がご意見番を張る「アッコにおまかせ!」(TBS系)も、義兄である峰竜太の努力のも [全文を読む]

泰葉の「告発ブログ」連投をブログ運営会社が警戒するワケ

アサ芸プラス / 2017年05月03日13時00分

その後も「故四代目桂三木助の自死は小朝のいじめによるものでした」と衝撃的な記事を投稿するなど、連日、ブログを舞台とした告発が続いている。 これらの投稿に対し、爆笑問題の太田光が「深入りするとオレも泰葉に告発されたりなんかして。いまイジるのが一番危ない」とラジオでコメントするなど、芸能界を戦々恐々とさせているが、異なる業界でも彼女の「告発ブログ」に警戒感を [全文を読む]

季節の変わり目に飛び出した「告発」

NewsCafe / 2017年04月26日11時45分

どんなことをつづっているの? 「2001年に自殺した人気落語家の桂三木助さん(享年43)を、小朝がいじめ、精神的に追い込んだというのです」 彼女のブログには「大名跡を襲名させ 大ネタを無理強いし 散々叩かれ 薄笑いしていた(小朝の)姿を忘れられません 命まで奪った小朝は心から三木助に謝罪してほしい」とある…。 「彼女は、落語界では有名な話、と三木助の死因 [全文を読む]

【保険市場コラム】「一聴一積 」に林家 木久扇さんによるコラム『笑いの世界で生き続けること。』の掲載を開始しました

PR TIMES / 2016年09月07日17時29分

1960年に崑氏の紹介で、三代目 桂三木助門下へ入門し、「桂木久男」の名で見習いとなる。1961年三木助氏没後、八代目 林家正蔵門下へと移り、前座となり、芸名を「林家木久蔵」に改名。1965年二ツ目に昇進し、1969年に日本テレビ「笑点」のレギュラーメンバーとなる。1973年真打ちに昇進。2007年には、「林家木久扇」と二代目「木久蔵」の親子ダブル襲名を果 [全文を読む]

自ら命を絶った有名人100人の心層「有名人が死を選ぶのはなぜか?」

アサ芸プラス / 2015年07月26日17時57分

桂三木助は自宅のベランダで首をつっていた。遊び人のイメージもあった三木助だが、大胆さと繊細さを併せ持っていたという。「亡くなる前から『言動が変だな』と噂になっていて、自ら命を絶った結果にも『やっぱりね』との声が上がっていた。当時は、うつ病のような精神疾患に対してオープンではなかったから、病院にかかることもありませんでしたが、今思えば、うつ病のような症状だっ [全文を読む]

フォーカス